ブログ

2013-04-24
水星逆行
こんにちは、黒川です。
突然ですが、みなさん「水星逆行」という現象をご存知ですか?

「水星逆行」といっても実際に水星が太陽のまわりを逆回りに動いているわけではなく、地球から見てあたかも逆行しているように見えるという現象なのですが、1年に3回、1回につき約3週間に渡って起こります。

この現象が意味することとしては、

水星がつかさどる性質【思考、情報、コミュニケーション、伝達、交通、通信関係、パソコンなど】
に関して、

・コミュニケーションの行き違い
・メール未達、メールトラブルでぎくしゃく
・気持ちのすれ違い問題が起こりやすい
・通信機器のトラブルに見舞われやすい

といったような、スムーズにいかない、面倒なことが起こりやすい時期と言われています。なので、順調な物事の発展を願う場合は水星の逆行時期は外しておきたいタイミング。新しい契約や大きなお買い物に関しても慎重に進める、又は水星が順行に戻ってからの方が無難と言われています。

まぁ、とはいっても私達は平常通り営業を続けますし、
同じく1日24時間、地球は回り続けているわけですから
いつもより慎重に

・注意深く行動する
・事前にバックアップをとっておく
・逆行前に気がかりなことを済ませておく
・コミュニケーションには細心の注意を払う

などと注意するしかありませんが、
その一方で、この水星逆行を有効活用することもできるんです。

たとえば
・人間関係の誤解を解いたり
・過去の記憶に新しい意味を付与したり
・謝りたくても謝ることができなかった人にコンタクトしたり

逆行という動きは、過去をみるということなので、
前に前に早く進みたい人にはアクシデンタリーなことが起きるかもしれないけど、
過去を見直したい人、深い意識を感じたい人にはチャンス!なのですって。

そして、面白いのが、
これは根拠のない単なるスピリチュアル的なお話ではなく、
投資家やトレーダーの世界でも有効活用されている現象でして、
金融の世界では、一般的に水星逆行期間は、「相場は方向感がはっきりせず、不安定になりやすい」といわれていて、相場のトレンドが発揮しせず、数日ごとに反転する傾向なども高くなっています。

水星逆行などアストロジーに基づき、長年に渡って相場との関連性を分析し続けている研究家、レイモンドメリマン氏の著書「フォアキャスト」シリーズはとてもおもしろいですよ。2013年度版も発売されています。「サイクル」「アストロロジー」そして「テクニカル」という3本柱で独特の相場分析をしています。トレーダーの皆さんはぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみに、2013年度の水星逆行は残り2つで、

2013年6月26日~7月21日
蟹座水星にて逆行

2013年10月21日~11月11日
蠍座水星にて逆行

となっています。ご参考までに!
それではよい1日を~。

黒川
2013-04-17
DVD鑑賞
テレビっ子世代で、子どもの頃からとにかくテレビを見ることが大好きだったのですが(あえて具体的なTV番組はここであげませんが。。。)
家にCableを引いておらず、番組の合間に入るCMも面倒で、最近は少し前のTVシリーズなどをDVDで見ることが多くなりました。

友人の勧めで見始めたのが、BBC製作のサイエンスフィクション“Doctor Who”ですが、すっかりはまってしまいました。
イギリスでこのシリーズの放送が始まったのは1963年。ギネスのワールド
レコードに”the longest-running science fiction television show in the world”として認定されているそうですが、私が見ていたのはシリーズがしばらく中断し
再開された2005年以降のものです。
主演のDoctorは9代目(Christopher Eccleston)から、11代目(Matt Smith)で、 Matt Smithはまもなく始まるSeries 7にも継続して出演しています。

お話は、Time LordであるDoctorがタイムマシーンで時空を旅するものです。
このタイムマシーンはシリーズの始まった1963年にイギリスでよく見かけたというブルーのPolice Box、”Taradis” 。公衆電話のBoxのような大きさですが、
中に入ると大きなスペースが広がり、真ん中にタイムマシーンが鎮座しています。
このタイムマシーンを操り旅をするDoctorに名前はなく、あくまでも”Doctor”。
不死のhumanoidで年齢は900歳以上、2つの心臓を持ち、再生により姿を変えて旅を続けます。
どのような因果で地球人(human)を助けるようになったかは不明ですが、Doctorはhumanをこよなく愛し、彼の多様な知識によってhumanは助けられます。
時代を超えて飛び回るDoctorですが、不死ゆえに数々の出会いや別れがあり、彼の悲哀や孤独感、一緒に旅をするパートナーとの関係ややり取りが、サイエンスフィクションらしく惑星人の登場とともに、それぞれのエピソードをより多彩に
しています。

私のお気に入りは、10代目DoctorのDavid Tennantです。
9代目のChristopher Ecclestonは、初めてみた時なんとも地味な人だなという印象でしたが (実際彼は、1シリーズしか出演しませんでした。), 対するDavid Tennantは大きな目が特徴のエネルギッシュで感情の表現も豊かなキャラクターです。それゆえに、ストーリーや彼の感情に、より共感しシリーズをさらに
魅力的なものにしていると思います。
11代目Matt Smithは顔がでかいな(失礼!)という印象のDoctorですが、
彼のシリーズはdarkなものが多く、私としては早く次のDoctorを待ち望んでいるのですが。。。


つい最近1974-81年に放送されたDoctor Whoを見る機会がありましたが、正直セットがチープで見続けることが難しいほどでした。サイエンスフィクションゆえに、テクノロジーの発達がこの番組をより高度に興味深いものにしていることを実感しました。
もうすぐSeries 7が始まるとの事で楽しみにしていますが、どうも今までアメリカでこの番組は好まれなかったようで、残念ながらDVDになるのを待たなければ
ならないようです。

季節も麗らかになってきて、外に出る機会も多いとは思いますが、今日はお家にこもってDVD鑑賞というときには、時間を無駄にしたとは思わせない、個人的な意見ながらお勧めのTVシリーズです。

神長
2013-04-08
心を亡くす?
近くの公園ではチューリップが咲き乱れ、桜の木につぼみがつき始め、
オープンカフェで人々がくつろいでいる様子を見ると、
春の到来を実感します。

とはいえ、手放しで喜ぶわけには、いかないんですね。

ここ最近の温暖化の影響で、今年は特に二酸化炭素が空気中に多く、
街中は花粉とカビの胞子が、ふわふわ(?)と、
例年以上に舞っているそう。

皆さんも気をつけてくださいね。

-----------------------------------------------

小学校以来、勉強のために努力をすることが、(大)嫌いで、
基本的に365日間、部活動だけする学生時代でした。

つまり、テストはほとんど一夜漬け。
高校・大学受験さえ、それに近い状態で乗り切ってきました。

それが2011年の春に「勉強したい」と思う瞬間があり、
そこからGMATを半年ほど(必死で!)勉強して、
昨年春より、晴れてパートタイムの学生になりました。
きっと「新しい何か」を切望していた時期だったのだと思います。

勢いでなってしまった学生ですが、日々学ぶことが多い一方で、
常に時間とプレッシャーに「追われる」生活に突入しています。

そんな時、日本にいる友人より、こんなことを言われました。
「前向きにがんばるのも良いけど、気をつけてね。
“忙しい”という字は、心を亡くすと書くから!」だそうです。

わかりました。気をつけます。

基本的に人は常に働き/勉強し続けることは、不可能だと思います。
どこかで必ず効率が落ちますし、メンタル的にも鈍ってきます。

メリハリのある生活を心がけ、瞬間を大切にし、
大切なモノを見失わないように、心を養う時間を
しっかりと持ちたいと思います。ユーモアを持つことも大切ですし。

そのため、最近はオフィスを一歩出ると、仕事のEメールは、
一切チェックをしないようにしています。

何事もバランスですね。
皆さんは「心に栄養を与える時間」を持っていますか?

松浦
2013-04-03
お茶のおはなし
みなさんはじめまして!今回ブログ初登場の新井です:)


さて、何のトピックでも良いと言われたので、
アメリカに住みだしてからはまりだしたお茶について書きたいと思います。

一言にお茶といってもたくさんの種類があります。
私は、いろいろと新しいものを試すのが好きなので、
お茶も毎回ちがうブランドの違う味のものを購入します。
オフィスにも3種類ちがうブランドのものをおいて日替わりで飲んでいます。

ここで、私が今まで見つけたお気に入りのお茶ブランドとカフェをご紹介します!

*Teavana*
このブランドでは、アジア、アフリカ、ヨーロッパなど世界中のお茶がそろっています。その他にも、トラディショナルなお茶にドライフルーツ、ドライフラワー、ハーブやキャラメル、チョコレートをブレンドしたユニークなものもあり、種類がとても豊富です。
Web: http://www.teavana.com/

*Harney & Sons*
Harney & Sonsはとあるお店で発見したお店です。パッケージがとてもかわいいという理由だけで購入したのですが、味と香りがすごく良く、お気に入りです。
Web: http://www.harney.com/

*Mighty Leaf*
このブランドはハーブティーやデトックスティーが数多く揃ってます。
ティーバッグはメッシュバッグなのですが、デザインがユニークで気に入っています。 
Web: http://www.mightyleaf.com/index.cfm


*Tea Bar*

506 Driggs Ave
(between 9th St & 8th St)
Brooklyn, NY 11211

先週、ブルックリンのウィリアムズバーグを探索していた時に、新しくオープンしたお茶専門のカフェを発見しました! お店の雰囲気はとても落ち着いていて、何より、お茶を一人用の小さなティーポットに入れて出してくれます。


写真にも写っているのですが、各テーブルには1分、3分、5分間の3種類の砂時計があり、お茶の種類によってお茶の味が出過ぎないように、お茶の葉を取り出すタイミングを計ることができるようになっています。
お店は先月オープンしたばかりなので、まだウェブサイトがないようです。
皆さん、もしブルックリンに行く機会があれば行ってみてください:)


他にもお気に入りがあるのですが、長くなってしまうのでこの辺で。
お仕事や勉強の息抜きに、今回紹介したお茶を是非試してみてください♪


新井