ブログ

2008-11-24
合併・買収はM&M??
先日コンサルティング会社のアドバイザーとして
長年M&Aに取り組んでいらっしゃる、とある方にお話を聞く機会がありました。
そこで、今回はM&Aのお話をしたいと思います。

そもそもM&Aとは、
“Mergers and Acquisitions”の略で、日本語では合併・買収の総称。
米国では1970年代から行われていますが、
日本では馴染みが薄く、この方がM&Aに携わり始めた頃でさえ、
「チョコレートのこと(M&M)?」と聞き返されるくらい、
知名度が低かったそう。
駄菓子屋さんじゃないんだから、と突っ込みたくなりますね。笑

日本では企業文化を尊重する風潮があり、
他の企業を買収するという考え方が、全く無かったようです。

そこに転機が訪れたのが、90年代初めのバブルの崩壊。
日本の企業はメインバンク制を取っていますが、
銀行が不良債権を抱え、自分の経営が大変な中、
価値が低くなった企業の株式を売却し始めたのが、
そもそものきっかけだそうです。
銀行は恥じも外聞も無く、他の企業に構っている余裕が無くなったようです。

そして日本の景気が落ち込んだ失われた10年といわれる時代に、
安くなった株を海外、特に米国のファンドが
これはバーゲン!と大量に買いだし始めました。
2000年にリップルウッド・ホールディングスが長銀を買収したのが
象徴的な例ではないでしょうか。

それにしても、では、なぜM&Aを行うのか?

かなりの時間と労力とお金をかける割に、
成功とみなされるケースは、たったの3,4割程度だそう。
“株式の値段×株式発行数”が社会が評価している企業の価値で、
買収後にその値段が上がっていれば成功とみなされます。

そして、答えは“時間を買うため”

お金をかければ新しい技術開発も可能ですが、
スピードが命となっている現代の世の中で、
他社が時間をかけて開発した技術などを、
一瞬にして買うことができる事が、企業がM&Aを繰り返す理由のようです。
なるほどなぁという感じです。

お話くださった方は、
「時間をかけて準備しても、最後の最後で、やっぱり買収はやめます、
という話も結構あるので、なかなか大変な仕事ですよ。」
と言われていました。
ただしコンサルティング会社としては、買収規模にもよるようですが、
億単位(!)で報酬が入ってくる事もあるそうです。

現在日本の企業は、計画的なM&Aを始めてきているようです。
円高という要素や、日本国内でのマーケットの限界も理由ですが、
金融系ファンドが世界的な不景気で元気が無いため、
昔は指をくわえてみているだけだった案件に、
積極的に取り組めるのも大きな理由と言われていました。

追伸:
将来的にM&Aに携わりたい!とお考えの新卒者の皆さま。
この方のアドバイスによれば、まずは会社の財政状況を把握できることが
アドバイザーとして必須となるため、会計事務所で監査などの経験を
積まれる事を勧めていらっしゃいました。ご参考までに。

______________________________________


そして、最後にちょっと話は変わりますが、
このアドバイザーの方が、ぽろっと言われたことが印象的でした。

この方は、日本の大手自動車メーカーを経て、
米国のトップMBAを取得。日本の投資銀行、米国大手公認会計事務所、
そして現在のコンサルティング会社にて勤務されている、
どこからどう見てもすばらしい経歴の持ち主。

その方が
「未だに自分のキャリアはこれでよかったのかと悩む時がある」
と言われていました。
なりたくてなったのではなく、結果こうなったので、
何か他のキャリアがあったのではないかと。

私はこの話を聞いて、かなりびっくりしました。
傍から見ると成功を手にしている方でも、悩みが尽きないのだなと。
逆に悩みがあることは人として自然で、
そして次の”何か”のためにもがき、苦しんで努力をするので、
人は成長できるのかもしれない、と思ったのでした。

LA支店 松浦恵子
2008-11-19
冬の訪れ。
皆さん、こんにちは。NYの奥村です。
もうすぐ12月。NYでは、街の至るところにキラキラと光るイルミネーション、アクタスが入っているビルのロビーにも色鮮やかな装飾やツリーが飾られ始め、冬の訪れと共にクリスマスもすぐそこ、と少し早いかもしれませんが、何だかワクワクしてもうホリデー気分です。

さて、そんな冬の訪れを喜んでいる反面、この季節になるときまって私を悩ませるヤツもやってきます。そう、それは私がこの世で苦手な、、、極寒!

小さい頃から寒いのが本当に苦手で、冬になると性格が変わるんじゃないか、悪のオーラが出てきているのでは、といつも思うほど、本当に寒さに弱いのです。思い返せば、幼い頃、「ヒーターの前」というベストポジションに誰が座るかで頻繁に兄弟げんかをしました。そして、決まって勝つのは長女の私。寒さの中では自己中心的になる私。何だか今もそれは変わらないような。。。

そんな寒さが大の苦手の私のアパートは今大変な事になっています。そう、外は氷点下なのにヒーターがついていないのです。上司から教えて貰って分かったのですが、ニューヨークでは、13度(?)以下になったら各アパートの大家はヒーターを入れることが法律で義務付けられているそうです。そしてヒーターは通常家賃に既に含まれているので、この時期になると自動的にオーナーの人がヒーターを付けてくれるはず、なのですが。。。寒さの中数日耐えてみたものの、やはり我慢の限界です。法律で決まっていると聞いたからには、これは大家さんに連絡だとすぐに電話をしたところ、大家さんがくれたアドバイスは。「窓を全部閉めましょう。少しでも隙間があいていると冷たい空気が入ってきてそれで部屋が寒いんだよ。」へぇ~、そうかぁ、では無く、えええ!それはそうだけれども、と少し疑問に思いながらも、まずは大家さんのアドバイスを聞くことに。ルームメイトと一緒に全ての窓をきちんと閉めました。そして一晩が立ち、翌朝。またもや極寒。これはおかしいと思い、その夜再び大家さんに電話をしたら、今度は実際に部屋まで見に来てくれました。そして大家さんが取った行動は、何と再び窓の隙間確認。夜の11時過ぎに全ての窓を開けては閉めを繰り替えし、結果、大家さんもこれは窓のせいじゃないという結論に。ヒーターが壊れてないか確認をしてくれるとの事。ありがとう、と大家さんにお礼を言って見送りをしていたときに、大家さんが去り際に一言、「とりあえず今夜は特別寒いから4時間程ヒーターをつけるね」と言って去っていきました。頭の中にクエスチョンマーク(?)がたくさん。。。

その夜は40分ぐらいヒーターがついていた気がします。短い間天国でした。

やれやれ、我が家にヒーターがつくのはいつになることやら。

お母さん、毛糸の靴下とホッカイロ送ってくれててありがとう(涙)
とりあえず、もう数日間頑張ります!

寒くなってきましたので、皆さんも風邪を引かないよう、くれぐれもお気をつけ下さい。

アクタス
奥村真知子
2008-11-10
birth of the cool
すっかり初冬という雰囲気のNYですが皆様如何お過ごしでしょうか。
NYオフィスの木村です。もうクリスマスが迫ってきていますが、この時期になると必ず思い出される事があります。

私は大学時代ある助教授に心酔しました。彼によって物事の見方を徹底的に叩き込まれ、現在でも私が何かを考えたり感じたりする際のベースとなっています。

その彼の授業を初めて受けた時の事です。
授業の流れの中でクリスマスについて言及し始めました。
まとめるとこんな感じです。
キリスト教は凄い勢いで世界中に広がった。これはキリスト教自体の魅力も当然背景としてあるが、教徒達の広め方が上手だったのも大きな要因である。彼等のやり方というのは、それぞれの土地に根ざしている土着の宗教にキリスト教をすり合せていく、というものだった。例えばある宗教で祝祭があった場合、キリスト教徒は「実はウチも偶然この日祝祭なんですよ」という事で一緒に祝うのである。数年数十年数百年という年月を重ね、キリスト教が結果的に土着宗教の習慣を覆っていく。
実はクリスマスもこのようにして浸透していった祭りの1つである。現在の研究によれば、おそらく今の暦だと1月初旬辺りにキリストは生まれたのではないかと考えられている。では12月25日とは一体何か。諸説あるが、信憑性の高い説としては、ミトラ教というインド・イラン系宗教の太陽祭という太陽を祀るお祝いの日である。キリスト教徒がこの日をミトラ教徒と共に祝い、後にクリスマスとして吸収していき、そして現在に至る。オリジナルの欠片など全く残っていない。

驚きのあまり呆然としている私に対し、彼はこう締めくくります。

「12月25日は世界中がフィクションを祭る、非常に稀有な日なのです。」

物事を出来る限り多角的に考えるべきという努力を、おそらく私はこの話を聞いた時から自分でも気付かないうちに始めたのだろうなあと、クリスマスシーズンを迎える度に思い出すのです。努力が実っているかどうかさえ定かでないですが。

こんな話を聞いたからといって、ではクリスマスに対して冷めてるのか、といったらそういう訳でもないですけど。1昨年は手作りクロワッサン(大失敗)、去年は手作りピザ(大失敗)に挑戦しました。今年は何に大失敗しようか思案中です。
2008-11-03
紅葉
今年は、紅葉がとても綺麗だと思いませんか?

中西部とニューヨーク及びその近郊しか見ていませんが、特に赤の色がとても綺麗に出ていると思います。
厳密には、赤色に変わるのを「紅葉」、黄色に変わるのを「黄葉」と呼ぶのだそうです。

紅葉や黄葉が進行する条件は、一日の最低気温が50F以下の日が続くと色付き始め、さらに40F以下になると一気に進むとされているようです。
美しい紅葉の条件には、「昼夜の気温差が大きい」「夏が暑く日照時間が長い」「夏に十分な雨が降る」「湿度が少なく乾燥している」などの条件が必要なんですね。
そういえば、10月後半に一気に気温が下がったので、このような綺麗な紅葉につながっているのでしょうか。

日本にいたときは、わざわざ紅葉を見に山のほうまで行ったり、なかなか綺麗な紅葉が見られないまま枯れて茶色になってしまったり、忙しさのあまり気づいたら冬だった、っといったこともしばしば。
ここ数年、季節の移り変わりや風景をゆったり楽しめるようになりました。
昨日は赤い葉っぱがたくさんついていた庭木も、今日はだいぶ散って寂しくなってきたなあ、なんて、お茶を入れてちょっと一息。心が落ち着きます。
おばあちゃんみたい、なんて言わないでくださいね?!

来週には、あの赤く綺麗な木々もそろそろ枯れてしまうのかなあ、と思うと寂しいですが、また冬には冬の魅力があると思いますので、澄んだ空などを楽しめたらと思います。

せっかくなので、近所の紅葉を皆様にも。

(宮原)