ブログ

2019-01-30
早口言葉
こんにちは。テキサス支店の山田です。
突然ですが、こちらの早口言葉に挑戦してみてください!

①おっとっととっとってっていっとったとになんでとっとってくれんかったとっていっとーと

②キットカット買っとかんとかんかったのにあんたが買っとかんかったでいかんかったんだわ

③しゃべればしゃべったってしゃべられるし、しゃべねばしゃべねってしゃべられるし、どうせしゃべられるんだばしゃべねってしゃべられるより、しゃべたってしゃべられたほうがいいってしゃべったってしゃべってけ

④ぷっちょとっちょってっちいっちょったんになんでとっちょってくれんかったん?

1回目の挑戦で全てをクリアできる方はまずいないと思います。
その理由はこれらは方言早口言葉だからです。

①は福岡県、 ②は愛知県、 ③は青森県、 ④は大分県 の方言に縁のある方であればクリアできるそうです! 私は2番だけ、いとも簡単にクリアできましたが、他は全くできませんでした。先日ダラスで行われた愛知県人会で、名古屋弁がネイティブレベルかどうか確かめてみようと突然出た問題だったので、クリアできてホッとしましたが。。。

ちなみに意味は

①おっとっと(森永製菓のお菓子)を取っておいてね と言っていたのに 何で取っていないの て言っているの

②キットカットを買って置かなくてはいけなかったのに、貴方が買っておかなかったのがダメだったのだ。

③言うと言ったって言われるし、
言わないと言わないって言われるし、
どうせ言われるなら、
言わないで言われるより、
言って言われたほうがいいって言ってたって、
言っておいてちょうだい!

④ぷっちょ取っておいてって言っておいたのになんで取っておいてくれなかったの?

だそうです。面白い方言早口言葉がたくさんあるので、
皆さんも調べて挑戦してみてください!
2019-01-23
制作費が安いヒット映画
年末年始もあっと言う間に過ぎてしまいました。
実は『平成最後の』年越しだったんですよね。時代の流れを強く感じるこの頃。。
本年もよろしくお願い致します。

さて、近年、あまり映画を見ていなかったのですが、飛行機移動が増えた昨年は、
機内で映画を見るようになりました。その中でも、邦画をよく見ました。米系の
飛行機でも、日本語コンテンツが増えて嬉しい限りです。日本に住んでいた頃は、
邦画ってあまり見なかったのですが、日本語コンテンツに飢えているのか、邦画
優先で見ております。

そのなかでも、2018年の注目作品といえば、やはり、『カメラを止めるな!』
ですね。これは、色んな方が推薦していたのですが、見てみると、なるほど、
素晴らしい作品だな、と思いました。ゾンビ映画なのですが、ストーリーの展開に
特徴があり、最後まで飽きずに見る事ができるのです。始めこそ、制作費の安い、
ありきたりの映画かな~って思うものの、その展開に引き込まれていきます。
ネタバレになるので、細かい点は触れませんが、機会があれば是非ご覧ください。

因みに、この『カメラを止めるな!』の制作費ですが、わずか、300万円!
2018年12月現在の興行収入は、驚きの、30億円超!!観客動員数は200万人。
ハリウッドの超大作も良いですが、低予算の邦画でも素晴らしい映画がたくさん!
極寒の冬、週末はお家でぬくぬくしながら邦画でもいかがでしょうか~?



2019-01-16
Prenupのはなし
みなさんPrenupをご存知でしょうか?


Prenuptial agreement、つまり婚前契約書です。
結婚生活上の小さな取り決めから、離婚することになった時の資産分与までを結婚前に取り決める、
法的効力を持つ夫婦間の契約書です。


最近、AmazonのCEOのJeff Bezosが、25年連れ添った奥様と離婚するというショッキングなニュースが出てきました。ふだんゴシップに興味がないような方でも、こちらのニュースは興味深いのではないのでしょうか。
Jeff BezosのNet worthは133.8 Billion USD(1/15/2019)!!、世界一のお金持ちです。(Bill Gatesよりもぜんぜん上です!!)ちなみにBezos夫妻が住むWashington州は50・50%に分配される地域だそうです。25年前、Amazonを創設する前に結婚した二人、、、Prenupもなかったのではないかといわれております。


さて、アメリカでもPrenupが最近一般庶民までひろがってきたという記事を見ました。今までだったら、お金持ちやセレブリティー、親の資産がある人などが中心でしたが、アメリカの離婚率はだいたい50%前後、“とりあえず”やっておいたことがあとで自分の身を守ることになるのかもしれません。なにより、将来何が起こるかわかりませんし。。。


とあるNYの離婚弁護士が、多くの結婚するカップルは、結婚式の場所やケーキのフレイバーをどうするかばかり気にするが、それよりもPrenupを済ませ、結婚したことにより、法的に何がどう変わるのか、また相手にどれだけ資産があるのか、もしくは借金があるのか、きちんと理解をしておく必要がある、と言っていました。


どうですか?たしかにな~でしょうか?それとも、婚約者からPrenupの話なんてされた日には、あなたの愛もさめてしまいますか?話は戻りますが、Jeff Bezosの浮気(からの本気?)が離婚原因なのではと、ちまたではうわさされています。奥さん、きれいなので50%もらって頑張ってほしいものです。

成瀬
2019-01-07
プライド
皆様、本年も宜しくお願い致します。

シカゴ支店のクックです。

ついに2019年ですね。今年もワクワクすることをいっぱいして、後回しにしてきたことも挑戦する年にしていきたいです。

なんですが、そんな時、プライドって本当に邪魔ですよね。

プライドって持たないとプライドを持てと言われ、プライドを持つとプライドありすぎと言われ、プライドのバランスって難しいな、と思ってます。

個人的にはプライドは非常に低いつもりだったのですが、プライド高いんだ、と気づいたのは最近のことです。

実は私だけじゃなくて、知らん間に持っちゃてたプライドはみんなあると思うんです、たぶん。

公の場に立つことや新しいことに挑戦することへの恐怖心って実はプライドが邪魔しているっていうことはないでしょうか?

やりたい、挑戦したい、興味ある!ことはいくつもあるのに、誰かに何を言われただの、言われるだの、失敗したとき恥ずかしいだのという気持ちは、自分の中で既にまあまあ高いバーを掲げてそこを超えることが当たり前、超えられなかったら「失敗」としてしまうのは、ある程度の高めのプライドが知らず知らずのうちに存在しているからではないでしょうか?

と、いうことで、私は「プライドを捨てる」は至難の業だと思うので、高すぎたバーをめっちゃくちゃ低くして「やれば◎」を自分にあげる勢いで全部挑戦していきたいと思います。

なんでもやったもん勝ち!
2019-01-02
謹賀新年
皆様、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、社員一同心から感謝申し上げます。

21世紀に入ってからテクノロジーの発達により人間社会の営みが大きく変わりました。
さらにここ数年は、我々の想像をはるかに超えた情報革命が起き、超情報化社会が訪れました。これによって、一日、一年の速度がより一層早くなったと感じられている方も多いのではないでしょうか?

今年の干支である「亥」のごとく猪突猛進に突き進むのも良いですが、与えられた一日をじっくりと、そしてしっかりと味わいながら過ごすこともこの時代だからこそ大切なのかもしれません。

2019年が皆様にとって味わい深い一年となるよう心からお祈りしております。

本年もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役
鈴木剛央