ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2019-03-06
未来食堂
未来食堂

こんにちは、シカゴ支店の鎌田です。
最近興味深いテレビを見ました。

日本にある「未来食堂」のことを紹介したもので、この食堂、社員はオーナーの方おひとり。皿洗いや片付け、下準備などはアルバイトを雇う代わりに「ボランティア」に手伝ってもらっており、ボランティアたちは50分働くと食堂のご飯が一食タダで食べられます。なので、この「まかない」以外の経費や人件費はかかりません。面白いですね。ここに手伝いに来るボランティアは、仕事終わりに50分働いてご飯を食べて帰る人、食費を浮かせるためにくる学生、この制度に興味を持った外食業界の人、料理人になりたい人など様々です。更に、50分のお手伝いをした後に得た一食タダ券は自分で使っても人にあげてもOKで、食堂の入り口に、「使ってください」と貼って帰るボランティアもいます。必要な人に使って貰えれば嬉しい、とボランティアの一人が言っていました。

ここのオーナーの方は大学では数学を専攻し、クックパッドでエンジニアとして数年経験を積んだ後、この食堂を始めたそうです。誰もが疎外感を感じないような空間を作りたく、行き着いたのがこの仕組み。そしてさらに素晴らしいのは、この食堂は決して慈善活動として行っているわけではなく、利益を出すことを前提として運営されている点で、ち密な計算と色々な無駄を省くことで、きちんとビジネスとしても成り立っているそうです。

自動化・個別化が進んで煩わしいことが少なくなった一方で、やっぱり人と話せる場所、自分を必要としてくれる場所、「居場所」がないと寂しいのが人間で、その証拠に未来食堂のような場所が生まれるのでしょう。

この食堂ではボランティア制度の他にも食堂で提供するメニューについて、残りの食材リストを出して、これを使って何を食べたいかお客さんに聞き、次の日の献立や仕入れにも役立てているそうです。お店側としても顧客の要望が分かり、顧客側としても要望を聞いて・実現してくれるのは嬉しいですよね。
お客さんがサービス/食事を提供する側にも提供される側にも、両方になれるこの「巻き込み型/身内化」経営は、食堂にとってもお客さんにとっても最高の形ではないでしょうか。

リクルーターは企業目線、求職者目線両方で物事を考えますが、間に立つ者として、今のやり方以外にも、もっと双方に良い形ができるんじゃないか、と、なんだか刺激をうけた未来食堂のお話でした。