ブログ

2019-05-29
気が済んだらそれでいいのだ


NYの竹田です。


5月に元号が令和になってリスタートした感覚でいましたが

気づけば2019年ももう半分終了ですね。



個人的には振り返るとありがたいことになかなか充実していた前半でした。


念願のセドナ一人旅に行けたのが今のところのハイライトです。


次はサンフランシスコかポートランドに行ってみたいな―と思っています。




ところで、何かしたいことがあるときに迷うことありますよね。


資金や時間の問題だったりもしますが、


失敗する恐怖だったり、世間体とか人目を気にしてなかなかできないこともあると思います。


原因が物理的問題じゃないとしたら、やるかやらないかは自分次第です。




私は結構人目を気にしてしまう性格なので、


これやったら変に思われるかなとか、


へただから恥ずかしいとか、


失敗するかもとか考えてしまいなかなかできないこともありました。


そしてそんなことを気にして足踏みしてる自分が嫌だなーと常々思っていました。





ですが新しい時代になり、それを克服すべく、やってみたことが二つあります。





一つ目は地鶏、、じゃなくて自撮りです。


私はメイクが好きで暇があれば研究しているので、


SNSに自分のメイクを載せてみたらどうだろうとある日思いました。


でも私自身自撮り投稿する人が苦手(´ー`)だったので、かなり抵抗があります。


しかも不特定多数の人に見られるからどう思われるか。。


写真を撮ったものの載せようか載せないかで数日迷いました。




そんな時友人に、


「よくわからない人にあれこれ言われるかもなんて理由で自分の表現したいことをやめたら自分がかわいそうだよ。」


と言われ、バンジーを決意。


エイヤー!とバンジージャンプばりに自撮りをUPしてみたところ………


気が済みました(笑)。


メイクに対して良い反応があればもちろん嬉しい。


でもそれ以前に載せたかった気持ちが満たされてスッキリ。


そして二回目のバンジーは一回目ほどは怖くなかったのでした。





そして二つ目は、ギターを始めました。


最近まで自分がギターをやってみたかったことすら気づいていなかったのですが、


思い返せばギターボーカルに憧れて昔から部屋でエアライブやってました。



でも始めるのは遅いし、


メジャーデビューを目指すわけでもなし、


お金もかかるし、下手だから近所迷惑だし、


時間はもっと有効に使って


運動したり勉強したり掃除した方がいいし、



などと言っている頭の中の声をスルーして


こちらもバンジーを決意。


ギターを買って週一のレッスンを予約しました。



現状は底辺の下手さなので、やれば上がるしかないですね。


おぼつかないコード進行でも歌いながら弾いているとすごく癒されて、


それだけでも始めてよかったと思っています。




上達したら嬉しいけど、


やっぱり自分の気が済むことが一番大事だと思ってます(笑)。



経験上やった後悔よりやらなかった後悔の方が強く残ります。。


どこかで読んだ晩年に言われる後悔のトップは、


もっとやりたいことをすればよかった、


もっと本音に正直になればよかった、


などの「すればよかった」で、「しなければよかった」ではないそうです。





思い返せば今まで色んなことに手を出してきました。


でも一切後悔していません。


スケボーとか、Improv(即興コメディ)とか、ダンスとか、


やめたものも多々ありますが、それはやってみて気が済んだから次に行くことができたと思っています。


「人には」移り気だとか飽きっぽく見えるかもしれませんが。。


とにかく色んなことを経験したいという情熱(かっこよく言いすぎ)があります。


晩年に「あれやっとけばよかった」と後悔しないように、


面白そうなことを見つけてはそっちに走っていく私です。




あなたはやってみたいと思っていること、ありますか?