ブログ

2020-03-25
こんな時だからこそ見えてくるもの。。。
外出禁止令の真っ只中、自宅からこのブログを更新する日が来るとは。。。。
在米20年強で、9.11、リーマンショックなどこれまで幾つかの危機的状況を経験してきましたが、
今回のものは別次元ではないかと思う菱沼です。

とは言うものの、私個人で出来ることと言えば、大人しく自宅に待機し、
他の方に迷惑を掛けない程度のことしかなく、ひたすら事態が落ち着くのを待つのみです。
ただ、こんな時だからこそ、普段では見えてこない、或いは気にも留めないことに気が付いたり、
悪いことばかりでもないと思う瞬間があります。

例えば、日本では、大相撲の春場所が開催されたのですが、無観客に。
普段は大勢のお客さんを入れての興行ですから、呼び込みの声、
力士が四股を踏む音などはテレビで見ているとほとんど聞こえてきません。
が、無観客ですと、はっきりと聞こえる。力士同士がぶつかる音、息遣いなど、
普段では聞けない音が沢山聞こえてきます。静かに観る大相撲は、
個人的には好きでした。

また、プロ野球も開幕が延期。
こちらもオープン戦などは無観客で行っておりました。
日本のプロ野球は私設応援団がトランペットや太鼓を使って
大応援が繰り広げられますので、ピッチャーが投げる球の音、
それを受けるキャッチャーミットの音。ボールを打つバットの音などは
ほとんど聞こえてきません。ただ、それが無観客ともなると、
こちらもはっきりと聞こえてくる。新鮮でした。
じっくりと観たい試合展開にはもってこい。
あと、ベンチからの野次も鮮明に聞こえたりするので、たまに吹き出します。。

アメリカでは、レストランが厳しい環境の中、
ボランティアで地域の困った方々に食事を提供していたり、
各自治体のリーダーが丁寧に市民に向けて説明を行っていたり、
と良い面もたくさん見ることが出来ます。近所の道も渋滞が無く、
夜は静寂に包まれます。良く寝れてとても感謝します。

あまりに見たくないことの方が目につくこの頃ですが、
今回はそちらには触れずに、締めたいと思います。この状況が収まったら、
季節はもう初夏になっているかもしれません。ルーフトップで美味しいビール
を味わうことを夢見ながら、猫の迷惑行為に負けず、在宅勤務を続けることに
します。皆さん、くれぐれも安全にと健康を第一にお過ごしください。
それでは、初夏のルーフトップバーでお会いしましょう!