ブログ

2018-03-28
高校野球、使用上の注意
3月の下旬に一時帰国をして、幾つか日本を改めて感じてきました。
アメリカ生活が長い方へ。花粉が凄いです。もし、日本での生活を送っていた時に、
花粉症だった方は心してご帰国ください。マスクと眼鏡は必須です。
年々花粉の威力が増しているようです。桜をじっくり眺めるにも一苦労でした。

そんな日本の春ですが、久しぶりに春のセンバツ甲子園の開会式を
テレビで見たのです。高校球児のハツラツとした行進は昔も今も変わりません。
また、お偉いさん方の長くて、単調な挨拶も変わらずで。。。。

さて、参加校一覧をみると、常連校に紛れて、新興の私立校の名前も多く見受けられました。その一方で、公立校の数が年々減っていることにも気づかされました。本来は高校野球は部活動の一環、教育の一環で、営利目的では無いのですが、高校野球は紛れも無く、日本のアマチュアスポーツの中で、最も注目され、最も経済効果の高いものの一つです。そのため、私立高校は、野球部を強化し、甲子園に出て、学校名を宣伝。その後有名になった時点で、進学にも力を入れる。と言った流れがあるようです。

私立は全国から有望な選手をスカウトし、特待生として入学させ、野球に専念させます。一方で、公立は県内の生徒が一般入試を経て入学、そして入部となるので、どうしても戦力に差が生まれます。部活動の一環、教育の一環として見たときに、何かすっきりとしないものです。私立の場合、もはや部活ではなく、クラブチームの様なイメージです。

今年はセンバツが90回大会、夏は100回大会となる節目を迎える高校野球。古い体質で知られる高校野球連盟ですが、そろそろシステム更新の時期を迎えているのではないでしょうか?ビジネスと教育の狭間で消耗されているのはいつも選手です。より良い環境作りが進むことを願います。


2018-03-21
3/21/2018 ミュージカルのチケットが高い
ですよね。私はミュージカルが好きで、ベーシックなものはほとんど見ており、つい先日も”Carousel”というものを見てきました。

さて、ミュージカルはお好きな方はお好きかと思うのですが、チケットがすごく高いですよね。

確かに、キャストへのお給料や、衣装代、ライティングや舞台装置、広告宣伝費など、お金かかりそうですけど、調べてみたところ、平均1つのBroadwayミュージカルを製作するのに$2,400,000もかかるそうです。そしてオペレーションに週$300,000。。。

高いものになるとプロダクションに$9,700,000、ランニングコストは週$590,000だそうです!座席の数は限られているので、回収するためにはできる限り1人1人から搾り取らないといけません。

FamousかつInfamous(チケットの入手困難さ等)なHamiltonですが、3時間弱のショーで、1枚$1,000超えなんて話も当たり前に聞かれるので、観光客を含めそれでも買う人がいるということと、Broadway側からしても巨額なコストを補填していかなければならないということでしょう。

Carouselのチケットも1枚$170ほどでした。。。当日ディスカウントのTKTSで購入しても有名なショーだと50%引きで$100超えてきます(比較的良い席ということもありますが)。お子様がいらっしゃる方は家族で見に行く場合x3やx4!仕事帰りにちょっと寄っていくなんてものでは到底ないですが、個人的には時々のご褒美や、ロッタリーにかけて今後も細々と楽しんでいきたいと思います。
2018-03-09
聖パトリックの祝日-St. Patrick's Day-
シカゴ支店のリクルーターを担当しております、クックです。

あと一週間ほどで3月17日のSt. Patrick's Dayですね。
日本ではあまりなじみのない日ではありますが、アメリカではアイリッシュ系の方々をはじめとして、大きなお祭り騒ぎ、お酒祭りになるようですね。

去年アメリカに来たばかりの私より、皆様の方がよっぽどお詳しいとは思いますが。
さて、このSt. Patrick's Day、何の日なのでしょうか?緑色とお酒のイメージしかないので、少し調べてみました。

祝日のお名前にもなりました、St. Patrickさん。この方はアイルランドにキリスト教を広めた方で、3月17日はSt. Patrickさんの命日なんだとか。別名「緑の日」とも言われ、緑色の物を身に着けて祝う日ですね。

今の時期、スーパーの一角はバレンタインデーの赤色からSt. Patrick's Dayの緑色に早変わり。


(所説あるかも)アイルランドでは、何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれていて、正式に祝日となったのは、1903年。実はこの時、St. Patrick's Day=緑、じゃなく、もともとは青色で聖パトリックさんが青色を身に着けていたことから、St. Patrick's Blueと呼ばていたんだとか。
それでは、なぜ、青ではなく、緑になったのでしょうか?
それは、アイルランドの国旗の色に由来が隠されているようです。
アイルランドの国旗の色は緑、白、オレンジの三色で構成されていて、緑はケルト、カトリックなど、アイルランドの古い文化要素を、オレンジはプロテスタントなど新しい文化要素を、白は両者の平和を表すといいます。
また、聖パトリックは三つ葉のクローバーを使って、God the Father, God the Son, and God the Holy Spiritの三位一体説を教えたんだとか。
なので、このクローバーと国旗の表したものがカトリックだったので、緑が全体の象徴を表しているのかもしれません。

さて、今年は残念なことに、祝日が土曜日なので、St. Patrick's dayがお休みの会社様は、お休み減っちゃいましたね。

アメリカもアイルランドに負けず、大きいイベントがあるようで、我らがシカゴはWikipediaにニューヨークより先に紹介されるほど、盛大にお祝いされるようです。

シカゴ川が不気味なエメラルドグリーンに輝くのを私も今年は見に行こうと思います。

皆様、盛大に楽しみましょうね!

クック
2018-03-07
免疫力アップ!
こんにちは、ニューヨーク支店の八巻です。

本日ニューヨークでは、Winter Stormの警告が出ていて、
午後から雨交じりの雪が降っています。
予報であった10 inches以上の雪は積もらなそうですが、
3月に入ってもまだまだ寒い日が続いています。
最近暖かい日が続いていたので、今年も苦手な冬を乗り越えたー!と思っていたのですが、、
また来週も雪予報とまだまだ冬は長いようですね(._.)

今年はアメリカでインフルエンザが大流行!ということで、
私も人生ではじめて1月にインフルエンザにかかりました。。
診断をしてもらったとこ、Flu AとB両方にかかっていて、、
どうりで身体全体が痛く、数日間起き上がれなかった事に納得です。

1月にインフルエンザにかかったので、
もう今年は大丈夫!と思っていたのですが、油断をしておりました。。
また先週末より喉風邪を引いてしまい、やっと声が復活してきたところです。
また風邪と、、免疫力アップする必要があるなと思い、
免疫力アップ方法を検索してみました。

いくつか記事を読んでみて、運動など色々な方法がでてきましたが、
多かったのは、免疫力を上げるには、腸環境を整えること・免疫細胞自体に働きかけることだそうです!
腸内細菌のバランスを整えるような食べ物(ヨーグルト)を摂取するとともに、
ビタミン・ミネラル等多くの種類の食材を摂ることが大事だそうです。
(確かにいつも無意識に好んだ物を食べていました、、)

免疫力の60~70%は腸にある!とのことで、
早速今夜から意識して食事改善をしてみようと思います。