ブログ

2008-07-28
Birthday Party
先週の日曜日は私の誕生日だったんですが、私も今年で26歳になりました。私が25歳の誕生日を迎えた時、やはり24歳と25歳という響きがかなり違って聞こえ、25歳というのはやはり社会人、大人というイメージが強く、私もしっかりしなきゃなーっと思いつつ、すでに26回目の誕生日を迎えてしまいました。
アメリカに来て早7年目になり、私が覚えている限りではアメリカに来てから誕生パーティーというものを開いた覚えがなく、誕生日にはバーへ友達と飲みに行く、レストランへディナーを食べに行くっといった思い出しかなかったんですが、先週末友達が誕生パーティーを開いてくれました。
先週の土曜日、友達の一人が日本へ帰国することになり、お別れ会を開きました。友達と一緒にその友人に気づかれないようプレゼントを用意したりと色々と試行錯誤。プレゼンとを渡した時は、こちらの思惑通り、その友人は思いもしないプレゼントに感激。内緒で用意したかいがあったなーと、私としても大満足。みんなで、レストランでディナーを食べ終わると、次はカラオケ屋へ移動。歌ったり、踊ったりと大盛り上がり。ちょうど12時を過ぎた時、一人の友人が突然ケーキを持って登場。予想もしていなかったことに、私もビックリだったんですが、実はみんなが内緒で色々と私の誕生日のお祝いの準備をしてくれていたようなのです。ずっと驚かす側だと思って私は、この突然のサプライズパーティーに大感激。
とてもありがちなケーキにプレゼントといったものだったんですが、長年こういったこてこての誕生パーティーというものから離れていた私は、友達っていいなーっと感動してしまいました。
みなさんも、是非友達の誕生日などが近い方は、こういったこてこての誕生日パーティーを開いてあげてはいかがでしょうか?意外に感動するものですよ。

井上
2008-07-21
新たな法律
みなさんこんにちは。

日も長い夏真っ盛りですがいかがお過ごしでしょうか?仕事が終わっても明るい今日この頃。日中は暑いけど朝晩は心地よい気温になるロサンゼルス。真っ直ぐ家には帰らず友達とご飯を食べに行ったり、なんとなく浮き足立ってしまいますよね。車に乗り込んだ瞬間「今終わったよ~」と電話したいところですが、カリフォルニア州もついに運転中の携帯電話の使用が制限される事になりました。

2008年7月1日より運転中の通話にはハンズフリーデバイスの使用が義務付けられたのです。18歳未満の人はハンズフリーデバイスの有無に関わらず運転中の通話自体が禁止です(統計上18歳以上に比べて注意力散漫になりがちだというような理由)。6月中旬程からはフリーウェイの電光掲示板に「Use Hands-Free Devices. It's a Law」なんていう表示をよく目にしたものです。ちなみに初犯は$20、2回目以降は$50だそうです。

確かに運転中の通話はかなり危険。あっ、危ない!ダウンタウン、ハリウッド、サンタモニカなど歩行者が多い地域では、車と歩行者がぶつかりそうになりあわや大惨事に・・・なんて光景もしばしば。よくよく車中のドライバーを見ると片方の手にはやはり携帯電話が。人それぞれ集中力や性格の違いで多少の差はあるかと思いますが、やっぱり危険ですよね。そもそも車の運転は同時にいくつもの事に注意を払う必要がありますから。

蛇行運転が減ると思うとちょっと安心。と思いきや。なんとこの法律テキストメッセージは制限していないのです。


・・・・・

え?意味無くない?と思った方もたくさんいらっしゃる事でしょう。本当ですよね。むしろテキストメッセージの方が危ない。通話なら前を見て運転できますが、テキストメッセージは下を向いてしまい超危険。運転中のテキストメッセージはとても危険なのでやめましょう的なことは書いてありましたが、違反にならないのであれば続ける人もいるでしょう。事故を起こしたり巻き込まれたりしないように皆さんも気をつけてくださいね。

LA オフィス 松本
2008-07-14
ちょっとした喜び
先日、とある場所で超久しぶりにIDの提示を求められました。実は規制対象年齢の倍はいっちゃってるんですけどね。

自分の免許証の生年月日を見た時の従業員のリアクションが非常に面白かったです。

以前このネタで同年代の友人と結構盛り上がったことがありまして、若い頃はみんな「子ども扱いしやがってぇ」みたいなムッとした気持ちになったというのですが、歳を重ねるごとに「えっ、なに、自分ってそんな若く見えてるわけ?」(決してそうとは限りませんが)という具合に喜びに変化していくと。。。

当時のID提出要求最高齢記録は確か30代半ば位だったと思いますので、今回私が大幅に記録更新ということでしょうか???

アメリカでは日本人ってホント若く見られるんですよね。ま、けっこう嬉しかったですけど。

ナガタク@Cincinnati
2008-07-07
Staycationを満喫
みなさま独立記念日の週末はいかがでしたか?
ガソリン代の高騰、その影響での航空運賃の値上がり、
しかもドルが弱いご時世。
アメリカではサマーバケーションの時期にもかかわらず、
家の近くで休暇を過ごす人が多いと報じられています。

そしてそんな状態を表す新しい造語が“Staycation (ステイケーション)”
私もご多分に漏れずStaycationで、ホームパーティーに行ったり、
近場でゴルフをしたり、友人が遊びに来ると、家でなつかしのビデオを
引っ張り出して鑑賞していました。

その映画のうちのひとつが、“You’ve got mail”
1998年に制作されたトム・ハンクスとメグ・ライアンが主演で、
マンハッタンが舞台となっている非常にかわいい映画です。
言葉遣いもきれいなだけでなく、ウィットに富んでいておもしろいので、
英語の勉強を兼ね、何度も観ていたのを覚えています。

そしてこの映画を見ているうちに、音楽や映像とは不思議なもので、
その当時の記憶が鮮やかに蘇ってきました。。。

10年前といえば、東京にある外資系企業でOLをしていた頃。
がむしゃらに新しいことを吸収した1年目が終わり、
徐々に周りの様子が見えるようになってきた時でした。

直接の上司が日本人の男性、もう一人の上司がイギリス本社から
派遣されてきたアメリカ人女性。
アプローチや考え方の違いが歴然で、およそ両極端といっていい二人を見て、
率直に面白いと思い、一度海外でビジネスを学んでみたいと漠然と
思い始めた頃でした。

一度思いはじめると、意外とそれに向かって歯車が回りだすもので、
その1年後には週末には学校に通い、平日は早朝スターバックスで
勉強してから、会社に通っていた日々。
留学の準備を始めてからはあっというまで、1年後には渡米していました。

目標に向かって努力を始めると、いつもの行動範囲が変わってくることで、
新しい経験ができ、また新しい仲間ができます。

そういった、ひとつひとつのかけがえの無い出会いの積み重ねで、
人は成長していけるものだと思います。

今の仕事は、普通に生活をしては絶対に会うことができない
新卒の方から経営者まで、様々な人種の幅広い人々に会えるのが
醍醐味だなあと実感したのでした。

そして10年前を思い出し、もう一度勉強をするのも悪くない、と
考え始めた週末でもありました。

ところで、皆さんはウィンブルドンの男子シングル決勝戦は
ご覧になりましたか?
ウィンブルドン史上最長の4時間48分にも及んだ
ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルの試合で、
結果はナダルの勝利でしたが、時間が長いだけで無く、内容もすごかった。
2つのタイブレークに5セット目はゲームカウント9-7の大接戦。
コメンテーターで元テニスプレーヤーのマッケンローは
“今まで見た試合で最高だった”と涙ぐむほどでした。
そしてナダルとフェデラーのメンタリティーの強さにとスタミナには圧巻です。
試合終了後のインタビューでは、お互いのことを尊重してのコメント。
このスポーツマンシップは、すばらしい!

LAオフィス 松浦恵子