ブログ

2019-06-26
念願のヨルダンへ
シカゴ支店のクックです。

ちょこっと前に話にはなりますが、ついに、ついに、ついに!

念願のヨルダンへ行って参りました。

なぜヨルダン!とよくご質問頂きましたが、ヨルダンは私のBucket List No.1のペトラ遺跡があるんですね。

ちょうどいろんなタイミングが良かったのもあり、父とヨルダンで待ち合わせをして、北から南へ旅して参りました。

ヨルダン、皆様どこにあるかご存知でしょうか?

北はシリア、西はイスラエル、南にサウジ、東にイラクと、その間に挟まれている国となります。

ヨルダンって、意外と小さいんですね。大都市アマーンから、アカバという紅海に面した都市まで、車で4時間。

沢山の観光客は観光客用バス、もしくはレンタカーをしている人が意外と多かったです。


ヨルダンといえば、日本人からするとペトラ遺跡!なイメージだと思うのです(私だけでしょうか)、その他諸々に国の人からしてみると、キリスト教の聖地なんですね。

JesusがBaptizedされたと言われる地や、彼らがSacred Waterと思っているJordan river(ここを超えるとイスラエル)もあって、しっかりミーハーになって見てきました(辺鄙で暑いこの地で水が貴重なのにもかかわらず、父はペットボトルの水全部捨てて、持って帰るんだとか言って、Jordan Riverの水をペットボトルに収めてました(笑))。

その他、死海に入って、泥パックしたり、Wadi Rumという岩だらけの大自然でひたすら岩を上ったりキャンプしたり、Aquabaで人工的に沈められた飛行機を見るためスノーケリングしたりと、私の旅の中ではなかなか贅沢な旅となりました。

というのも、まさかのヨルダン、アメリカより高いです。

もちろん観光地にいたのも大きな要因ですが、何もかもが、ん?!っていう値段でした。特にレストラン。しれっとサービスフィーをふんだんにトッピングされることもしばしば。現地レストランを見極めれれば、食べ物は安く手に入ります。


ここからが本題です。

私の愛するペトラ遺跡。私の感動した話、聞いてください。

普通、世界遺産系って行く前から写真やテレビで見たことあるので、姿形を知っている分、感動が少なく、チェックポイントとして、見て、はい次~!ってなることが多いので、今回も期待はしながらもそんな感じかな~と思っていきました。

だがしかし、Petra won't let you down です。もちろん人それぞれ感動するものって違うので、わかりませんが、初めてずっと眺めてしまった遺跡でした。

ペトラ遺跡といっても敷地はおっきいのでいろんな遺跡があるのですが、私が目を離せなかったのは、やっぱり一番有名なTreasuryと呼ばれるものです。

ただただ美しかったです。

紀元前の時代に巨大な岩に彫刻があんな細かくほれたって、信じがたいですが、しっかり目の前にありました。

以上!




さて、いつか皆様がペトラ遺跡に行かれた際に、お役に立てれたらと思います。

ペトラ遺跡。現地民や観光客、誰にきいても1日じゃまわれない、とものすごいビビらせられます。

ですが、ご安心ください。しっかりまわれます。

確かに広いし、暑いし、歩くのに慣れてない方は難しいかもしれませんが、ちゃんとすれば、まわれます。

時間がある方は2day passがあるので(行く前にヨルダンパス(ヨルダン入国ビザやPetraのパスなどが含まれている)を買うと死ぬほどお得です。)、2日に分けるといいです。

1日で回るお勧めルートは、日がちょっと暮れ始めた3時以降(5月くらいの場合)くらいにタクシーで裏の入場口まで運転してもらって、わりとガチめの山を登って(これは結構しんどいし、若干迷子になりかけますが、方向音痴の私でもたどり着いたので大丈夫です)、通常の逆コースでスタートすることです。

そうすると通常は途中まで行って帰ってで1日終わりますが、往復がなくなるので、片道で全部見れるというわけです。

ペトラの運営時間は一応ありますが、それ以降の退出は可能です(ただ暗くなるとちょっと怖いので、夕日が見れるくらいには帰ってください)。

この逆コース、何が良いって、片道ですんじゃうのもいいですが、一番奥にあるMonasteryからの階段が下りなのが最高です。通常の体当たりコースは永遠と続く階段をあっつい中登らないといけないのが、逆コースはそれを避けられるのです。



(知っている方もいらっしゃるかもしれませんが)その他学んだことは;

- 死海に行くなら、ホテルの入場券勝った方が良い。タオル、シャワー、プールとかが使用でき、優雅に1日死海にいれます。「1時間くらいでいいよ」、と自前のタオルだけ持っていくと、シャワーない、塩だらけ、着替えれない。という事態に見舞われます。

- レンタカーが断然便利(国際免許証不要。)。バスもいいですが、やっぱりタイムテーブルがあるので、不便です。数日の場合はレンタカーがお勧めです。

- お酒。イスラム教の国なので、首都のアマーンは割とすぐバーやらなんやら見つけられますが、ペトラ地域などではホテルのみでしか販売が許可されておらず、お酒を探すのは苦労しました。

- だいぶゆるめのイスラム教なのか、いろいろ頭に巻く必要はありませんでしたが、足なんか出そうもんなら、あなたは注目の的!なので、露出はちょっと注意が必要そうです。

- イスラムは合法で計4人の奥さんを持つことが許されます。出会う人、出会う人、「腹違いだけど、俺20人兄弟!」などよく耳にしました。いいなあと思う人もいるかもしれませんが、すべての妻を平等に扱う必要があります。なので、もし1人に家を買えば、全員に買い与えないといけません。つまり、基本お金持ちのみに許される権限ですね(笑)




2019-06-19
きめ細かいサービス
こんにちは、アクタスNY支店の八巻です。
先月約3年ぶりにアメリカを離れ、ロンドン・パリ旅行へ行ってきました!
コツコツマイルを貯めていましたが、NY⇔Parisの航空券は、NY⇔Londonの倍マイルだったこともあり、、
マイル節約、この機会に2都市行っちゃおう!とロンドンまでフライト、
パリまではEurostarという列車で移動しました。
パリまでは列車で2時間ちょっと、ヨーロッパ行く数週間前にDCに行ったときは、
渋滞などで片道4時間以上かかったので、改めてアメリカは広大なんだなぁと実感しました。

みなさんは旅行での一番の楽しみはなんでしょうか?
食いしん坊の私は、とにかく"食食食"です。
パリでは、本場フレンチ料理を堪能することが第一目的!
ワイン、エスカルゴやマカロン、クレープ等、思う存分堪能しました~!
地元の知人お勧めビストロへ行ったのですが、食べ物もそうですが、
何より一番感動したのは、料理を出すタイミングです。

こちらのレストランはオープンキッチンで、ヘッドシェフの方が、
レストランのテーブルを見渡せる位置にいて、
そこからシェフへの指示出し、料理の仕上げを行っていました。
ヘッドシェフは、客席を常に凝視(すごい目力でした。笑)、サーバーとも細目にコミュニケーションを図り、
時々声を荒げる姿もありましたが、デザートの流れまで無駄がなく綺麗で、素晴らしいサービスでした。

料理の味だけではなく、料理を提供するタイミングまで、
お客様のハートを射抜くきめ細やかな美しいサービスを学べだ旅行でした。

八巻
2019-06-12
6/12/2019 日本に帰った時の楽しみ
こんにちは、シカゴの鎌田です。
アメリカ在住の皆さんの「日本に帰った時のお楽しみ」は何ですか?
美味しいものを食べる、美容院で髪を切る、洋服を買う、気の知れた友人と飲みに行くなどあるかと思います。
私の場合、古本屋に行くことが一つの楽しみです。

日本に住んでいた学生時代は学校が終わったら図書館に寄って本を借りて通学中に読むのが日課でしたが、アメリカに来てからは日本の本が手に入りにくい環境だったのと英語を勉強せねばとの思いもあり、日本語の本を読む機会はぐんと減りました。
それでもやっぱり活字が好きで、一時帰国時には毎回スーツケースに本を詰めて帰ります。
4月に日本に一時帰国した際にも、古本屋で大人買いしてきました。とっておきのチョコレートをちびちび齧るように少しずつ、少しずつ、読んでいたのですが、それも先日ついに読みつくしてしまい、次の帰国が待ち遠しいです。

私は色々なジャンルを読むのですが、フィクション系だと特にお気に入りは浅田次郎氏です。
浅田氏は真面目な話も書いていますが、人情や任侠を大事にした話が多く、ヤクザ物や時代物が得意な作家さんです。彼の書く話は、思わず笑ってしまう場面からウルっとくるような場面が一冊の中に凝縮されており、読み始めから再最後の1ページまで飽きることなく読むことができます。
映画化、ドラマ化されている作品も多く、「地下鉄(メトロ)に乗って」や「鉄道員(ほっぽや)」などご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

浅田氏はたしか日系航空会社の機内誌にもエッセイを執筆していたと思いますので、ご帰国予定の方はぜひ読んでみてください。






2019-06-05
応援しよう!2019フランスワールドカップ
サッカーファンの皆さん、お待たせ?!

タイトルがどこかのCMみたいです。

2019年、昨年の男子に続き、今回はフランスで女子のFIFAワールドカップ2019が開催されます。カナダの屈辱を!!

しかも今週の6月8日から一か月ほどです。男子と違いどうして女子は盛り上がりにかけるのかなあと思いながらも此方を書いております。

参加している国は、24か国なんです。アジアからは、日本、オーストラリア、韓国など5か国が参加。北中米からは、勿論、アメリカ、カナダが出ております。南米はブラジルやアルゼンチンという男子同様のかおぶれ。

今回、日本はグループDでイングランド、スコットランドとアルゼンチンに対戦します。これを2位までで通過し、トーナメント。

見どころは、2011年の優勝を経験している選手の鮫島、宇津木、熊谷、坂口、岩淵が今回が最後かもしれませんので、経験ある彼女たちの活躍。また、女子サッカーの女王(FIFAランキング1位、全大会優勝)であるアメリカ代表が連覇を取りにくるので、その必死な戦いぶりが楽しみです。事前に開かれた大会では日本とアメリカが引き分けとなっていますが、ワールドカップという大舞台では、男子同様に何が起こるかわかりません。でも、女子はワールドカップで優勝と準優勝をしているので、今回も私たちの期待に応えてくれるんじゃないかと思っています。

頑張て優勝を勝ち取ってほしいので、アメリカの空から応援宜しくお願いします。
稲葉