ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2007-02-20
経済の中心?
「経済は女が回している」という話を聞いたのはいつだったでしょうか?
もう随分前で正確には忘れてしまいましたが、大学卒業後、入社した会社での会議の席で上司が訓示を垂れた時だと思います。その頃私は住設機器メーカーのマーケティング部にいて、「どうしたらキッチンやバスがもっと売れるか」、「購買決定権を持つのは誰か」という話の時だったと思いますが、その時上司が「最終購買決定者は主婦だ」と言った時、マーケティング部にいた男性社員(9割以上が男性でしたが)は驚いた様子で、その驚いた様子を見て逆に私は少し驚いたのを覚えています。
例えばバスルームのリフォームをする時など、大きさや商品のランクにもよりますが、大体200万~500万円ほどかかります。そんな時、最初の予算幅についてはご主人も意見を出しますが、最終的に色や柄、形を決め最終金額を取りまとめ、発注する段階になると、奥様が最終決定権を持つことが圧倒的に多いんですね。キッチンやトイレ、バスルームなどはおそらく日本の家庭ではまだまだ女性が使用、掃除することが圧倒的に多いと思いますし、そういった理由も関係しているとは思いますが、それにしてもそんな高額商品の購入決定権を主婦が持っているということにマーケ部の男性社員は驚き、その後は、「じゃあ商品開発にはもっと女性を投入しよう」とか、「ショールームでの接客には若いだけのアドバイザーでなく、実際の主婦のプロを採用しよう」とか、「いやそれよりも逆に若い男性ショールームスタッフを入れた方が受けがいいかも」とか、何かと「女性」を意識した話で盛り上がったのを覚えています。

もちろん「経済は女が回している」と言っても、全ての業界の全商品について言える訳ではありませんが、それでも日常的生活商品について言うとやはり「女性」によることが圧倒的に多いと思えます。例えば化粧品(メイク、ヘア、ネイル、基礎化粧品)、アクセサリー、小物、下着、洋服などはまず女性がマーケットのメインを占めますし、また飲食店についても、メニューや内装、テーマなど、まず基本的には女性が喜ぶように作ってあるものです。そういう店には女性が行きたがりますし、女性が集まるところには男性も集まります。女性にはNo Chargeにしておいて女性客を増やすことで、男性客の入りを増やす方法はその一つですが、その逆のパターンは見かけませんね。

また「経済は女が回している」という点で面白いのは、女性は自分のためによく消費しますが、男性は女性のための消費と、女性に「認可」を得てからの消費が多いという図式でしょうか。もちろん女性も男性に対して値の張るプレゼントを準備することもあるでしょうが、やはり日米関係なく、男性から女性へが多いですね。つまり男性は女性のためにお金を使う。それがモノであれ、食事であれ、観劇であれ、男性は女性のためにお金を消費することが多い。逆に女性は自分の身の回りや趣味のためにお金を使うことが多い、つまり自分に使う。ということは、男性は女性にお金を使い、女性は自分にお金を使う訳です。
また女性に「認可」を得てからの消費というのは、例えばご主人が痔を患っていてウォシュレットが欲しいと思っていたとします。でも奥様は「そんなもの勿体無い、贅沢品だわ!」と反対している間はなかなか買えない。でも例えばそのウォシュレットに便器の自動洗浄機能なんかがついていて「奥様の掃除の手間が省けます」なんてうたい文句が書いてあったりすると、「これいいわねぇ」ということになる。ご主人は自分ひとりの意見では購入し難い物でも、奥様の「認可」があるとそれが良い言い訳になって買いやすくなるんですね。そうやって女性を中心にお金が回り、経済が回る。だから実は「経済は女が中心なんだ」と。


話は少し変わって、先週はバレンタインでしたから、男性はお花を贈ったり、ジュエリーをプレゼントしたりしていたようですね。ただ皮肉なことにクリスマスやバレンタインの後は、返品の客が多くてデパートなどは大変忙しいそうです。そして返品に来るのはたいてい女性の客(笑)。男性諸君。大変だなぁ。。。と思いつつ、これはきっと大昔から変わらない図式なのだろうなとも思います。きっと大昔は、いかに大きな獲物を狩ってくるかが男性の評価だったのであって、女性はそれに惹かれたのであり、女性に気に入られるまで男性は頑張ったんだろうなと。
時々、電車に乗っている時、前に座った少し大きな年配の女性が足を大きく開いて座っている隣で、ご主人とおぼしき男性が女性の髪を撫でていたりして、ふと女性の手元を見ると「ビクトリアシークレット」の紙袋なんかを持っていたりすると、「あ~、きっとこの男性が買ってあげたんだろうな」と微笑ましくなります。まぁ、今時「男が」「女が」と言うこと自体が陳腐とされるご時世ではありますが、やはり経済は女が回しているというのは案外正しいのかなと思います。

高橋