ブログ

アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2020-12-15
未来を花束にして(Suffragette)
信じられないかもしれませんが、
イギリスとアメリカで女性に選挙権が与えられたのはたった100年前。
女性のための投票権は簡単には得られませんでした。
サフラジェット運動を経て、ようやく女性に投票権が与えられたのです。
今日のブログ記事では、サフラジェット運動を題材にした映画
「未来を花束にして(Suffragette)」を紹介したいと思います。

この映画は、イギリスのサフラジェット運動だけに焦点を当てた初の映画です。
ちょうどサウジアラビアの女性が国の歴史上初めて選挙権を得た2015年に公開されました。
たった5年前。
たった5年前まで、サウジアラビアの女性に選挙権がなかったと言うのもあまりにも驚くべき事実だと思います。

まだ女性に選挙権がない国があるのかを調べてみたところ、
バチカン市国は世界で唯一選挙権がない国だそうです。
しかし、それはバチカン市国では選挙が行われておらず、
結果的に男性も女性も市民も住民も選挙権を持っていないからだそうです。

映画「未来を花束にして(Suffragette)」は、
アビ・モーガンの脚本からサラ・ガヴロンが監督。
主演はメリル・ストリープ、ヘレナ・ボナム・カーター、キャリー・マリガン
などの大物俳優。
メリル・ストリープが演じるのは、
1900年代初頭にイギリスの参政権運動を率いた名高いエメリーヌ・パンクハースト。
映画の中で、彼女が演説会や集会に姿を現すと、
彼女の信奉者であるサフラジェット団に与える影響は衝撃的だったことが伺える。

この映画は、キャリー・マリガン演じるモード・ワッツという女性の観点を描いた物語。
彼女は、労働者階級の女性たちを代表する架空の人物である。
24歳の彼女は、幼い頃から洗濯屋で働き、嫌がらせや性的虐待、
過酷な労働条件に耐えてきた。
それでも、彼女は自分は恵まれていると思っていた。
他の運動家たちと違って、初め彼女は女性としての立場を理解し、
前例を壊そうとはしなかった。

しかしある日、彼女は同僚と一緒にサフラジェットの集会に同行し、
運命を変えるチャンスがあるかもしれないことを人生で初めて知る。
女性であることが服従や沈黙を意味するものではないという事に気づき、推し進めていく。
最初は秘密の会議に出席することに満足していたが、
それでは何も変わらないと確信し、積極的な行動に触発されいく。

自分の居場所に疑問を持たず、運動に関わりたくないと思っていたが、
最後には参政権運動の重要なメンバーの一人になっている、
というところがこの映画の見所だと思います。
アメリカは今年、女性に選挙権を認めた憲法改正から100周年を迎え、
この国も先月、初の女性副大統領選のカマラ・ハリス氏を迎えました。
参政権運動の節目に敬意を表するには素晴らしい出来事だったと思います。

高橋