ブログ

2008-05-27
宮田さん
私は札幌なんていう片田舎の都会からニューヨークにやってきてもう10年半です。四捨五入をするともう11年。もう11年か、と思って今までのことを振り返ると、なんだかあっという間だった、という気はしないのです。日本からやってきたのがたった11年前なんだ、って思うのです。なんだかこの11年間、もっと長い年月だったような感じがしてなりません。それはきっと、この11年間の私のニューヨークの生活に、びっしりと色々な気持ちが詰まっているからなんじゃないかと思います。11年間という時間の重さをずっしりと感じます。不思議なもので、1日1日が経つのはあっと言う間、この間新年を迎えたばっかりだと思ったら、もう夏なんだぁ、とは思うものの、です。

この日曜日、ニューヨークで出会って大の親友になったゆきこちゃんが日本に帰国をしてしまいました。うまが合う人、というのはいるものですが、ここまでうまが合う友人に出会えたことをとても幸せには思わないではいられないほど、うまが合う大親でした。友人ですから東京とニューヨークと離れてもきっと友情は大丈夫だと思います。でも、やっぱり同じ土地に親友が住んでいない、というのはしみじみ淋しいものです。

先週、ある企業からのオファーを受けようかどうしようか迷っていらっしゃった候補者の方に、オファーを受けられるにしても辞退されるにしても最善の選択をしてもらいたいと思い、何かよい言葉をかけてあげられないものかと考えてみたのですが、どういうわけか、ふと11年前に札幌を出てきた時のことを思い出しました。私が随分昔に札幌で働いていた時の上司で、仕事も教えてもらいましたし、人間としてのあり方も教えてもらった人がいます。こんなことを言ってはなんですが、背もそう高くなく、ちょっと小太りで、見た目は決してカッコイー人ではありませんでしたが、中身のかっこよさといったらない人です。あまり言葉の多い人ではありませんが、必要なときに必要なことを的確にアドバイスをしてくれて、心が萎えて元気がないと暖かい言葉をかけてくれる上司でした。私はその会社を辞めてからも何かに迷った時は必ず相談にのってもらっていた人です。宮田さん、といいます。ですが、ニューヨークに来ることは宮田さんには相談しませんでした。反対されるとは思っていませんでしたが、ニューヨークに来ることは実は親にも友人にも相談せずに一人で決めたことでした。だから、みんなに事後報告をすることになったのですが、宮田さんに報告に行った時に宮田さんが言ってくれた言葉を思い出したのです。自分の居場所が見つからずにもがいていた私を知っていてくれた宮田さんの言葉でした。

「何かに行き詰った時は環境を変えるのもひとつの打開策だからな。いいんじゃないか。頑張れよ。」

この言葉を思い出して、なんとなく、今、私がしている仕事の原点がここにあるような気がしました。仕事を変えようと思う時、それは何かに行き詰った時ですよね。環境を変えることで再出発をしようと思うものなのではないでしょうか。私は札幌という環境から、知り合いの一人もいないニューヨークという環境に自分を置くことで、11年前に新しい生活が始まりました。この11年間に経験をしてきたこと、出会ってきた人たち、仕事もプライベートも、全部、ひとつひとつのことが日本での経験とは重さが違います。外国で外国人として生活をするってそいういうことなんだと思いますが、私はそうやって環境を変えたことによって得られたこの11年間の重みをとても大切に思っています。そして環境を変えたことをとてもよかったと思っています。環境を変えたことで味あわなければならなかった苦しいことも辛いこともたくさんありましたが、そのおかげで手にすることができたものもそれと同じだけの重さを持っています。私が今している仕事を通して、誰かの環境を変えるためのお手伝いができるのだとすると、私の仕事もずっしりと重みを帯びてくるものです。

ゆきこちゃんもニューヨークの生活から日本へと環境を変えるために日本に帰っていきました。彼女の人生です。環境を変えることで彼女も新しいことに出会って新しい生活を始めるのですから、淋しくても私は心からそういう彼女の決断を応援したいと思います。私も、ゆきこちゃんがいないニューヨークという新しい環境になりました。ゆきこちゃんが日本に帰国することは随分前から知っていましたから、私もこの日に備えて自分の生活をちょっとずつ変えてきたと思います。なので新しい環境のニューヨークで私は1年前とはちょっと違った生活を始めています。

11年前にニューヨークに来た当初は、本当に辛い毎日でした。なかなか友人もできない、体調を崩しても心配してくれる人もいない、自分で決めてニューヨークに来たのですから、日本の親や友人に弱音も吐けませんでした。そんな中で私は仕事を頑張ることだけにすがっていたことがありました。そんな風にがんばり続けていたある日、会社に日本の宮田さんから大きな茶封筒に入ったものが届きました。相田みつを、という書家の言葉でつづったカレンダーでした。宮田さんの字で頑張れよ、っていうメッセージが書いてありました。私は、その時に緊張の糸がぷつっと切れて、オフィスだったにもかかわらず涙がとまらなかったことをとてもよく覚えています。その時から私のニューヨーク生活は始まったように思うのです。

だから、この仕事を通して、私は私と縁がある方々にとって、宮田さんでありたいと思っています。ゆきこちゃんにとっても宮田さんでありたいと思っています。これまでこの仕事をしてきた中で出会ってきたみなさんが、少しでも私から、それを感じてくださっているいことを願わずにはいられません。

宮田さん、元気かなぁ。Eメールでも送ってみようっと。

(大矢)
2008-05-19
綺麗好きな日本人
最近、日本人は本当に綺麗好きだなーと感じることがよくあります。2週間程前に日本に一時帰国したのですが、毎回日本に帰る度に思うこと、それは“日本って本当に綺麗!“
NYは他の州に比べても比較的、町全体が不清潔だとは日頃思っていたのですが、ここにいると当たり前のように思っていることが、日本に帰ると改めて気づく事もたくさんあります。

以下が、そのちょっとした例です。

● 電車
日本:ホームには全くゴミが落ちていない。もちろん電車の中も綺麗。
NY:線路にはゴミ箱かの様にゴミが大量に捨てられ、ネズミも出る。車内でも床にゴミが落ちていて、窓には落書がたくさんある。

● 家
日本:毎日洗濯、掃除をする。
NY:週に一度、掃除、洗濯をすれば良いほう。

● レストラン
日本:もし食べ物に髪の毛が入っていたら、大問題。店員がすぐに誤りにきて、新しいものに取り替えるのは当たり前、その上デザートなどのサービスまでもらえる。
NY:NYでは食べ物に髪の毛が入っていることは日常茶飯事。文句を言っても、取り替えてくれない店さえある。

● ショッピング
日本:日本ではセールをしている服のお店でも、広げられた服は直ぐに畳まれ、元の位置へ。
NY:NYの少し格安の服のお店では観光客が多いこともあり、店の管理が行きと届いていない。床には何枚もの服が落ちていて、服には誰かが踏んだ跡さえ残っている。

国民性や、生活習慣によって人の価値観は全く違いますが、家の中で靴を脱ぐ、夜お風呂に入る習慣からいって根本的に日本人は綺麗好きな民族だなと改めて感じました。
アメリカの生活習慣に慣れ、この環境が当たり前の様に感じていることが、実は恐ろしいことだなーと再認識させられました。



井上
2008-05-12
PC肩こり
こんな言葉があるのご存知でした?

昨年私が自分の症状を日本人医師に話した時に言われたのがこの言葉でした。

要するにコンピュータの使いすぎが原因の肩こりらしいのですが、私の場合右肩だけなのですが、しばらく何ともなかったのですが1ヶ月前ほど前から再発してしまい、思い余って2週間ほど前に鍼治療を受けることに決めました。まあ、今考えると「外部から刺激を与える治療は『効果覿面』な感じがする」という非常に短絡的な発想がそもそもの間違いではあったわけですが。。。

とは言うものの鍼治療をどこで受けられるのか?そもそもシンシナティ界隈にそんな場所があるかさえわからないわけですから、まずは「Acupuncture」と入れてググってみました。

ところが今すぐどうしても必要という時に限り、ボイスメールにつながったり、初診の予約が1ヶ月先(!)だったりと、なかなか見つからず、ようやく5件目にオフィスから20マイルほど離れた場所の鍼師(って言うんでしょうか?)さんとその日の夕方にアポイントメントが取れました。

で、生まれて初めて鍼治療なるものを体験したわけですが、これ思っていたよりも痛くないんですね。鍼を打ってからしばらく放置するので、結局終わるまで1時間少々ほどかかったでしょうか。

鍼を抜いた直後は確かに多少肩が軽くなったような気もしていました。ただ、完全に痛みが引いたという感じではなく、鍼を打った周辺が筋肉注射を打った後のようなダルさというか重さが残っている感じでした。

ところが、数日経過して気づいたのは、実は肩こりではなく鍼を打った場所の痛みが引かずに、2週間近くたった今でも右肩から肘の辺りまでに重い痛みが残っているんです。鍼に詳しい人に聞いたところ、恐らく鍼を深く打たれすぎたのではないかと。
で、確かに良く見てみると右手の親指と人差し指の間に内出血の跡が。どうやら鍼師自体が良くなかったようです。。。

ま、何でもそうですが、新しい物にトライするときは、事前のリサーチや準備と言うのは重要ですね。

ナガタク@Cincinnati
2008-05-05
世界を揺るがす米国経済
ここ最近5ドル札のおつりを多くもらうようになっていませんか?

在米が40年になるある経営者の方が、過去の不景気の時を見ても5ドル札が多く流通し、その兆候が見えると経済は要注意と言われていました。確かに気づくと財布の中に5ドル札が多くなりがちです。

ガソリンや食料品の高騰も手伝って不況感が漂っているアメリカ。米国政府は正式に発表はしていませんが、誰もが認める閉塞感で、ハーバード大学の経済学者は第2次世界大戦以来のリセッションに入ったと宣言しています。

そして今回のリセッションで特にダメージが大きいのは低所得者層。ここロサンゼルスの郊外にある、住民の8割以上がヒスパニックを占めるフェルナンド地区では3件に1件の割合で“売出し中”の看板が掲げられていると言われています。そして銀行に促されて住宅を売りに出している家主の9割がヒスパニック。

家族思いのメキシコ人は住宅購入の意欲が強く、特に米国に家を持つことはアメリカンドリームで無理なローンを組んだり、また英語が堪能で無い人の多くが、リスクを理解しないまま融資を受けたケースが多かったようです。

一方今月号のVanity Fairにドナルド トランプがスコットランドの海岸沿いに一大高級ゴルフリゾートを建設しようとしているが、野鳥の生息する地域でもあり、地元住民の反対にあってなかなか建設が進まず、ついには政府の最高機関をまきこんだ騒ぎになっていると掲載されていました。

上記のケースと比べると、全く次元の違う話です。

そして十分リッチに見えるドナルド・トランプ氏ですが、フォーブス紙が今年3月に発表した世界のビリオネラーランキングでは1125人中368位。アメリカ人の中では446人中124位で、資産はネットで3ビリオンと発表されています。5%の人口が米国の95%の富を握っているとはよく言われる事ですが、アメリカにはトランプよりもはるかにお金を持っている人口が多くいます。
(ちなみに1位は米国人投資家のウォーレン・バフェット氏で資産額はなんと62ビリオン。ちなみに日本円で約6兆4360億円です。。)

しかもブッシュ政権はそういった裕福層を優遇する政策を取ってきた結果、現在の状況を生んでいる一因になっているわけです。

早く新しい風を入れたい、ということで気になる大統領予備選挙。現時点では共和党代表は既にマッケーンに決まり、余裕の観戦中。いつかの祝日にもバーベキューパーティーを開き、関係者やメディアの人々をねぎらっていると何かの記事に掲載されていました。

一方泥沼の様相を呈している民主党。既にSuper Tuesdayを経過してもなかなか結果がでてこないのですが、明日の火曜日が大きな意味をもった決戦のようです。インディアナ州とノースキャロライナ州で投票ですが、ここでヒラリーが敗北すると、彼女は今回の出場を断念するのではないかと言われているほどです。民主党大統領選挙もいよいよ大詰めですね。

追伸)
そして今日はこどもの日。
LAオフィスでは鯉のぼりの話をしながら、柏餅を食べました。

LAオフィス 松浦恵子