ブログ

2014-05-28
雨男が年男
私は巷では有名な雨男であります。

ちなみに、過去の逸話をいくつか上げますと、

1, 今までで、唯一優勝したゴルフコンペは、雨の為、9ホールのみだった。

2, 5年ほど前の1月に、砂漠の町ラスベガスに行った際、ヒョウが降り、すべてのイベントが中止となった。

3, ビバリーヒルズでお客様と寿司屋で会食していたところ、大雨のため、お店が漏電してしまい、寿司を食べる前に追い出された。ちなみに外に出ると大雨の為、信号機がすべて止まっていた。

4, ある晴れた夏の日にNY近郊でゴルフをしに行ったところ、1番ホールから突然雨が降り出し、3番ホールに行く頃には、ゴルフ場で洪水が発生し、遭難しかけた。その後、無事にクラブハウスに戻り、マンハッタンに帰るとピーカンとなった。

5, 降水確率50%前後の場合、大抵私のいるところは雨である。

というように、数え上げればキリがありません。

その雨男が今年は年男なもんですから、すでに大変な事になっています。

先週、シカゴに出張に行った際、ヤンキースの田中投手がタイミングよくシカゴで投げる事になったので、シカゴのスタッフと観に行く事になりました。球場に着くや否や、ポツリポツリ。そして、田中投手が投げだすと、雷を伴った大雨。なんと、その影響で田中投手は、日本から続いていた連勝記録が止まってしまいました。

「田中投手、すみません。」

というように、今年は謝ってばかりいます。残り半年あと何回謝ればいいのか考えると、全くもって年男イヤーを楽しめる場合ではないのです。

もし、何かの理由により雨が降ってもらいたい場合は、遠慮なくご連絡ください。何かのお役に立てるはずです。
そして、その時には「ありがとう!」と一言だけ言って頂ければ、私は幸せです。

鈴木
2014-05-21
シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース

昨日5月20日、シカゴのリグリーフィールドで開催されたニューヨーク・ヤンキース対シカゴ・カブスの試合観戦にシカゴ支店のスタッフで行って参りました!

この日はマー君こと田中将大投手が先発ピッチャーとして試合に出ていたこともあり、多くの日本人の方たちが試合観戦に来ていたようでしたが、雨と雷の中(リグリーは野外球場です)、マー君はなかなかいい球が投げられなかったようで、結果はカブスの勝利。

同じ日本人としてメジャーで頑張るマー君が負けてしまったのはちょっと残念でしたが、シカゴに住む身としてはカブスの勝利も嬉しく、とっても楽しいひと時となりました!



鎌田
2014-05-14
2014年 World Cup のみどころ②
サッカーファンのみなさん、残すところあと1ヶ月をきりました!!

4年に1度の熱い1ヶ月がやってきます。

皆さんの注目の選手はどなたでしょうか?メッシー?ロナウド?
私の独断と偏見で取り上げさせて頂きますので、ご了承ください。


日本代表からは、サプライズの大久保と言いたいところですが、やはり香川真二(10番)です。初めてのワールドカップで、今年はマンチェスターであまり起用されていませんし、移籍が噂されていますが、そんな外野の意見はどうでも良く、私、個人として、このサッカー少年的な彼に絶対に1ゴールを決めて欲しいです。また、絶対的にマークは厳しいと思いますが、どんなプレーを見せてくれるのか期待。

2番目は、メキシコ代表のチチャリート(Chicharito/小豆)こと、ハビエル・エルナンデス・バルカサール(10番)です。見た目も非常に可愛い選手です。また、サラブレッドでもあります。おじいちゃんもお父さんもサッカー選手で、お父さんもメキシコ代表だったとのことです。現在は香川と同じマンチェスターに所属しており、2010年のワールドカップは2得点挙げており、非常にアグレッシブに点を取りにいくタイプです。また、見ていもその点を取ろうという意欲がわかる選手で足も速い、とにかく一押しです。

3番目は、キャプテンアメリカとでもあるランドン・ティモシー・ドノバンです。4度目のワールドカップでどのような結果が出せるかが見所ではないでしょうか。アメリカ代表選手の中では、最多得点記録を持ち、多分これが最後になり集大成として結果を狙いにいくでしょう。また、アメリカ代表監督がかつてのドイツ代表と代表監督を経験しているユルゲン・クリンスマンというのも注目。

他にもいますが、頑張れ日本、アメリカ、メキシコということで3名あげてみました。3名の注目選手の活躍に期待して、熱いワールドカップを楽しんでください!!

稲葉
2014-05-01
言葉のパズル
人と人との関係の中で、お互いの思いのたけを伝え合うのが、コミュニケーションってものですよね。

コミュニケーションは誰もが大切だと思っています。

でも

コミュニケーションは誰もが難しいと思っています。

誰もが求めているのに、やっかいな存在。

うーん。どうしましょう。

世の中には、

ロジカルという言葉がありますが、

言葉に関しては、

100人いたら100通りのロジカルがあると私は思っています。

そうです、私の頭のロジックとあなたの頭のロジックは全く非ロジカル、な罠です。

数字のロジカルみたいに、

世の中に答えは1つだけと考えて、

誰もが自分のロジカルが正しいという姿勢で話しをしようとする。

だからぶつかるんではないかと。

言葉は数字じゃないから、

「1+1」の答えは「2」でも

「あ+あ」の答えはないんですよね。どこにも。

単純に言うと、

「あ+い」=「う」だろう!とか、いやいや、「あ+い」=「あい」だろう!

とか言い合ってしまってるってことかもしれません。

人それぞれが、自分だけの中での言葉のロジカルに照らし合わせて。

こうやって例えてみると、自分の主張していることが、馬鹿らしく感じません?

だって、もしかすると

まさかの

「あ+い」=「ぴ」とかだったりするかもしれません。人によっては。

だから、私の意味する「あ+い」は「う」なんですが、

あなたの意味する「あ+い」は「あい」なんですね、では・・・

というところから

話をスタートしないといけない。

そんな風に意識して人と話してたら、

もしかすると

おもしろい発見があるかも、と思っております。

黒川