ブログ

2010-05-24
たまには芸術
1ヶ月ほど前の話になりますが、MOMAでやっていたTIM BURTONのExhibitionsに行ってきました。

昨年の11月から開催していたにもかかわらず、結局行ったのは、最終日の前日。

相変わらず、駆け込み癖が抜けていません。

今更、彼のことを説明する必要もないかと思いますが、ここ四半世紀でアメリカを代表する映画監督、ポップアーティスト、演出家、です。

ちょっと面白かったのは、若き頃のTIM BURTONがディズニー社あてに送ったモンスターの絵本と手書きの手紙。そして、それに対してきちんと返信してきたディズニー社からの手紙。

その手紙は、彼の才能をきちんと認めている内容だったので、これがきっかけでディズニーからの奨学金を受けてカリフォルニア何とか大学にいったのかな~?なんて思ったり。

それよりも、芸術的センスのかけらもない私が一番感動したことは、彼が幼少の時から今に至るまでに書いたデッサンやイラストの数。
その圧倒的な数に驚かされました。


「量より質」という言葉がありますが、「量は質をあげる。」も又、真なり。

素質や才能は持って生まれたものであり、あるものは感謝し、ないものは諦めるしかありませんが、反復、継続、繰り返しによって確実にレベルが上がっていくという事は、スポーツ、芸術、学問等、分野を問わず共通しているものですね。


「ローマは一日にして成らず。」

まだまだ努力が足りません。

という事で早く、Alice in Wonderlandを見に行かないと。


鈴木
2010-05-17
GMとトヨタの関係?
本日のニューヨークタイムズ紙に
“GMの売り上げが3年ぶりに売り上げが40%アップ”と出ていました。
景気が回復をしてきた傾向でもあるのかもしれません。

まだTreasury DepartmentがGMの株の60%強を
保持しているようですが、近い内に株式を公開し
資金を調達予定のようで、借金を返せるのも時間の問題のようです。

確かにGMは最近はアグレッシブな広告も目立ち、
押せ押せの雰囲気があります。

でも、これは、トヨタが“こけた”恩恵という気が、
しないでも有りません。。。

ある方と話をしていた際にトヨタ社の話題に及び、
その方は“アメリカにやられましたね。”と言われていました。

そもそもトヨタは共和党に対してロビー活動をしていましたが、
民主党に対しては手付かずだったようです。
何かとスペンディングが多い中で、政府は資金調達の必要性が
あったのではとも言われていました。

今回の問題の発端となったカリフォルニア州の事故は、
高速道路のパトロールオフィサーが自家用車のLexus車を
修理に出した際サービスで出していた車に、
ディーラーが大きめのフロアーマットを敷いてしまい、
アクセルが踏んだ状態が続いた事が事故の原因でした。

ただし、数日前に同じ車を借りた別の顧客は、
やはり同じようにアクセルがフロアマットに引っかかって
スピードが落ちなかったようですが、
ギアをニュートラルに切り替える事で問題が無かったとの
レポートが上がっているようです。

パトロールオフィサーご本人が所持していたLexusとは
違うタイプだったことも、原因の一つのようです。

その事故から始まり、トヨタ車はリコール続きで、
さらに、その対応の遅れが目立つように見えますが、
こういったりコールは車メーカーでは良くあることで、
リコールの準備段階でメディアが先に情報を出した為、
対応がごてごてに遅れている印象を与えた、という話しも聞きます。

私も一時期は街中でプリウスを見ると、この車は暴走しないよね??
と思ったくらいです。

先月のフォーチュン誌の記事には、トヨタ社のユーザーは
品質には満足はしているけれども、今回の対応にはかなり不満足という
リサーチ結果が出ていました。

真相は全く持って定かでは無いですが、色々と聞いてみると、
何となく地場産業を守りたいアメリカの策略に引っかかってしまった感が
否めないトヨタなのでした。

これもマーケティング下手と言われる日系メーカーの
側面なのでしょうか。。。

松浦
2010-05-11
メイド
皆さん、こんにちは。
アクタスの奥村です。

飲茶、ショッピング、超高層ビル、ギャンブル、世界都市、イギリスの元植民地。

このキーワードを見て思い浮かぶ場所はどこでしょう?



そう、答えは香港です。

どうして香港の話をしているかと言いますと。。。

先週日曜日は母の日でしたが皆さんはどのように過ごされましたか?
私はと言いますと、夫のご両親と初のご対面!(緊張しました。。。)
家族と一緒に母の日のお祝いをしました。

夫は香港出身。
ご両親も同じく香港出身で、現在も香港で暮らしておられ、今回ははるばる香港からニューヨークまで来てくれたのです。そんなご両親と夫とで食事をしながら色んな話をしていたところ、

夫のお母さんがふと、
「香港に戻ったら、新しいメイドを探さないと。」と一言。

「へぇ~、大変ですねぇ。」

、、、ん??メイド?

そうなんです。
最近知ったのですが、香港では住み込みのメイドを雇うのはポピュラーな事なのだそうです。そして、そのメイドの殆どがフィリピンやインドネシア出身の女性だとの事。

数年前の情報ですが、香港には約23万人の外国籍メイドがおり、そのうち約16万がフィリピン人、6万6000人がインドネシア人。香港政府によって雇用条件が決められており、2年毎に更新される契約ビザもあるほど。月給は、食事つきの住み込みで3,670香港ドル(約5万8000円)ぐらいだそうです。フィリピン最大の外貨獲得源はメイドだそうで、フィリピンにとってメイドは欠かせない労働力でもあるようです。

メイドを雇うかどうかは個々の自由ではあるようですが、香港社会はメイドのいる生活を前提に構成されていると言っても過言ではないようで、雇わないのも難しいそう。配達人は「メイドのいる時間に伺います」と言い、子どもや老人を預ける施設はほとんど無く、学校の送り迎えもメイドが付き添ったり。メイドの存在は香港社会で確立されているようです。

アメリカに比べると保育園などの社会福祉が充実していない香港にとって、安い賃金で子育て家事全般を見てくれるメイドは重宝で欠かせない存在になっているよう。共働きの家庭、香港女性の社会進出を支えているのは、メイドたちなんですね。でも、利点もあれば、問題も多いようで、香港では毎年のように議論になるテーマでもあるそうです。

夫に幼い頃の思い出を聞いてみると、よくメイドの話が出てきました。メイドがご飯を作ってくれたりなどなど。香港ではそれが当たり前の事のようですが、私の両親は共働きだったものの、子育てと家事全般は母か祖母、最近は父も家事を手伝っているようで、そんな家庭で育った私からすると、家にメイドがいるという光景を想像しただけで、何だか不思議な感じがします。同じアジアの国でも違うんだなぁ、と改めて感じました。

余談ですが、小さい頃に見たテレビ番組で、香港出身の歌手アグネス・チャンさんが、日本に来て一番驚いた事は?と聞かれて、「屋外に鳩がたくさんいること。」と答えていて、理由を聞くと、「香港では鳩は食べ物なので、市場やスーパーで売っている事が当たり前。外に鳩がいると、皆捕まえて食べてしまうはずです。」との事。幼い私は、香港は何て怖いところなんだと思い、それが私が最初に抱いた香港の印象でした。未だに鳩料理は食べた事がありません。。。

アクタス
奥村真知子
2010-05-03
ルーフトップバーの季節到来!
はじめまして、山谷です!
突然ですが、ようやく春ですね!(週末の暑さは夏でしたね・・・)
まだまだ気温の差が激しい今年のニューヨーク。
気温が高い日の貴重さ・重要さを、ますます実感です。

皆さんは、そういった春!な季節はどうされているんでしょうか?
バーベキュー?ちょっと遠出して海でのんびり?それともジムへ直行???
(私が通うジムでは、ちょっとでも気温が暖かいと人が倍増します。やばい!夏が来る!
と思ってみんな急に運動するんですよねー ・・・余談でした)

春の季節、わたしが楽しみなのは、ニューヨーカーたちと一緒に、外で楽しむルーフトップバー!
周りのニューヨーカー達の酔っ払いぶりは、日本人のものとも一味違い、
見ていて、とっても楽しいですよ!

こっちはこっちで、もちろん盛り上がって、お店に最後までいる・・・という迷惑な
行為もたまにしてますが・・・
ビールをくーっと飲んじゃって、気分が良いからもう一杯飲んじゃって、
お次は美味しいチーズにワイン! ・・・なんて最高じゃないですか!?
ルーフトップバーならではの、景色と心地よい風を感じて、ますます心地よい一時。

ちなみに申し上げますと、わたしは飲めないので・・・・
一杯頂き、あとは先輩たちのテンションの高くなる様を見ながら
一緒に大爆笑するのが好きなんです。
そして一人でモクモクと食べる!

さてさて、そんなわたしのお勧めスポットは・・・・このTOP3です!
(ブログに載せてますが、本当はあまり大きな声でお勧めしたくないんです!
日本人に遭遇した事が一度もないので、なんでも話せちゃいますよ(笑) )

① Empire Hotel
http://www.empirehotelnyc.com/home.php

② Dream New York
http://www.dreamny.com/

③ Hudson New York
http://www.hudsonhotel.com/#/home/

*日にちによってはプライベートパーティー等も開催されており、
招待者じゃないと入れない・・・なんて事もありますので、
事前にチェックされる事をお勧めします!

山谷