ブログ

2014-02-24
ソチオリンピックを終えて
4年に一度のオリンピックが幕を閉じました。

今回もたくさんのドラマに世界中の人々が感動したことと思います。
個人的には、賛否両論もある中、あの開会式の完成度の高さに驚きを感じました。もちろん五輪の一つの輪に光がともらないというアクシデントはありましたが、ロシアという国の歴史を上手に表現していたのではないかと思います。

それにしても今回テレビの映像から伝わるソチの景色には違和感を感じた方も少なくないのではないでしょうか。

NYは記録的な寒さだというのに、冬季オリンピックの行われているソチは、連日摂氏10℃を超す暖かさ。スキーの競技場の周りの山には雪などなし。そもそもソチという場所は、ロシアでは夏のリゾートとして有名らしく、どうしてこんな所で冬のオリンピックなのか?

まあ~それはさておいて、スポーツを通して、これだけ世界中の人から関心を集める「オリンピック」とは一体何なのか。とふと思ったので、ちょっと調べてみました。


IOC(国際オリンピック委員会)
近代オリンピックを主催する団体であり、またオリンピックに参加する各種国際スポーツ統括団体を統括する組織である。本部はスイス・ローザンヌ。2009年に国際連合総会オブザーバー資格を得たため国際機関の一つと思われがちだが、非政府組織 (NGO) の非営利団体 (NPO) であり、その運営資金は主に放送権料販売とスポンサーシップ収入による。
Wikipediaより抜粋


そうなんです。当たり前の事なのですが、IOCはNGOのNPOなんです。上記に書いてある通り、正式な国際機関ではなく、あくまでも一団体の行っているイベントなんですね。

NPOとは言え、このイベントをビジネス的な側面で考えた場合、他のイベントでは考えられない事ばかりです。

・開会式にはたくさんの国家首脳が集まる。
・イベントのための会場設営費はすべて開催地持ち。
・イベントのコンテンツとして重要な要素となる選手の渡航費は自腹or各国持ち。
・優勝(1位)しても賞金はなし。
等々。

ちなみに、サッカーのワールド・カップを主催するFIFAは協会であり、それを支える各国のサッカーリーグのほとんどが、利益団体です。

要するに何を言いたいかというと、IOCというのは世界で最も成功しているNPO/NGOであり、オリンピックというのは、イベント企画として唯一無二の存在を確立しており、真似のできないイベントになっているという事です。

そう考えると、選ばれた選手達は、時に国民の期待を一身に背負い、プレッシャーに押し潰されることもありますが、もっとこの「スポーツイベント」を楽しみ、自分の為に演技や競技をしてくれるといいなあ~と思います。もちろん、「国費」を使っているんだからけしからんという人もいますが、それはお国の勝手な事情によるってもんなのではないですかねえ~。


「皆さんの期待を裏切り申し訳ありません。」と謝る日本人選手を見て、日本人特有の奥ゆかしさを感じる反面、日本の国際化の難しさを感じたオリンピックでした。

鈴木
2014-02-19
余裕のある大人
こんにちは。シカゴ支店の鎌田です。

先日、めでたく誕生日を迎え、たくさんの人からお祝いの言葉やプレセントを頂きました。この場を借りて、どうもありがとうございました~!写真は、稲葉さんと菱沼さんが買ってきてくれたケーキとクッキーに、NYオフィスの皆さんからのバースデーカードです。

さて、今年の誕生日は、シカゴの寒さから逃れてフロリダ オーランドで過ごしてきました。
まずは出発当日、まさかの寝坊です。日ごろ寝坊しないのですが、前日にウキウキしすぎて、やらかしました。とりあえず走って走って走って、飛行機に乗れました。

オーランドに到着し、ディスニーワールドへ。水のアトラクションで当たり席を引き、全身びしょ濡れ。目の前に座っていた、思いっきり水をかぶりたかったであろう、小学生の男の子達に羨望の眼差しで見つめられつつ、水も滴るなんとやらです。帰りのシャトルバスも、時間ギリギリでダッシュ。一日歩き回って疲れた足が肉離れを起こしそうでした。

ファンタジーな気分に浸ったあとは、SeaWorldへ。絶叫マシーン大好き&動物大好きな私にとってはディズニーよりも楽しかったです。乗り物酔いはほとんどしないのですが、まさかの海ガメの3Dショーで酔い、フラフラになりました。笑

最終日はマナティーに会いにクリスタル・リバーへ。カヌーに乗ってマナティーを観察し、ゆーっくりと動く彼らに癒されました。昼食後は眠たくなったので、しばらく昼寝。気づけば出発時刻だったので、車を発進するも、ここで、ハプニング発生。GPSが充電切れ、携帯の充電もあとわずか。日頃は方向感覚ゼロな私ですが、野生のカンに従い、迷いながらも奇跡的に空港に到着し、無事にシカゴ行きのフライトにギリギリ間に合いました。

総括として、常にギリギリ、ダッシュな旅でした。
これからはもう少し余裕のある大人になりたいと思います。

鎌田
2014-02-12
2014年 World Cup のみどころ①
寒いフーユー(冬)が続きますが、皆さんは如何お過ごしでしょうか。私、稲葉はシカゴ2年目にして、移動願いを提出したい位の寒さで毎日を過ごしております。泣。

そんな寒さとはうらはらに、今年2014年は私の待ちにまった!ブラジル ワールドカップ!!です。
今回のワールドカップも泣きながら(感動しながら)試合を見ることになるかと思うとすごく楽しみです。そこで、ワールドカップまで、自分を盛り上げる為に?!、ブログで注目の試合と選手や結果を発表していきます。

早速ですが、今回のグループ分けです。

GROUP A ブラジル,クロアチア,メキシコ,カメルーン

GROUP B スペイン,オランダ,チリ,オーストラリア

GROUP C コロンビア,ギリシャ,コートジボワール,日本

GROUP D ウルグアイ,コスタリカ,イングランド,イタリア

GROUP E スイス,エクアドル,フランス,ホンジュラス

GROUP F アルゼンチン,ボスニア・ヘルツェゴビナ,イラン,ナイジェリア

GROUP G ドイツ,ポルトガル,ガーナ,アメリカ合衆国

GROUP H ベルギー,アルジェリア,ロシア,韓国

今回は日本はどんな試合をしてくれるのでしょうか。
日本は、初戦がコートジボアールで次ギリシャで最後がコロンビアになります。私(素人)の予測では最低コートジボアールには勝って、ギリシャに引き分け、コロンビアに引き分けであればベスト16でトーナメントに進めるかと。今回の南米開催ということからコロンビアはかなり気合を入れてくるでしょうし、ギリシャも高いスキルを持っているので、日本として負けない試合をするのが一番かと思います。皆さんはどう予測しますか?

あとは、われらがアメリカが前回3位のドイツとイケメンのクリスティアーノ・ロナウド率いるポルトガルと試合があるという事でベスト16入りは厳しいかもしれませんが面白い試合がみれるかと。私のお勧めは、グループAのブラジルとメキシコの試合です。メキシコがどこまでブラジルにちかずけるか。あとは、グループBの前回の優勝国スペインと2位オランダの試合。前回の決勝戦の対決が予選2日目で観れてしまうという事。嬉しいですが、選手にとっては可愛そうでしかない。それ以外では、前回は強豪国であるイタリア、フランスはベスト16にも残れなかったという事もあり、今回は16入りをしてくるんではないか、また韓国は本番に強いので16入りしてどこまでいくのかなど、ワールドカップでは、予想もしない事が起きる可能性もあるので乞うご期待です。
ちなみに私としては、アルゼンチンに今回は優勝してもらいたいという希望があります。

今回の2014年ワールドカップのお勧め選手は次回のブログでお話をさせて頂きます。

稲葉
2014-02-07
閉じたら開く
ヘレン・ケラーの言葉
「ひとつの幸せのドアが閉じるとき、もうひとつのドアが開く。しかし、わたしたちは閉じたドアばかりに目を奪われ、 開いたドアに気づかない。」

そうなんです、閉じたら開くんです。絶対に!これは私の自身の経験から保障します。

せっかく新しいドアが開きかけているのに、目の前にあることに妙にこだわり、閉じそうなドアを無理矢理止めようとしたら、新しいドアさんはきっと、「あ、必要ないんですね。じゃまた。」と言ってパタンとしまってしまうでしょう。(この、「じゃまた」、がポイントなんですけど。)

これは就職活動にも通ずるものがあるなぁ、とひしひし思います。私達リクルーターのお仕事は、あくまでも候補者側と企業側の「ご縁つなぎ」であって、最終的にそのご縁を選択するかしないかは、ご本人次第です。

例えば、企業様からオファーを頂いているのに、現時点では目に見えない未来の保障にこだわったり、ビザ問題等で不確実要素が多いために、一歩飛び込む勇気がなかったり。

そもそも開きかけたドアに一歩足を踏み込んでみなければ、新しい世界もありません。そのリスクを承知で新しい世界に飛び込むかどうかは自分次第なのです。

もちろん、もっと他に自分に合った条件でのオファーが出ていたり、自分の内的感覚に従ってよく考え直し、「やっぱり違うな」と思ったら、その時は「違う」のです。

その時は、これまでのご縁に感謝をし、堂々と辞退して頂くことに何ら問題はありません。面接が進むうちに「思っていたものと違った」ということはよくある話なのです。私達や企業に申し訳ない、という気持ちもあまり持つ必要はないと思います。

そしてこれは密かに恋愛にも通じるかと思います。(笑)

閉じかけたドアにしがみつく、何とか関係を修正しようとする。壊れたボートを修正するより、新しいボートを作った方がまし、なんて言葉もありますけど、そもそも自分の人生に必要なモノは自然と向こうからやってきます。そして生涯孤独になることは絶対にないと信じます。

だから、1度選択を間違えて開きかけた新しいドアの存在にに気づくことができなくても、形を変え、声を変え、自身の成長に必要な出会いや状況は次から次へとやってくるのです。

なので、焦らなくてもいいんでしょうけど、その開きかけた新しいドアの存在に「気づくかどうか」がとっても大切なことなんじゃないかと思います。

閉じかけたドアにさよならする勇気はあなたの中にしかありません。他人が外部からなんやかんや言っても結局は自分の手でないと次のドアは開けることができないようになっている気がします。

ということで、就職活動に話は戻しますが、あくまで私達ができるのは、その新しいドアを、今まで見えていなかった場所から、皆さんの視界の中に持ってくる作業に近いかと。そのドアを開くかどうかは本人次第ですので、少しでも皆さんの人生におけるチャレンジの選択肢を増やすお手伝いができたらなぁと思っています。逆に言うと、閉じかけたドアにしがみついている人のお役には立てません。

必要な時にはいつでもお力添えいたしますので、いつでもご連絡お待ちしております~!

黒川