ブログ

2013-08-28
Dutchess County Fair
週末にNYのアップステートのRhinebeckで催された、Dutchess County Fairに
行ってきました。
毎年8月の第3週目に6日間開催されているということで、今年で168年続いているFairだそうです。
New York Stateの中でも2番目に大きなFairとの事で、とにかく内容は盛りだくさん。牛、馬、豚のいる建物があったり、いろいろな種類の鶏やうさぎなどがいたり、牛の乳搾りを見せる建物があったり(1日1頭の乳牛で8ガロンの牛乳が出るそうです。)フリージアやダリアなどのお花の展示会など、農業関係の展示から、手芸の展示会、コンサートやバイクや人のアクロバット、テントの中ではピエロが子どもたちを楽しませたり、petting zooがあったりと大人から子どもまで楽しめる様々な催し物がありました。

この時だけ設置される遊園地や、フードベンダーも軒を連ね朝から晩まで過ごしても時間が足りないほどです。
豚のレースを見ましたが、設置された楕円形のレース場は3-4列のいすの設置はありますが立ち見の人たちがさらにそれを囲んで、人の頭の間から観戦しなければならないほどの盛況振りでした。小さな豚のスピード感あるレースがある一方、大きな豚の気まぐれなゆったりとしたレースでは、途中で突然止まってしまった豚さんと後から追いついた別の大きな豚さんの、最後はゴール間際の大接戦に観客も大興奮。私も夢中になってしまいました。
“ Dancing Diggers”という、4台のショベルカーが音楽に合わせて踊る(?)というショーもなかなか見ごたえがありました。
結局はJCBという会社のショベルカーがいかに安定性があり、機能的かを宣伝するショーのようではありましたが、それでも運転席が45度以上も傾くほどシャベルの部分を延ばしたり、片方の足場を伸ばしても大丈夫な様子には素直に感心してしまいました。
日本には超小型のショベルカーがありますが、10台くらい集まって動き回って踊ったら、“kawaii”と評判になるかも知れません。

フードベンダーはたくさんあったのですが、そのなかでもFunnel cakeという、生地を油であげて粉砂糖をかけてある食べ物を売っているお店がたくさんありました。このようなFairなどの場所でしか売っていないとの事で、どこも列ができていることが多く、このシンプルな食べ物に、アメリカ人の特別な思いを感じました。

入場料は$15 , 食べ物や遊園地の乗り物も料金がかかりますが、それ以外の展示やショーなどは無料です。夏の最後の思い出に毎年楽しみにしている人たちがたくさんいるのだなと、駐車場の出口へ向かう数十メートルにもわたる列の車の中で、つくづく思いました。

神長
2013-08-21
夏休み
先週日曜日から今日まで、ニューヨークのジャビッツセンターで行われた
NY NOW展に参加してきました。

午前9時から午後7時まで、しっかりブースに立って、商品を売ってきました!
当然のように週末は無し。そして、常に立ちっぱなし。
今日は体力の限界です・・・。苦笑

とはいえ、バイヤーと直に話ができて、生の手ごたえが感じられる
展示会は癖になるんですね。
それに、時間がある時には、近くにブースを出している世界中から来ている人と、
様々な情報交換をしたり、著名なデザイナーと話ができたり。
展示会が終わるごとに、様々な課題や、より良い商品の
アイデアが生まれるので、これを次回の展示会に行かせるよう、
準備をしたいと思います。

ところで、皆さんは、夏休みはどこに行かれましたか?

私は彼が引っ越した先のメイン州に遊びに行ってきました。
行った先は緑が深く、湖と湾や海が多い地域です。
そのため、こまごまとした島が点在している場所でもあります。

いくつかとまったB&Bの中で、特にお気に入りだったのは、
荘厳な雰囲気すらある森林をドライビングして辿り着いたコテージで、
湖のふもとにありました。

そして、まったく回りに人がいない中、ここで夕日が沈むのを見ながら泳いだり、
カヤックを借りて遊んだり。水が驚くほど澄んでいて、足を入れていると、
たくさんの小魚がよってきて足を突かれます。

日中はハイキングに行き、ローカルのアンティークショップを探索したり、
マンハッタンの喧騒を離れて、思いっきりリフレッシュができました。

もちろん、ロブスターも飽きるほど食べました。
なにせ、お肉を食べるよりも安いので。

マンハッタンは本物が凝縮されており、刺激的な街である一方、
非常にアグレッシブな面を持ち合わせているように思います。
生活のバランスをとるためにも、上手な息抜きが必要ですね。

マンハッタンからは、飛行機で1時間強ほどで、
全くの別世界を満喫できるメイン州はお勧めです!

松浦
2013-08-14
Upstream Color
最近観た映画の中で1番印象に残っている“Upstream Color”を紹介します。
この映画、Shane Carruthというディレクターが製作した映画なのですが、
なんと彼、映画を製作する際、音楽の作曲、脚本、監督、主演のすべて彼自身でやっています!
製作の過程は すべてハリウッドシステム外で、完全にIndipendentでやっているそうです。
彼はUpstream Colorの前に、Primerという映画を9年前に公開していますが、
彼の手がける 映画のストーリーはとても複雑で,Carruth氏自身も
ストーリーのはっきりした解説を公開していないので、
ネット上ではさまざまな見解が飛び交っており、彼の映画はカルト的な人気を誇っているそうです。

あるサイトに紹介されていたあらすじでは…

冒頭に出てくるのは、特定の蘭に巣食う小さなイモムシ。このイモムシは人間の体内に入るとその人の精神を操る能力を持っている。そしてその力を悪用した「泥棒」によって、クリスという女性が精神を乱され、貯金をすべて「泥棒」に奪われてしまう。そしてクリスは正気に返ったあとに体内のイモムシを取り出そうとするが失敗する。そんな彼女の前に現われたのが、自然のさまざまな音を録音し、養豚場を経営する「サンプラー」という男性だった。彼によってクリスのイモムシは取り除かれ、とある豚にそれが移植される。そして日常生活に戻ったクリスは、ジェフという男性と出会う。ジェフもまた、イモムシに寄生された経験を持っていた。そしてクリスとジェフの間ではやがて精神がつながり、お互いの記憶が共有されていく…


という感じのストーリーなのですが、一度観ただけでは決してストーリーの掴めない、
でもなんとなーく何が起こっているか理解し、もう一回観たいと思わせるような映画です!
映像技術もかなり質が良く、サウンドトラックもすごく綺麗に仕上がっています。

ストーリーの終わりを予知させない、何度観てもその都度発見がある、
とてもおもしろい映画なので、皆さんも是非一度観てみてください!

謎解き好きの人には特におすすめです。

映画の予告はこちらから↓

http://www.youtube.com/watch?v=5U9KmAlrEXU


新井
2013-08-07
今年こそは100を切る!
夏真っ盛りのシカゴです。
昨年の猛暑から一転、今年のシカゴは涼しい夏です。雨も適度に降って、過ごしやすいですが、少し物足りない気もします。しかし、あるスポーツをするのには絶好の気候とでしょうね。シカゴで夏にするスポーツといえば、ゴ・ル・フです。カートに乗ってしまうとスポーツと呼べないかもしれませんが。。。。





数年前から友人に誘われて何回かラウンドした経験はあるものの、初心者だらけのラウンドで、もうめちゃくちゃ。何打打ったかも数えられない程。また、昨年はシカゴマラソにエントリーしていたので、ゴルフもなかなか行けませんでした。今年はマラソンはお休みして、ゴルフに集中してみることにしました。

そこで、友人とまわるのもいいのですが、それだとなかなかゴルフが上手くならないし、ある程度上手い人(上手すぎると相手にしてもらえないのでw)と回ろう!と考えました。それでも、練習が必要という事で、先日一人で回ってきました。運よく誰とも混ぜられなかったので、自分のペースで回ることが出来ました。

練習という事で?カートは使わず、歩きで回りました。近所のパブリックコースですが、芝が綺麗で、散歩感覚でも楽しめました。しかも、一人となると変なプレッシャーもないので、普段苦手な「寄せ」やパットが上手く決まり、自分の精神力の無さが改めて浮き彫りになりました。(笑)

そんな練習もこなし、今月からはシカゴのゴルフサークルにも入れて頂き、皆さんの足を引っ張りつつ、色々と勉強させて頂いております。100が切れる頃にはゴルフシーズンも終わっているのでしょうね。。。目指せ99!

菱沼