ブログ

2014-11-26
魅惑のMI Overview/原田
お世話になっております。アクタス新人の原田です。

さて、サンクスギビングの前夜、皆様いかがお過ごしでしょうか。
明日の楽しみのための準備にお忙しいのではないかと思います。




かくいうわたくしは何と!!!




…ギャグかと思うほどのMI縛りが続いております。


えぇ、そうです。

「もどってくるつもりなんて昨日までなかったのに!
 さすが魅惑のMI。もう虜♪」←というか回し者レベル

というわけで、
本日は午後休をいただき、まさかのドタキャンならぬドタ帰りをいたしました。


色々な災難に見舞われましたが、なんとか6時間半かけて無事(?)自宅へ到着。*注:本来なら4時間半

ネタがてんこ盛りな道中でしたが、今回は魅惑のMI紹介ということで、原田のMI帰省珍道中☆は割愛します。




いやぁ、それにしても…
米国にいる間のサンクスギビングは、一回もMI以外で過ごすことがなさそうですね(苦笑)



***



さて、気を取り直しまして、MI紹介ダイジェスト版です。



そして突然ですが、ここで古今東西!「ミシガンと言えば!?」







…と、こんな風に「ミシガン」で古今東西をすれば、きっと初めの連想8個中には「デトロイト」ってでてくるくらい、「ミシガン=デトロイト」の結びつきが強いのではないかと思います。


小学校高学年で社会をよく勉強されてる(覚えている)方であれば「デトロイト工業地帯」

地理好きな方なら「五大湖(名前も言ちゃってください)」「北海道と同じくらいの緯度」

ラッパーなあなたなら「エミネム!8マイル!」

ちょっとマニアックな方であれば「ミシガンUターン!」「ライセンスプレートは後ろのみでok!」でしょうか。


そしてきっと、本来の州都である「ランシング」って出てくるには、Michigander(否Michiganian)と古今東西をしても何周かしないといけないかもしれません。

むしろ、「MI古今東西」では、何周もできないかもしれませんね。


そんな「何もなさそうと思われている」MIですが、実は見どころ、食べどころ、遊びどころ、行き所満載!(原田調べ)
そして、私感ですが、もれなく「住めば都」が実感できます(笑)



緑の州といわれるMIは、自然と触れ合えるところが大きな魅力。
点在する大中小のNational Parkだけでなく、Mackinac IslandやTraverse City、砂丘や五大湖、ちょっとしたドイツ気分を味わえるフランケンムースなどの観光地はもとより、
自然の恵みである新鮮なフルーツや作物から楽しめるBreweryやWinery、そしてCider Millも点在、
広い土地を活かした酪農も盛んで、牧場も楽しめちゃうんです。
勿論、ゴルフ場はいたるところにありますし、カヌーやスキー・スノーボードなどのアクティビティも盛んにおこなわれているんですよ。

それだけでなく、歴史的建造物やミュージアムもあり、歴史が好きな人、自動車が好きな人、美術館に行きたい人も満足できるのではないかな、というラインアップ。

また、MIは「地価・教育の質・学費で高い」ことで有名(笑)。
有名大学のあるAnn Arborダウンタウンは学生だけでなく、ビジネスの人々でも活気づいているので、小洒落たカフェやレストラン、素敵なジャズバーや隠れ家風のバーなども実はたくさん!
そして、その他の各街々のダウンタウンにも個々にかなり特徴があり、訪れてみる価値ありです。


そしてMI発祥のものって、結構あるんです。
きっと皆様のお家にも一つはあるかも…??


Our 50 Favorite Products - Michigan Made Products http://www.realdetroitweekly.com/detroit/our-50-favorite/Content?oid=1549862


ケロッグやマイヤーなんかは有名ですが、
ドミノピザやビグビーコーヒー、そして実はあのアナスイのデザイナーさんもMI出身だったり…



Michiganで検索すると、結構いろいろ出てくるので、お時間のある方は、是非検索してみてください☆



今回はスペースのこともありますので、ダイジェストというか、Overviewですが…
次回から私のブログでは、MIの各街紹介ができたらいいなぁとおもいます。


お仕事の案件も多いので、NoviやAnn Arborあたりから行きたいですね。



***


それではちょっとまとまりのないブログになってしま申し訳ないですが、
今回はこれにて…


皆様、素敵なサンクスギビングをお過ごしくださいね♪





原田
2014-11-21
魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です
皆様初めまして、アクタス新人の原田と申します。

初ブログ当番が回ってきましたので、第一回目は私の自己紹介も兼ねて、
私の第二の故郷にあたるであろう、魅惑のミシガン州と私の関係を簡単にご紹介させいて頂ければと思います。

特別な理由はあまりないものの、私、なぜかミシガンにはご縁があるのです。
海外旅行大好きで休みごとに旅行していた私が突然「出不精」になったのは、人生初めて訪れたアメリカ、ミシガンに来てからな気がします。



***


早いもので、初めてアメリカで踏みしめた土地が、2005年2月の雪深い州、ミシガン。あれから10年が経とうとしています。

当時の私はまだまだアンダーエイジ、「デトロイトなんて危険!」と家族の制止も片手で振り切る勢いがあります。
ただ、飛び出す勢いはあるものの、超心配性なチキン原田。
これでもか!とかなり警戒しながらの重装備(笑)で友人を訪ねることにしたのです。


当初は1か月の滞在予定だったのに、なぜか4月の中旬までいました。
今では懐かしい、良い思い出です。




「大学はイギリスに行きたい」と思っていた私。
(両親に後生だから日本の大学へと懇願された)

「交換留学でもいいから、イギリスに行きたい」って願っていた私。

「大学院でも、それでもいいから、後生だからイギリスに!」と切望していた私。




あの日あの時あの場所で友人を訪れた日から、私の人生はMIの呪縛にとらえられてしまったのかもしれません。




因みにその後の私の略歴ですが…


交換留学先 アメリカ KY
(その時はMIで提携校がなかったのでKYでしたが、あればMIでした。因みに休みはずっとMIにいました)



在学中の海外旅行 アメリカMI 2回



大学卒業後 大学院進学 アメリカMI *この時初めての一人暮らし!in 2008



TESOL修士卒業間近 血迷って同学校にてカウンセリング修士修得決定 引き続きMI決定



今夏めでたく卒業 人生初の就職活動かぁと噛みしめる夏 still in MI



独断と偏見のOpen to Any Opportunitiesと喜び勇んで就職活動準備中、早々に州外より内定を頂く



シカゴ研修♡(MIから4時間離れた場所)←今ココ



年始よりMI勤務開始☆
…あれ?


しかも最後にとった修士のおかげで、MIでのカウンセラー資格もプラクティス中です。
注:現在仮免。本免許にするまで2年はかかります。また、本免許になるまで動かないが吉。
  ということはあと1年半は自動的にMI!



と、私の人生に現在、怒涛のMI縛りがかかっているのです。
地方ルールでしょうか。




***


因みに原田、アメリカに来てから7年ほどたちますが、訪れた州、なんとMIを除いてはIL(シカゴ)のみ。
INはILに行く途中で通過しただけ。。。


この話をするたび、「君は一体何をしていたんだい?」といろんな人から聞かれますが、

「勉強」

と質問者(友人知人)とは目線も合わせず、学生の本分をクール気取りでアピールしておりました。
就職してしまった今、もうこの手を使えないのが非常に残念です。




というのは半分本気の冗談で、
実際原田が他州にあまり興味を示さなかった理由は、もう一つあるのです。




「え、だってなかなか楽しいよMI(真顔)」




そうなのです!

仕事・学業以外での動きがほとんど見られないミシガン(それ以外で選んでくる理由がない)ですが、
地元がミシガンの方も、学業以外であまり他州に出ないんです。
*原田の偏ったサンプル調べ



そう、身体的な問題でなく、「人が動かない理由」があるんです、MIって。



***


そんな隠された魅力いっぱいなのに嫌煙されてしまうミシガンを皆様にご紹介できたらいいなぁと思っていた最近の原田。
「これは良いチャンス!」というわけで次回(来週)は、

「魅惑のミシガン、原田おすすめダイジェスト版」

をお送りさせて頂きます。


皆様の中にある「Mi=デトロイト=危険」の方程式を、壊せますように…
というわけで、来週の更新をお楽しみに♪



原田
2014-11-12
11/12/14 初カナダ旅行
今年も残すところあと7週間少しでしょうか。
早いものですね。今年、2014年を振り返ってみようと思いますが。1月の死にそうな冬の寒に始まり、短い夏だった!(夏があったかどうかも定かではないですが。。)ことが印象に残っています。

皆さんは如何でしょうか。

そんな中私は、10月中旬に初めてカナダに行ってきました!なんと母と二人で親子水入らずのナイアガラの滝(カナダ)旅行です。

シカゴから飛行機でNYのバッファロー空港に飛び、そこからは車でカナダに入国。入国するまでも車で迷って迷ってやっと入国。入国の際、母が観光気分で携帯カメラでパシャ!パッシャ!っと撮影をしていると、入国官に注意され、冷や汗。(*母は何を言われているかもわからずアタフタ) そんなこともありながら無事に入国し、ナイアガラの滝を見学、船にも乗り、滝の横を散歩し、滝の中も見学し、夜の花火や滝のイルミネーションも十分に満喫し、既に1日で全てを見終わってしまったのですが、何とあと1日半もスケジュールがのこっておりアメリカにも帰れず、2泊滞在。

次の日は、ナイアガラの特産品のひとつとして、アイスワインが有名と聞いたので、ワイナリーにお酒の飲めない母を連れてワインのテースティングに廻り、その後、Niagara-on-the-lakeという小さな町でショッピングと散歩をして時間をすごしました。*ちなみに私のお勧めのワイナリーはJackson-Triggs Niagara Estate Wineryです。

帰りのアメリカの入国審査も無事に終わり、帰りは母のリクエストでバッファローの空港で、バッファローウイングを食し、満足で帰ってきました。行く前に確認しなかったのが悪いのですが、ナイアガラは1泊で十分ですね。

皆さんはご両親との旅行は経験ずみでしょうか?私は、何度も経験しておりますが、何時も何かがおこるのですが、今回は無事に、病気も大きな事件もなく帰って来れました。本当によかった。

初めてのカナダで絶対に寒いと思い、着込んでいったのですが、非常に暖かい時期で、以外にシカゴに帰ってきた時の方が寒くてビックリでした。

今年も長い冬が始まったばかりのシカゴより
稲葉