ブログ

2013-03-27
First Class Terminal
飛行機に乗る際に、大型機ですと大体搭乗橋で分かれ道がありますよね。First/BusinessとEconomyの分かれ道です。ビジネスマン風の方々が颯爽と上級クラスの方へ進んで行くのは分かるのですが、ラフな格好でそちらの方へ進む方々を見るたびに、あの人は何者なのだろう?といつも要らん詮索をするシカゴ支店の菱沼です。

さて、今回は旅に関する話題にしてみます。巷はスプリングブレイクなので。

一般的な空港はターミナルが各航空会社ごと、或いはアライアンスごとに振り当てられていますよね。シカゴだと第1ターミナルはユナイテット、第2ターミナルはデルタ、第3ターミナルはアメリカンです。各航空会社は振り当てられたターミナルに自社のラウンジを設置し、上級会員にそのサービスを提供しています。ただし、最上級会員と、First Class搭乗客にとっては混雑している一般のターミナルは避けたいところ。そこで、Lufthansa航空はFrankfurt空港にFirst Class搭乗客専用のターミナルを新設しました。

行き先は何処でも、Lufthansaとそのコードシェア便のFirst Classに搭乗するお客様は一般の混雑したターミナルを避け、落ち着いたこのターミナルを利用できます。このターミナル、ファーストクラス搭乗客のみのターミナルですから、混みあうことはありません。ターミナルに到着すると係員がお出迎え、ソファーに座ってのチェックイン手続き後にセキュリティーチェック、国際線の場合は出国となります。利用客が少ないので、いずれも並ぶ事はありません。また、専用の免税店もあり、落ち着いてお買い物も出来ます。チェックイン後は専任のスタッフの方がアテンドしてくれ、ラウンジへ。このラウンジ、アメリカ国内の空港のラウンジを想像してはいけません!インテリアからサービスまで本当にすばらしいです。(注:筆者は行ったことはありません。全て聞いた話です。涙)詳しくはLufthansaのホームページでご確認ください。

http://www.lufthansa.com/us/en/Lufthansa-First-Class-ground-services

そこでくつろいでいると時間を忘れてしまいそうですが、その心配もありません。専任のスタッフの方が搭乗時間が迫ってくると知らせに来てくれるのです。

さて、このターミナル、普通のターミナルではないので、搭乗橋が付いておりません。どうするか?実は、高級車で搭乗機の真下まで送って頂けるのです。その送迎用車も選ぶことが出来ます。ドイツならでは、ベンツ、BMW、アウディー、ポルシェなどになります。ここまでされると、お客様も満足されるのではないでしょうか?一度は私も体験してみたいです!!マイレージを貯めるしか道は道はない?いや、正規料金で行きたいですね、胸を張って!(この考えが既に平民。。。)


2013-03-17
スポーツクライミング
高所恐怖症の克服で2年前に始めたスポーツクライミング(クライミング)ですが、今では岩や人工壁に登っていないと気持ちが落ち着かないほど、クライミング依存症になってしまっています。友人や知人には〝ただ登るだけなのに、何故ハマるの?どこが楽しいの?”とよく聞かれます。

まずはクライミングを知らない方へ、このスポーツについて簡単に説明させていただきます。

スポーツクライミングとは、ロッククライミングの一種で、自分の手足のみを使って、岩を登るスポーツです。フリークライミングは、予め岩に設定された課題(ルートもしくはコースと呼ばれる)の完登(地面から終了点まで一度も落ちずに登りきること)が主な目的です。課題は、岩の傾斜と形状、ホールド(登る際に、手で掴んだり足を置く岩の凹凸)の配置と形状により難易度が変わります。

スポーツクライミングには3つのカテゴリーで分類されています。

3種類の中で最もシンプルな登り方といわれているボルダリング(語源であるボルダーとは、大きな岩のこと)は、2〜5m程度の岩をロープなどを一切使わず、自分の体だけで登るものです。岩から降りるには、安全な降り口まで回り込むか、地面まで飛び降りることとなります。ジムなどの人工壁の場合、通常分厚いマットを敷き詰めているので、安全に楽しむことができます。ボルダリングに最低限必要な道具は、クライミングシューズ(柔らかく靴底にゴム素材が張られている特殊な靴であり、このゴムが摩擦により岩に張り付きやすくなるといった機能がある)と手の滑りを抑えるチョーク、それを入れるチョークバッグの3つで手軽にでき、また体全体を使うことからシェイプアップに役立つスポーツということもあり、世界的に人気が出てきています。

次にトップロープクライミングと呼ばれるクライミングは、登る人(クライマー)とクライマーの安全を確保するビレイヤーと呼ばれる人の2人で行うものです。安全確保用のロープを、あらかじめ課題の最上部に設置してある終了点(アンカー)に通して、地面まで両方の末端を垂らし、互いにロープの他端をハーネス(腰に装着する命綱)に接続します。 クライマーが登れば、登った分だけロープがたるみます。そのたるみを取るために、パートナーであるビレイヤーが、反対側からビレイデバイスというテコの原理を活用した特殊な器具でロープを引っ張ります。これによって、万一足を滑らせても、下まで落ちなくてすむわけです。また、途中で疲れても、ロープにぶら下がって、休むこともできるので、初心者でも安心して登ることができます。クライマーが降りる場合は、一度ビレイヤーにロープを張ってもらい、クライマーが壁から手を離し、静止した状態になってから、ビレイヤーがゆっくりとロープを送り出してクライマーを地面まで降ろす仕組みになっています。

最後はリードクライミングと呼ばれるクライミングで、クライマーが、自身に結んだロープを、課題の途中に数箇所ある確保支点(ボルト)に特殊な器具を掛け、ロープを引っ掛けながら(クリップ)登っていくものです。課題によって、確保支点の数、支点同士の間隔が違い、基本的には、アンカーにロープをクリップすることによって完登とみなされます。ビレイヤーは、クライマーが登るたびにロープを送り出し、クライマーが落ちたらロープを引き、落下を止めます。常に支点が上にあり、落下距離がほぼゼロのトップロープクライミングとは異なり、自身がロープをクリップした最後の支点よりも高い位置で落下すると、ロープのたるみ、伸び具合により、落下距離が変わります。クライマーは、単純に登るだけではなく、ロープをクリップする動作が加わること、更に、落下による心理的なプレッシャーを受けるため、より高度な技術と判断力を求められます。降りる際は、トップロープクライミングと同様で、ビレイヤーがゆっくりとロープを送り出してクライマーを地面まで降ろす仕組みになっています。

さてクライミングの一番の魅力というのは、何といっても数式やパズルを解くようなゲーム感覚っぽいということと、達成感を何回も味わえることでしょうね。登りきるためにはスタートからゴールまでどのような手順で登るかを考え、それに合わせて手足を置く場所を決めていき、課題(コース)をクリアしていく感じが、クライミングにハマっていく理由なのでしょう。またこんなに達成感が得られるスポーツも珍しいのではないでしょうか。

クライミングスキルは上達していますが、未だ高いところは苦手です。それなのに登りたくなる気持ちがやめらない自分は本当に重症なのでしょう(苦)。

有保
2013-03-12
アンハサウェイ考
武田です。

今年のアカデミー賞も終わりましたが、皆さんノミネート作品、受賞作品は見ましたか?

昔は2時間もじっとしているのが無理で、映画はめったにみない質でしたが、さむーいNYの1月2月は映画を見るのに最適❤

私は
・Argo(結末わかっているのにドキドキ)
・Django Unchained(タランティーノ好きの私は大好き!)
・Life of Pie(奥が深くて、ビジュアル的にもかなりセンセーショナル)
・Les Miserable(ミュージカルがとても嫌いですが話題性に負けて見ました)

の4作品をこれまで見ました。


そこで本日皆さんとシェアしたいのが、「女優・アンハサウェイ」についてです。


インテリなお家柄、目鼻立ちクッキリの顔立ちで清楚な容姿、College Educatedの知性派、これまで演じてきた役も、イノセントなお嬢さん、という彼女で、落ち度がないかと思うのですが、、、、



なんとなく彼女、癪に障りませんか?(笑)



私のなかでは今回彼女がLes Miserableに出演するまで特に気にしたこともなく、優等生っぽいなぁ~ふぅ~ん、程度だったのですが、今回のLes Miserable出演で、激ヤセ、髪バッサリ、過激な役作りと渾身の演技!みたいな見出しをよく目にするようになりました。
優等生・可愛いイメージ脱出のために必死なんだなぁと思っていた程度だったのですが、Vanity Fairのインタビュー記事にこんなことが書いてありました。

「体(激ヤセ)の役作りだけでなく、精神的にも役作りするために悲しい状況に追い込んだの。新婚でラブラブの旦那さんが私のことを幸せにしちゃって役作りできないからわざと別居したの。。。」
そして自分の出演シーン見て自身で泣くそうなんです。

これを読んだ時に、なんだかちょっとイラっとしたんですね。


まぁでもかなり熱演が話題になっているので、Les Miserableを見てみました。

ご存知のように、娼婦となった彼女が髪もばっさり切られ、とっても悲しい歌をソロで熱唱するのですが、このシーンを見てる時に私の頭の中には自分に酔いしれているアンハサウェイのイメージがこびりついてしまい、「あ~オスカ~像が見えるぅ~」と歌っているようにしか見えなくなってしまいました。(私、意地悪ですねぇ。)

嫌いな理由はよく説明できないんですけど、なんとなく癪に障るんですね。彼女のあの感じが。。。

その後たまたまLes Miserableを見たかとの話を友達としていると、その友達がポツリと「良い映画だったけど、アンハサウェイがいただけないんだよね~私。」と言いました。

いました!仲間がっ!

その後発見したことは、女性で「なんだかうまく説明できないけどアンハサウェイが気に食わない」という人がいっぱいいるということです。同性にしか伝わらないのでしょうか、彼女に対する反感を持っている人は圧倒的に女性が多い、もしくは女性の方が圧倒的に強い反感を持っています。(武田調べ。)


Golden Globeでまず助演女優賞を受賞した彼女ですが、受賞スピーチはびっくりした感じをしているものの、「毎日鏡の前でリハーサルしてたでしょ?」というようなスピーチじゃなかったですか?
アカデミー賞を受賞して念願のオスカーを手に入れた彼女ですが、ここでのスピーチも、「もうその作られた驚き感やめてぇ~」っていう感じじゃなかったですか?


巷でのアンハサウェイアレルギーは想像以上に蔓延しているようで、Hatha-haterという新語まで登場しました。
その後「アンハサウェイが耐えられない」「なぜ女性は皆アンハサウェイが嫌いなのか?」「理由がうまく説明できないけどアンハサウェイが嫌い」という趣旨のディスカッションをあちこちで見るようになりました。


なにがダメなんでしょう?あの学級委員っぽい感じ?すべてが演技じみてる感じ?


ということで今回のジョブログは結論はありません。

ただ私のアンハサウェイに対するこのどうすることもできない思いを皆さんと自己中的にシェアしたかっただけです。

アンハサウェイ、好き!とか擁護したい方、遠慮無くご連絡ください。

武田
2013-03-04
人口呼吸しますよ!
今朝のニュースでこんな悲しい出来事がレポートされました。

カリフォルニアの老人用住居、とでもいうのでしょうか、independent living facilityと呼ばれるタイプの老人施設で87歳の女性が倒れ意識不明になったと911に施設の看護婦より通報が入り、その通報を受けたディスパッチャーが救急車が到着するまでの間に人工呼吸を施すようにその看護婦に指示をしたところ、施設のポリシーなのでそれはできない、との回答。「自分ではできないのであれば、誰か施設の住人や通りすがりの車を止めて施設に勤務していない人を探して欲しい、そのまま病人を放っておくと命を落としかねないですよ。人工呼吸のやり方は私が教えるので」、との何度の懇願にも、できない、の一点張り。救急車で病院に運ばれたその老女は結局病院で亡くなったそうです。人口呼吸を施していれば命が救われたのかどうかはわかりませんが、少なくともその可能性はあったわけで。呼吸がとまった人をそのまま放置しておき4分を超えるとかなり命を落とす可能性が高くなるそうです。従って、救急隊員が到着するまでの間に人工呼吸を施すことは非常に大きな意味があるということ。

今回起きたことは、施設のポリシーで、施設の住人が病気や怪我で倒れた場合は専門家に通報し専門家の到着を待って対応してもらうこと、救命のためのいかなる行為も行ってはいけない、というものがあって起きたことです。できない、を通した看護婦さんは、ディスパッチャーの指示にしたがって人工呼吸を施していれば、仕事を失ったかもしれません。でも、介護という仕事を選んだプロフェッショナルが、プロとして、そして一人の人間として、意識不明で倒れている人を目の前に、ポリシーが先にたつのが本来の姿なのでしょうか。ヒューマニティーはどこに?

アメリカは訴訟大国。それこそ、水にぬれた飼い猫の毛を乾かそうと電子レンジでチンをしたら猫が死んでしまったのでどうしてくれる、という裁判で、電子レンジにの仕様書にその注意書きがなかったという理由で勝訴したなんて昔の有名なお話がありますが、とにかく、たくさん弁護士さんがいて、なんとか弁護士として食べて行こうとするからでしょうか、そしてそういう弁護士さんの口車にのってお金を欲しいと思う人がいるからでしょうか、なんだか、訴えられないようにリスクヘッジをするには人に必要以上に係わらないのが一番、というような傾向が世の中に横行しているように思えてなりません。

私のような仕事をしていると、自然と人事の担当者の方々の色々な悩みなどを耳にすることがあり、そのレベルが深刻な事態だと、弁護士さんや人事コンサルタントの方々をご紹介しています。そんなこともあり、弁護士さんやコンサルタントの方々から色々な判例や事例を教わってきていますが、企業側のリスクをヘッジするためのアドバイスをお伺いしていると、もちろん、非常に当然な手順についての指導などもあるのですが、部下のプライベートな話は聞くな、家庭の状況を理解するようなことはしてはいけない、これもだめ、あれもだめ、といったことだらけ。関係が悪くなった時に、親切なつもりの行為があだになって訴えられてしまう可能性がある、という理由はとてもよく理解はできるものの、です。

法律やルールは人間の社会を住み易くするために存在するのであって、どう利用するかは私たち次第。大切なのはそれを利用する私たちの心根じゃないでしょうか。人と人が触れ合うからこそ生まれる慈愛の気持ちやお互いに助け合おうという気持ち、助けてもらったから、今度は自分が誰かを助けてあげたい、そいういう気持ちが生まれれば、もっとたくさんのことが簡単に解決し、世の中は住み易くなるのではないかと、考えるのはナイーブでしょうか。

人と付き合うということは、素敵なことが山ほどありますが、辛いことも嫌なことも同じだけ山ほどあるものです。その嫌なことにちゃんと直面するからこそ生まれる絆もあるもので。でも、Eメールやテキストというとっても便利なコミュニケーションのツールがどんどん進化するおかげで、嫌なことに直面せず、簡単に逃げちゃうことができるようになってしまっているように思います。嫌なことを避けるために人に係わらないのが一番、という姿勢でしょうか。嫌なことを避けているうちに素敵なことも避けることになっているのかもしれないですよね。

ナイーブな考え方かもしれませんが、私は、やっぱり目の前で意識不明で倒れている人がいて、自分が何かをしてあげることができるのであれば、自分の損得を考える前に、何かをしなければならない、という気持ちに駆り立てられる人間でありたいと思います。

一緒に働く仲間がどんな人たちで、何か大変なことがあるのであれば協力できることはないかな、と思える仲間でいたいと思います。人として、信頼される上司であり、部下でありたいと願っています。

辛いことがあったら話を聞いて欲しいと思われる友人でありたいと思います。

私もそうしてもらいたいからです。

甘いかな、私の考え方。そうですね、甘いかもしれません。甘いから、人にだまされたり、つけこまれたり、たくさんしてきました。でも、私はだます方でなくてよかった、つけこむ人間じゃなくてよかった、と思うのです。そうやって傷ついたことで臆病になったこともありましたが、だまされた私が悪いんじゃない、つけこまれた私はおばかだったかもしれないけれど悪くはない、と思えば、臆病になる必要も小さくなる必要もない、と思うのです。心の傷は、臆病にさえならなければ時間が癒してくれるものです。お金を損した場合、う~ん。これは時間が解決してくれるわけじゃないですが、お金はまた稼げばよいのです。

今朝のニュースですが、こういうことがニュースになるということは、まだまだヒューマニティーにチャンスあり、だと私は思っています。もし、その老人施設のその看護婦さんが、ルールを無視して、その911ディスパッチャーの指示にしたがって人工呼吸をしてあげた結果、その人がクビになったとしたら、きっと、やっぱりニュースで取り上げられて、彼女を助けてあげたい、なんていう募金活動が沸き起こったんじゃないかな、とナイーブな私は思うのです。そういうニュースでなかったことが本当に残念。

だから、私は私の部下の皆さんにとってはちょっとうざったい上司かもしれません。あはは。よろしくお付き合いくださいませ。皆さんが私の目の前で倒れたら、人工呼吸しますよ!

((大矢))