ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2017-10-31
17.10.31 黒猫
Happy Halloween!
お祭り騒ぎがイマイチ苦手な私にとっては
特別、どうということもない普通の1日ですが、
今朝、出勤途中でモノポリーのオジサン姿のオジサンに出会い、
ハロウィーンね、という認識をした次第。
仮装用に作られた安っぽさがなかったので、
もしかすると、毎日そんな服装をしているちょっと変わった人なのかもしれません。
ニューヨークには色々な人がいるので、ね。

私の唯一のハロウィーン参加は、黒猫。
黒猫を飼っている、というだけのことですが。。。

でも、なぜまたハロウィーンに黒猫がつきものなのだかご存知ですか?
グーグルしてみました。
黒猫って言えば魔女の小道具みたいな印象がありますよね。

ハロウィーンはケルト民族のお祭りが由来なんだそうです。
ケルト民族ってご存知ですか?
古代ヨーロッパの中西部に住んでいた民族で
スコットランド人、アイルランド人がなんとなくイメージですが、
古代の日本と同じように自然崇拝をした人たちで、あちらこちらに神様や精霊がいたりするので
神秘的な神話もたくさんの文化です。
Halloween = All Hallow's eve( 全ての聖人の祝日の前夜祭)の短縮形なんだそうです。
つまり11月1日は聖人祝日=日本のお盆のような日です。
古代ケルト人は毎年10月31日にはあの世とこの世の間の境目がなくなり
死んじゃった人の魂がふらふら家族に会いたくて遊びに来ちゃったり、
そんな魂と一緒に、悪霊や精霊も一緒に遊びに来ちゃう、って信じていたそうです。
で、悪霊や精霊に取りつかれたりいたずらされないよう、
自分たちの身を守るために仮面をかぶったり自分たちもお化けの恰好なんかをして
悪霊を驚かせたり、仲間のお化けのフリをして悪霊を混乱させたりして
追い払っていたそうな。
アイルランド人がアメリカに移民してきた時に一緒にこの習慣がやってきて
死者や魔女を遠ざけるために子供達に不気味な仮装をさせて町中を歩かせたのが
ハロウィンの始まりだったとか。
仮装した子供達は「Trick or Treat=お菓子をくれなきゃいたずらするよ」
と言いながら町を練り歩きます。日本の七夕のチョーチン行列チックですね。
お菓子には外を徘徊している悪霊や死者の魂を鎮め、元の世界に帰って行ってもらう
という意味合いが込められているそうです。
悪霊も甘いもの好き???

で、ところでなぜ魔女の仮装?

ケルト文化に魔女はいませんが、
中世のヨーロッパでは魔女の存在が信じられていたので
ケルト民族の魔術めいた文化に魔女が重なって
ハロウィーンに魔女が登場するようになったらしいです。

で、本題の黒猫。
何故、魔女に黒猫はつきものなのか?です。
黒猫は、暗闇と同化しちゃって夜なんて全然見えませんよね。
でも、猫ご本人は暗い中でも目が見えますから全然平気で、ウロウロできます。
しかも、猫は、全く足音を立てずに動いてまわることができるでしょ。
目が金色で、夜は瞳孔が狭くなるので、さらにちょっとこわ~いってイメージでしょうか。
暗闇で人に目撃されることなくウロウロできることから、
あの世とこの世を自由に行き来できるなんてイメージもあるそうで、
というわけで魔女の小道具としては最適っていうことだそうです。

イタリアではローマカトリック教会が黒猫への迫害や魔女狩りを公認したため、
人々の偏見が助長。
カトリック教会の目的は、他宗教勢力、反対派の抑圧や撲滅でしたが、
悪魔の集会で黒猫が悪の使いを務めている、なんていう噂も広がり、
ローマ教皇が「黒猫は悪魔のシモベ」なんていうお触れを出したりしたのでモウ大変。
人々が黒猫は排除すべきものというヒステリアにかりたてられます。
その後、またまた心無いローマ法王が出現、
聖ジョバンニという聖人のバースデーを祝うのに猫を殺すことを認めたそうで、
猫たちは生きたまま籠に入れられ広場に設置した大きな焚火の中に放り込まれ
火あぶりにされたそうです。
イタリアでは今でも毎年6万匹という黒猫が
迷信を信じる人たちによって殺害されており、
ハロウィンの夜には黒猫が殺害される件数が増えるとの報告もされているとか。

ベルギーのある街では
1年に1度、生きた猫を塔の上から投げ落として殺すという
お祭りがあったりもしたそうです。

いやいや、全く、集団心理っていうんでしょうか。
まさに今のアメリカやヨーロッパでリバイバルしている陳腐なナショナリズムと一緒です。

でも、黒猫は日本をはじめ世界の多くの国ではラッキーキャットとして愛されてもいるんです。日本の招き猫、黒猫編があるのご存知でした?

人の恐怖心や集団ヒステリーをうまく利用する”権威”に負けず、
自分の目と人としての良心をコンパスに
ちゃんと生きたいものだとつくづく思います。

そんな飼い主の憂いをよそに
うちの黒猫君は、我が家のキング。
好きなように生きてくれてます。
長生きしてね!

((大矢))