ブログ

2017-01-25
ジクソーパズル
こんにちは、シカゴ支店の鎌田です。
昨年のクリスマスにプレゼント交換で1000ピースのジクソーパズルを貰いまして、先日それがようやく完成しました。
毎日こつこつ少しずつ続け、約3週間かかりました。

パズルのコツをネットで見ながら、試行錯誤しながら進めていったものの、絵柄が森の写真だったので、上下左右すべて緑。ピースははまるものの、柄で判断ができないため、合っているかどうかわからないレベル。
箱を開けた時には3日くらいでで終わるかも~と思っていたのですが、1週間経つころには、「なんで100じゃなくて1000ピースなんだ」「しかも絵柄が森なんて、なんでもう少し簡単なものにしなかったのか」「何故このような苦しみを私に与えるのか」など、パズルをくれた相手に対する憎しみの感情まで生まれ、この永遠に終わらなさそうなパズルに、頭の中のちゃぶ台をひっくり返したい気持ちでした。

が、それでもなんだかんだ少しづつ完成していく様は面白く、2/3終わるころには「全部のピースは最初からあるのに、どれがどこにはまるか分からない。色んなピースを手にとっては、はまる・はまらないを繰り返して、、、パズルって人生みたいだ、、、。」なんて悟りの境地に至り、最後の30ピースは「うりゃー!仕上げだー!ははははは!ついにやってやったぞ!」と、ハイになり、様々な感情を織り交ぜたパズルは完成しました。
あれだけ早く終わらせたかったパズルも、終わってみると名残惜しく、最後のピースをはめる時は卒業式を迎えた学生のような、とても感慨深いものがありました。

ジクソーパズルは記憶力、集中力、想像力などを高めるのに効果的で、こどもの知育や高齢者のリハビリにも役立つそうです。また、宇宙飛行士の選抜試験でも忍耐力を測るために採用されており、脳を鍛える遊びとして、もしくは宇宙飛行士になる予備訓練(笑) として有効かと思います。脳トレに興味がある方は、ぜひジクソーパズルをお試しください。


シカゴ支店
鎌田
2017-01-17
新年の抱負
皆様、本年も宜しくお願いいたします。早いもので、シカゴに来て5年目になろうかとしております。こんな寒い地に住むとは思っていなかった稲葉です。

ところで、日本には「一年の計は元旦にあり」という言葉があります。何ごとも最初が肝心とか、元旦の過ごし方でその年が決まるとか、今年の目標は元旦にたてるといい、といった意味で使われていますね。アメリカでも同じで、このような新年にたてる目標を New Year’s Resolutions (ニューイヤーズリゾルーション)といいますよね。
当然のように新年の抱負や目標を立てますが、これに意味があるか?と考えてみて色々と検索をしましたが、多くの心理学者の方の研究や意見では、「効果(意味)があります」という回答でした。
理由としては、新年には多くの人が、立ち止まって、これまでのことを振り返ったり、自分の生活に意識を向けることができる時期で、「今年はこうする」と誰かが言ったとき、周りの人も「いいわね、がんばって」とサポートしてくれやすい時期だからのようです。
また、January (1月)という名前は、ローマの Janus(ヤヌス)という、物ごとの始めと終わりをつかさどる神の名前から取られました。この神さまの顔は、未来と過去の両方を見ています。1月は過去と未来を見る月なのですね。そう考えるととても大きなチャンスをあたえられている月だと思います。
私も今年の目標を立てましたが、三日坊主で終わずに、達成できるように頑張ります。
稲葉
2017-01-10
言葉遣い
皆さま

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまは新年の目標を決めましたか?
私の2017年の目標はより綺麗な言葉遣いを身に着けることです。

私は話すときに割と擬音が多かったり、親しい友人との会話ではカジュアルな単語を使うことがあるので、今年はそれを適切な言葉に置き換えていきたいと思っています。

ネットリサーチしてみたところ、例えば以下を気を付けると文章の印象がかなり変わるそうです。

• 助詞を省略しない(これそっち置いて→これをそっちに置いて)
• 言葉尻を丁寧に(すげー→すごい、ありえねー→ありえない)
• 「ん」で代用しない(出来ないんですが→出来ないのですが)
• 省略しない(ダメっしょ→ダメでしょ、〜ッス→〜です)
• 若者用語を使わない(ヤバい、ウケる)
• 語尾を伸ばさない
• 「ら」を抜かない

before「うちん家に猫いんだけど、マジ超ヤバいよ。寝顔とかウケるし、見たら絶対欲しくなっから」

after「うちの家に猫がいるんだけど、凄く可愛いよ。寝顔が面白いし、見たら絶対欲しくなるから」

明らかにafterの方が知性を感じます。

読書をすることは言葉のボキャブラリーを増やし、表現力を豊かにするのに役立つようです。

また別の問題として英語圏にある程度住んでいる方は多かれ少なかれ、日本語に英単語が多めに混ざり始めるという傾向があるようです。
結果英語も日本語も中途半端になるという恐ろしい事態になる前に、今年は言葉遣いの改善を目標に掲げ、読書に励みたいと思います。

竹田