ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2020-03-18
When Breath Becomes Air
今月に入り、イベントの中止や外出の制限が相次ぎ、お家で過ごす時間が格段にふえましたね。映画を見たり、本を読まれたりして過ごされる方も多いのではないでしょうか。

今回は私が今年に入って読んだ本“When Breath Becomes Air”についてご紹介します。


Paul Kalanithiという方によって書かれたノンフィクションの自叙伝です。

もともとは文学研究を希望していた著者は、脳神経外科医を天職と決め、研修に励みます。長時間労働、精神的苦悩をのりこえ、妻ルーシーともども、輝ける未来が約束されていました。

ところが、突然の体重の減少と腰痛に苦しめられ、精密検査を受けたところ、末期がんと診断されます。まだ36歳でした。

医師として道を歩み始めるまで、研修期間、さらには、がんと診断された後の治療の葛藤などについて、書かれたものです。



医者になるまで、多くのことを犠牲にして、やっと思い描いた未来が現実になろうとしたとき、がんと宣告されます。職業上、常に向き合っていた死、自身のがんが発覚したあとも、いくつかの治療の結果、一度は脳神経外科医として復帰しますが、病気から逃れることはできませんでした。

私が筆者だったら、なんで私が、という気持ちになると思います。ここまでこんなに努力をしてきて、まじめに生きてきたのになぜ、自分がこんな目に合わなければいけないのか。そんな状況でも、筆者は病気を含め、人生そのものから逃げることなく、うまれたばかりの娘を含めた家族に囲まれ、日々を悔いなく生きていきます。

私にはきっとそんな強さはないだろうなと思いつつ、いま健康で、日々当たり前のことが当たり前にできることがいかにすばらしいことか、考え直すきっかけになった本です。

成瀬