ブログ

2017-03-29
LeadersⅡ
私のシカゴ生活もこの4月を迎えると、5年を経過してしまいますが、今年は残念ながらシカゴらしい冬ではなく、非常に暖かい冬でなんだか、春や夏を有難いとおもえないかもしれません。笑。

そんな中でも外に出るのがちょっとという先週末に観たのが日本のトヨタ自動車の創設者の豊田喜一郎氏をモデルとして作成したドラマLeadersⅡ(TBS系)。非常に感動したのと、日本人ってすごいなあと自分の国民を誇りに思えたので共有します。

前作は2014年に放送されており、その際は、国産自動車を製造を成功させ、外国メーカーに勝つという、どちらかというと愛知自動車(ドラマでは、愛知自動車です。)を中心に描いており、創設者である愛知佐吉(豊田喜一郎氏)や周りの人間の技術に対する情熱や努力に感動をしたのを覚えています。この方がいたから、現在の世界に誇れる、日本自動車産業があるのだと再確認しました。

今回は、愛知自動車(トヨタ自動車)だけでなくもう少し回りの環境、下請け企業や販売店(営業)にフォーカスをして、なぜ愛知の自動車が売れるようになったのか、また、苦しい時(倒産寸前な時)でも、なぜ愛知自動車を販売店が応援し続けたのか、そう愛知自動車だけでこの成功は無かった、関連企業や金融機関までもが日本の自動車産業のために、彼らを支援した様子が描かれています。

私自身、仕事で自動車業界の方とお会いすることも多く、日本の技術の素晴らしいさは理解していました。でも、このドラマをみて更に感じたことは、戦前そして戦後から資源のない日本が成長できた要因のひとつは、自動車産業の発展。また、この発展を支えたのは、豊田喜一郎氏をはじめとする当時の自動車産業の関係者の夢と情熱が大きな要因だと感じました。このドラマをみて、自分の仕事に夢や情熱を持って取り組みことの大切さを再確認しました。
稲葉
2017-03-22
3/22/17 Saint Patrick's Day 2017
皆さま

こんにちは。NY支店の竹田です。

3/17はセントパトリックデーでした。

セントパトリックデーはアイルランドの祝日ですが、アイルランドからの移民が多いNYでも盛大にお祝いされています。毎年この日は多くのニューヨーカーが緑の服を着たり、緑のアイテムを身に着けて街に出てきます。エンパイアステートビルは緑色に輝き、アイリッシュバーは大勢のお客で夜遅くまで盛り上がる楽しいイベント的な日といった感じでしょうか。

Actusのオフィスがパレードの行われる5番街に近いため、ランチを買いに外に出ると大勢の緑をまとった人々が道を埋めつくしていました。
写真はパレ―ド行進前の準備をしているところです。

アイルランドに伝わるLeprechaun(レプラコーン)という緑の小さいおじさんの妖精がいたずら好きということから緑色を身に着けていないとつねられるという風習があるとか。

私はパレードで演奏されるバグパイプの音が好きです。吹く系の楽器は少し経験がありますが、これはどんな仕組みで音が出るのか興味津々です。
聴いているとなんだか懐かしいような不思議な気分になりますよね。

NYはいろんな国の文化に触れることができて楽しい場所だなと改めて感じた一日でした。



2017-03-15
3/15/2017 新しい環境 
最近住んでいるアパートのすぐ裏で、新しいアパートの建設のため、今まであった平屋建ての古い工場が
壊された。
朝の7時から重機を使っての作業で、100歳近い私の住んでいるアパートは、地震があったかのように
重機の動きに合わせて揺れ、この建物も一緒に倒れてしまうのではないかと思うほどで、昼間は会社に出かけているためそんな不安は忘れていたが、どうなってしまうのだろうと思っていた数日後に工場の建物はなくなり、
さらに数日を使って瓦礫などの撤去をして、あっという間に何もない空間だけになってしまった。工場と隣の建物の隙間に20年来住んでいたというリスの家族も、彼らにとっては何の前触れもなく、住むところを失ってしまうこととなった。

外壁などがレンガでできていた工場の次第に形を失っていく様子やレンガの山に、教科書には載らないけれど、
たしかにNYという街の小さな歴史のひとつだったものが消えていくのを目にして、なんだか淋しい。
けれどもかつてはその工場も、そこにあった何かを破壊して作られたもののはず。そう考えると、移り行く景色も受け入れやすくなった。


グランドセントラル駅のすぐそばに、近い将来高層のビルが建設される予定の場所がある。
今は地面に大きな口をあけたような穴が開いている。
敷地の周りは高い壁で囲われているが、窓が所々あり、覗き込んだ通りすがりの人々の興味を満たしている。
出来上がりの高さを考えると、ほとんど作業が進んでいないかのように、毎日同じように地面を掘り返して
基礎工事に時間が掛かるのも分かるが、穴の中で働く人達やショベルカーをその覗き窓から眺めると、
どれだけ深い穴かとさすがに驚嘆させられる。 昨日の大雪で、除雪だけでも大変そうだ。

ここにもかつて、レンガ塀の建物が建っていた。
毎日その前を通り過ぎながら気がつかなかったが、重ねた建物のリノベーションなどで、レンガ塀は
すっかり覆われていたらしい。何十年ぶりかで日の目を見た、かすかに残った壁の広告の絵や字もレンガ塀と一緒にただの瓦礫になり、あっという間に持ち去られてしまった。


自分が住んでいる建物よりもはるかに高くなるだろう新しい建物によって、窓から毎日の天気を伺うように
眺めた空も、近いうちに見えなくなり、隣の窓からの視線を避けるように分厚いカーテンが必要になるに
違いない。

裏にポカリと空間ができた数日後、2匹のリスが裏の木の間を移動しているのを見かけた。どこかに新居を見つけて、いつもの忙しい日常業務にもどったようだ。

神長
2017-03-08
3/8/17 スポーツ
こんにちは。ダラス支店の山田です。

ここダラスでは3月に入り、気温が上昇し、スポーツをするにも最高の季節となりました。
他都市に比べて観光地が比較的少ない(あくまでも個人的感想です。。)ダラスでは週末にスポーツを楽しまれる方がたくさんいらっしゃいます。たくさんの趣味を持っていない私ですが、スポーツは大好きです。少しかじった程度のものもありますが、これまでに経験してきたスポーツはソフトボール、バスケットボール、バレーボール、陸上(長距離、競歩、投擲)、ゴルフ、キックボクシング、ブラジリアン柔術などがあります。特に格闘技系のスポーツが好きです。アメリカに来てからは、新たなスポーツに誘われる機会も多く、色々と挑戦してみたいとは思いますが、体は一つ。折角スポーツに打ち込むなら筋トレや体づくりの事も考えてできる限り同系統のスポーツで固めていきたいところ。そんなことを考えている内に、そもそも何種類(系統)のスポーツがあるのか気になったので少し調べてみました。

陸上競技、混成、水泳、体操、球技、ラケット、格闘技、水上、陸上滑走、射的、水中、パドル、空中、雪上、対戦、パワー、モーター、動物、その他、マインド。

多い。。。。
しかも系統で分けてあるだけですので、とんでもないスポーツの数があることが分かります。
分かりにくいものもあるかと思いますので、例を挙げますと、混成スポーツはトライアスロン、バイアスロンなど。水上スポーツはサーフィン、ライフセービング、釣りなど。陸上滑走スポーツは自転車、一輪車、スケートボードなど。水中スポーツはフリーダイビング、スクーバダイビング。パドルスポーツはカヤック、ラフティングなど。空中スポーツはスカイダイビング、熱気球、バンジージャンプなど。雪上スポーツ(その他)はボブスレー、リュージュ、雪合戦など。パワースポーツはボディビル、ウェイトリフティング、綱引きなど。動物スポーツは馬術、ロデオ、犬ぞりレースなど。その他はブーメラン、チアリーディング、縄跳びなど。マインドスポーツはオセロ、ポーカー、将棋、囲碁など。

それはスポーツ?と突っ込みたくなるものもありますが。。。
数はたくさんありますが、時間やコスト、練習の環境などを考えると個人個人で実際に取り組めるスポーツ数には限りがあることがよくわかりました。私はこの中だとやはり陸上競技と格闘技系スポーツですかね。マインドスポーツは大の苦手ですが、インターネット上でもできると思いますので、一番気軽に取り組めそうです。高所恐怖症の私にとっては、空中スポーツはこれからも一番縁遠いかと。。皆さんも新たなスポーツに取り組んでみてはいかがですか?