ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2017-04-19
記憶を辿れば。。。
ついに寒い寒い冬(今年はそこまででしたが)も過ぎ、ポカポカとした日をようやく楽しめるようになってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
お久しぶりで御座います。NY支店の加藤で御座います。

今回は私の一つ懐かしい話をさせて頂きます。
自分自身の人生を思い返してみるとに、一番鮮明に残っている最初の記憶は、幼稚園の頃のものです。
私が通っていたのはキリスト教系の幼稚園で、年長さんの年にマリア様を主役とした劇をするのが、毎年の行事でした。
ついに年長になった私はその役決めの日を迎えました。
ワンパクな幼稚園児だった私は、幼稚園の先生の”マリア様やりたい人ー?”という問いかけに、
なんの疑いもなくピンと右手を伸ばし”オレやりたい!!”と大きい声を出してアピールしました。
物語の主人公になりたくてなりたくて仕方がなかったのでしょうか。ママやパパの見てる前でええかっこしたかったのでしょうか。
今ではその動機は思い出せませんが、木役の男の子も、羊飼い役の女の子もそれぞれがそれぞれの主人公なのに、
マリア様がいっちゃんかっこええ!と思いこみ、きっとヒーローを夢見る少年のようなキラキラした目をしていたのでしょう。
ただ困惑した顔を浮かべた先生が”こうちゃんは男の子でしょ”と代わりにヨゼフ様役をやることになりました。
周りを見渡せば手を挙げていた子はみんな女の子でした。

これが私の最初の記憶です。
なぜこの記憶が昔のものにも関わらずそんなにも鮮明に覚えているのでしょうか。
それはきっとものすごい恥ずかしかった記憶だからではないのかと今では結論付けています。恥ずかしかったこと、失敗したことはやっぱりめっちゃ引きずるもんなんですかね。
きっとこういうことを重ね、人はどんどんヒーローや主人公になることを避けていってしまうのではないのかなと思います。
なぜなら、赤い服を着たヒーローは嫌でも目立ちますもんね。一人の人の笑顔を作るより、100人の民衆の目の方が気になってしまうようになっちゃうんですかね。
私も今もう一度マリア様をやりたいかと聞かれても胸を張ってやりたいと大きい声で言える自信はありません。

ただ、その後の記憶を探ってみると、劇の当日、きっと私は主人公のマリア様を食ってしまうくらい主人公っぽいヨゼフ様を演じたんちゃうかなと思ってます。パパとママはそんな僕をきっと強く暖かく抱きしめてくれたんちゃうかなと思ってます。
私は別にその日のことを恥ずかしいとは今では捉えていません。後悔もしてません。むしろ、誇らしいです。だって、私以外であの時、私が男にも関わらず手を挙げたことを覚えてる人なんてきっといないやろうと思いますし。
それは時間なのか、色々な要素があるとは思いますが、きっとその経験は血となり肉となるんかなと思います。

私が今日伝えたかったのは、挑戦したその先には、失敗しても恥をかいても、なにかしらのええことがあるんちゃうかなということです。
いつまでもワンパクで無邪気でいたいものですね。人に迷惑はかけない程度に。