ブログ

2011-07-29
オバマ大統領に1票計画!?!
暑中お見舞い申しあげます。
皆様におかれましてはお元気でお過ごしでしょうか。
全米中がヒートウェーブに覆われており、ニューヨークももちろん毎日暑い暑い日が続いております。ニューヨークは湿度も高い土地なので、あまりに暑くなると私は水を取り替えてくれない飼い主に飼われている酸欠で苦しんでいる金魚の気持ちがよくわかるなぁ~、と思うものです。
口をぱくぱくさせながらも食欲も減退せずしっかりと毎日を過ごしているので、私も元気な人間です。夏バテをされませんよう、どうぞご自愛くださいませ。

今週は1週間夏休みをもらいました。
有給の消化で、特にどこに行く計画もなく、1日数時間ずつオフィスに来てパートタイマーのように仕事をしつつ、あれこれ、用事をこなしているうちに、ゆっくりする暇もなく1週間がすぎてしまいましたが、家もきれいになり、気になっていた用事もほとんど片付き、気持ちはすっきりです。毎年、こうやってかけこみ有給消化をしようかな、なんて思っています。

さて、アメリカの議会はDebt Ceilingの件で両党の意見がまとまらず、8月2日の締め切りを目前にまさにデッドヒートな状況ですね。オバマ大統領も異例の記者会見をし、このままでは大変なことになると国民に訴え、自分の選挙区の議員に意見を伝えるようにと促しました。そうしたところ、各議員の事務所に電話が殺到し、大変な状況になったそうです。

私はパーマネントレジデント、つまりグリーンカードホルダーです。グリーンカードは10年に1度の更新ですから、私は残りの人生の長さ(予定)を考えるとあと1度の更新くらいだと思われますし、犯罪を犯す計画もなく、また、日本がアメリカと戦争をすることになるとも考えられないので、このままパーマネントレジデントとしてアメリカに住まわせてもらおうと今までは考えておりました。私は日本人です。どこに住んでいても日本人でありたい、という気持ちが心の中にあってのことで、日本人であるという私のアイデンティティーにこだわる気持ちがあるのです。

でも、このところ、真剣に市民権を取ろうかと検討中です。
というのは、この国でこれからも生活をしていきたいと考えており、高い税金も払っていることですし、自分の住んでいる国の行方を決める活動に参加をしたい、投票権が欲しい、と思うようになったからです。

日本で生活していた時は、私くらい投票しなくても何が変わるわけじゃない、と思い、政治にそう無関心だったわけではないですが、数えるほどしか投票をしたことがありません。あのまま日本に住んでいたら、今でも気持ちは変わっていなかったのではないかと思います。

でも、アメリカに来て、生活をし、仕事をし、9・11を経験し、オバマ大統領の誕生を経験し、金融破綻から始まった100年に一度の不況も経験し、アメリカ人と政治の身近さを知れば知るほど、政治に参加するのはアメリカ人の義務ではなく権利なのではないかと強く思うようになったのです。そういう国民の大きな気持ちを抱えて大統領になる、ということは、きっと言葉で言い表せないほどの光栄と重たい重たい責任なのではないかと思います。日本も直接選挙制度だったら、もう少し、強いリーダーシップをとれる首相が現れるものなのでしょうか。ここで生活をしていると、外国人だから、ということもあるかと思いますが、欲しいものは自分が努力して手に入れなければいけない、というのが基本的な姿勢だとつくづく感じます。不便なのがあたりまえ。自分が一体何が欲しいのか、欲しいものや欲しい生活を手に入れるためにはどんな風にがんばらなくっちゃいけないのか、ぼぉ~っとしていては全ての物事が目の前を通り過ぎていってしまうので、自分で考えて、自分で決めて、自分で行動を起こさなければ何事も始まらないのが、ここでの生活です。だから、自分の権利を主張することの大切さが身にしみて感じられるのかもしれません。

というわけで、市民権を取ろうかと考えております。といいつつ、何をしなければならないのか、どのくらい時間がかかるのか、なんていうことを全然調べていないので、ぼぉ~っと思っているだけなのですけれど。でも、間に合うのだったら、オバマ大統領に1票投票したいなぁ、と思ったりしているのですが、私にその行動が起こせるものかどうか、これは確かではありません。ぼぉ~っと考えるのみで終わっては権利の施行も何もあったものではないのですけれど。高い税金だけ支払って、なんて文句を言えた義理ではないのかも。

では、皆様、残りの夏をどうぞお楽しみください!

((大矢))

2011-07-19
だからスポーツはやめられない。
なでしこジャパン優勝おめでとうございます。

本当に感動しました。
今まで見てきた数々のスポーツの試合の中でも三本指に入る試合でした。

試合開始直後からアメリカチームの猛攻が始まり、前半戦はほとんどアメリカチームがボールをコントロールしていました。サッカー素人の私が見てもわかるぐらい、力の差が歴然としていました。
そして後半ついに1点を取られましたが、何とかチャンスをものにして1点を返して延長戦。
延長戦でもまたアメリカに1点を先行されました。

さすがに、ここまでよくがんばった。よく粘った。
「ありがと... 。」と言おうとした瞬間にまた追いつきました。

そして運命のPKとなる前に両チーム円陣を組んでいる姿を見たとき、日本の勝利を確信しました。

何度も勝利を確信しまさかPKになるとは、という雰囲気が伝わるアメリカチーム。
最後まで諦めず、ここまで来ちゃった。あとは楽しんでいこうという笑顔の日本チーム。
結果は皆さんご存知の通りです。


最後まで諦めない。


この言葉を改めて伝えてくれました。震災からの復興を目指す日本には大きなメッセージになったのではないでしょうか。

ちなみに我が家では、試合前にその晩の皿洗いをかけて、試合観戦をしました。

息子と家内がUSA。私が日本。

最後のPK戦になった時、息子が突然「やっぱり日本にする。」と言い出した時は、唖然としましたが、少しでもスポーツの素晴らしさが伝わっていればいいなあと思ってます。

試合後、アメリカのゴールキーパーがこんな事を言ってました。

“I truly believe that something bigger was pulling for this team,”
“And as much as I’ve always wanted this, if there’s a team I could give it to, it’d be Japan.”

鈴木
2011-07-05
独立記念日トリビア
天気にも恵まれた今年の独立記念日、Fourth of July。
パレードやコンサート、バーベキュー、ピクニック、ベースボールそして花火と各地で様々なイベントが催され、思い思いの楽しみ方で1日を過ごされたのではないでしょうか。

国民の休日である独立記念日ですが、いつUnited Statesは独立宣言をしたかご存知ですか。
答えられなかったあなたもご安心あれ。
ニュースでも報道されていたのでご存知の方も多いと思いますが、正しく答えられたのはアメリカ人でも58%だったとか。
何処の国から独立したか。
正しく答えられたのは、24%。
1000人以上の人々を対象に行われた、Marist Pollはこのような驚くべき結果を発表しました。特に若い人たち(18歳から29歳)の正解率の低さは顕著だったようです。

それでは答えを。
United Statesは1776年7月4日に、the Kingdom of Great Britainから独立宣言をしました。
実際には、1776年7月2日に13の植民地が英国からの独立を決定し、1776年7月4日に、Thomas Jefferson (第3代アメリカ大統領)、John Adams (第2代アメリカ大統領)、Benjamin Franklin らによって、サインがされました。
ここで、トリビアをひとつ。
John AdamsとThomas Jeffersonは、独立宣言から50年後の1826年7月4日の同じ日に亡くなったそうです。偶然とはいえ不思議な一致ですね。

New York CityではMacy’sの花火が有名ですが、2009年に打ち上げ場所がEast RiverからHudson Riverに変り、Manhattan のEast side やQueensの人たちにとっては、花火が見えにくくなり、観客を当て込んだビジネスは大きな影響を受けているとの報道も耳にしました。
今年も盛大にイベントは催されましたが、のんびりした雰囲気のある日本の花火大会とは違い、数箇所から何発も打ちあがり、花火と共に演奏される各曲は愛国的でFourth of Julyを締めくくるに相応しいものでした。

ところで、豊臣秀吉が天下を取ったのはいつだったか。(語呂合わせで年号を覚えた記憶がありますが。。。)歴史の問題を答えられなかったアメリカ人の数字に驚いてばかりいられず、あわてて歴史の本を見返す必要を感じた今年のFourth of Julyでした。

H.K.