ブログ

2013-10-30
働く女性についての未来予測?その3
2006年に「働く女性についての未来予測」という
タイトルでブログ書き、2007年に続編を書いた事があります。

そこから早くも6、7年が経とうとしていますが、
その後の日本の「働く女性たちの現状」は変わったのでしょうか?

安倍首相はアベノミクスの3本目の矢である成長戦略の中核として
「女性の活躍」を取り上げており、大手企業もトップが旗を振って
「女性の管理職」の登用を掲げています。

ところが、現実は女性の活躍とは程遠いところにあるようです。

ニューヨークの銀行に駐在員として派遣され、
最前線で働いていた知人がいます。年齢のころは40代後半。

この方は日本の総合職の女性 第1号の世代です。
当時、会社では制服を着ていた女性ばかりだった時代。
私服のスーツを来た女性総合職は「どこか違う人たち」として、
制服を着た女性社員からは違う目で見られ、
スーツを着た女性に慣れないおじ様たちからは
「扱いづらいと思われていた」と言われていました。

その後様々な国の駐在を経ながら実績を積み、
金融の中心であるニューヨークに駐在後、
日本に帰任後に配属された先が「女性推進委員会」なるものです。

その後にこの方と話をした時には
「他の会社でも続々とこういった部門が設置され、
企業同士の横のつながりが出来て定期的に集まり、
違う業界の最前線で働いてきた女性と話す機会があり面白い」とは
言われていましたが、はたから見ると、現場を良く知っていて
仕事が抜群に出来る人物を、なぜ全く金融業務とは関係の無い
部門に配属するのかが、本当に疑問です。

「銀行のお手本になって欲しい」という会社視点の
宣伝活動の一環に違いないのですが、
本来の「女性の活躍」とは程遠い気がしてなりません。

そして、こういった第一線で道を作ってきた女性の共通点は、
独身者が多いことも、日本社会の問題だと思わざるをえないのでした。

日本にいる友人たちの中には、子供を生んで育児休暇を取って、
会社に戻った友人たちは多くいますが、
ことごとく「第一線とはかけ離れた部署」で働いています。

そんな中、私の同僚が、上野千鶴子さんの
「働く女は幸せですか?」というインタビューを紹介してくれました。

http://toyokeizai.net/articles/-/22304

個人的にはその通りっ!!!と大きくうなづいてしまいました。

日本のトップが本気で女性の活躍を願っているなら、
根っこにある社会の仕組みから取り組まないと、
何も変わらないどころか、既に歪みが出てきています。

高齢化が進む中、移民政策は進んでおらず、
女性登用に重きを置かざるを得ない日本ですが、
果たして今後はどうなるのでしょうか?

松浦
2013-10-23
生き返ったiPhone
こんにちは。
昨朝、オフィスのトイレの便器に、iPhoneを落とし、1人で叫びパニックを起こしていた新井です。
さて、皆さんはもし自分の携帯電話を水に落としてしまったとき、どう対処すれば良いかご存知ですか?

私は以前、一緒にいた友人がiPhoneを水に落とした時に経験があり、その経験からの知識とグーグルでのリサーチで、
パニックしながらも今回の事態をなんとか対処しました!
その対処法は下記の通りです。

1.水の中に落ちたiPhoneをすぐに取り出す。
2.電源を切る(これ、とても大事です!間違っても誰かに電話で助けを求めようとしたりしてはいけません。)
3.電話をふり、中に入ってしまった水を出来るだけだす。
4.タオルやペーパータオルで水をしっかりふき取る(小さい穴の部分は特にしっかりふき取る)
5.調理のされていないお米(ただしEnrich Riceはだめだそうです)またはシリカジェル(乾燥剤)をタッパーかジップロックに入れ、携帯電話も一緒に入れる。
6.お米か乾燥剤に入れた後、最低24時間放置する。
*ここで、なぜお米?と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お米には水分を吸い取る性質があります。
7.袋から取り出し、電源を入れてみる。

なんと!この対処法で、私のiPhoneは生き返り、オフィスで大喜びでした。
今現在、マイクやスピーカーにも問題は見られません。
今後問題が出てくるかもしれませんが。。。

グーグルサーチによると、上記の対処法で、お米に1日以上、中には1週間放置したという方もいました。
ただし、水が入ってしまった場所によって、上記の方法を試しても、電話が生き返らなかった方もいるようなので、100%保障されている対処法ではありませんが、
何も知らないより、知っていたほうがもしもの事態に役立てると思います!

この対処法の他に、99%のアルコールに携帯電話を入れると、携帯電話の中に入ってしまった水分を取り出してくれるという対処法もあるようです。

もし皆さんが携帯電話を落としてしまった時に役立ててもらえる情報だと思い、今回のブログにてシェアさせていただきました。
今回の経験から、同じ過ちを犯さないよう、携帯電話は絶対に落ちない場所に保管するように気をつけたいと思います!


新井
2013-10-21
2013年ゴルフシーズンも終わり・・・
ここシカゴは、すっかり秋も深まり、
外の景色はもう冬ですね。

朝晩は氷点下まで下がるようになってしまいました。
と、同時にゴルフシーズンも終わりを告げようとしています。
「まだいける!」と仰る方もちらほら見受けられますが、
この先のラウンドが厳しいですよね。。。。

このシーズンを振り返ってみると、「悔しい」の一言に尽きます。
と言うのも、今年こそは100を切る!!と目標を掲げたものの、
終わってみれば最高スコアは105でした。

最大の原因はグリーン回りでしょうか。。。。
寄せが上手いこと決まらず、グリーンを右から左へ、左から右へ、
行ったり来たり。。グリーンに乗ったかと思えば、パットが決まらず。。。
今年の冬の練習はグリーン回りを中心にと言ったところでしょうか。

クラブも人から譲り受けたものを使っているので、
自分に合ったドライバーなど購入を考えてもいいかも知れませんね。(道具のせいにするw)

今シーズン、私にお付き合い頂きましたゴルファーの皆様、
この場を借りてお礼申し上げます。来年はもう少し上達して、
コースに戻りますので、引き続き宜しくお願いします!

さあ、シカゴは冬です。
引き篭もりになりがちですが、
なんとか、ゴルフの練習が出来るように、
工夫していきたいですね。

菱沼
2013-10-15
年に一度のコンベンション
武田です。

先週の木曜日、金曜日の1泊二日で、オーランド、フロリダに行って来ました。
休暇♥、ではありません。コンベンションへの参加です。


私が参加したのは、American Staffing Associationという人材派遣、紹介関連の団体が毎年開催するStaffing Worldというコンベンションです。

これは人材業界最大のコンベンションで、3日間にわたって人材派遣、紹介業界関係者が全米から集まり、セミナーやネットワーキングイベントに参加する、という内容です。また同時にエクスポも開催され、ベンダーが集まり、サービスの案内をします。

私は2日間の参加だったのですが、非常に有意義な時間を過ごしました。この仕事をしていると、色々な方にお会いする機会がありますが、全米の同業他社と接する機会は少ないため、それも非常に面白かったです。同じリクルーターでも、扱う業界もバラバラで、テキサスのリクルーターとウィスコンシンのリクルーターではカラーも全く違うものです。

人材紹介、派遣業は近年のデジタル化、モバイル化に伴い激変の時代を迎えています。今でこそ、インターネットでほとんどの情報が入手できますが、10年前は、それこそ会社の人から会社の内線番号が一覧になったdirectoryを入手するところから候補者サーチは始まっていました。そう考えると、今の時代の人材サーチはなんて簡単なんだと思われるかもしれませんが、そう一筋縄ではいかないものです。

数年前には存在しなかったIT関連ポジションは、バックグラウンドを持った候補者が万年不足しています。また就職、転職活動をタブレットからできる時代、候補者の持つ情報量、選択肢は何倍にも何十倍にもなっていて、私達のようなリクルーティングエージェンシーの存在価値やリクルーターとしてのアプローチ方法を再度考え直させることになっています。

最近では毎日のように、モバイル・タブレットの波に乗り遅れた各企業の苦戦ぶりを目にしますが、これは私達の業界への警鐘でもあると思います。これは私個人的な指標でもあるのですが、いつになってもどんな時代でも、芯を持ちつつ、同時に変化に対応できるしなやかさを持っていることの大切さを改めて認識する機会でした。

セミナーの一つで、一般的に採用企業のリクルーティングエージェンシーに対する満足度、候補者が感じるリクルーティングエージェンシーの存在価値は、私達エージェンシー自身が認識しているものよりもはるかに低いというちょっと悲しいデータがありました。身が締まる思いでしたし、この数字が少しでも改善していくよう、私も頑張りたいと思いますので、このブログを読んでくださっている皆様、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
2013-10-07
The Cliffs Grand Opening!!!
半年前にオープンする予定だった知人のロック・クライミングジム『The Cliffs』が先週末にやっとオープンしました。敷地の範囲が30,000平方フィートで壁の高さが約20メートル弱もある全米最大といわれているこのジムには、ヨガルームやフィットネスマシーンも配置されており、トータルフィットネス・ジムとしても多いに活用できるファシリティーとして話題を呼んでいます。

ジムのオーナーである知人によると、ロッククライミングは、体力的にも精神的にも、チャレンジングで創造性を要求されるスポーツであり、また問題解決と戦略を考えることが、重要な要素のひとつであり、そのため、クライミングというスポーツをハブにして、クライミング・エンスージアスト向けだけではなく、様々な活動を行っているビジネスマン、起業家、ソーシャル起業家たちが集まるコミュニティー造りの場としてもThe Cliffsを紹介していきたいと話していました。

さて何故ジムのオープンが半年も遅れてしまったかといいますと、シャワールームやトイレ等といった水道配管の工事が進まなかったことが原因でした。ジムのオーナーの知人によると、2年前から水道設備工事の申請をNY市に出していたそうですが、同市の対応の怠りにより手続きに時間が掛ってしまったとのことでした。半年分の遅れを取り、多少の赤字となってしまったが、この分を取り戻すのは勿論、ジムのオペレーションとサービスに全力を掛けて皆さんの理想のジムになるよう頑張っていく所存だと、同氏は前向きに話していました。

The Cliffsはマンハッタンから10分離れたクイーンズ・ボロ橋近辺(Long Island City)にあり、施設のアクセスもNYCから簡単に通えます。クライミングシューズ、ハーネスやビレイ器などといったレンタル料金+ビレイヤー付きで36ドルと、クライミングが初めての人でもお手ごろな値段でお気軽に体験できますので、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

下記はこのジムのwebサイトとプロモーションビデオです:

http://thecliffsclimbing.com/lic/
http://vimeo.com/75551009

【有保】