ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2007-12-10
手紙2
「文通を続けているペンパル達に会いに行くことが私の夢です!」
と前回のブログで書きましたが・・
予告どおり、今回はその話の続きです。

実は一昨年の夏にその夢が一つ叶いました。
ずっと長い間、お互いに「いつか会えたらいいね」なんて言っていた
フィンランドのペンパルに、「本気で会いに行ってもいい?」
と手紙を出したのが始まりです。
返事は「YES!」そこからは、お互いにスケジュール調整をして、
航空券を手に入れて・・と順調に進み・・。

いよいよフィンランドへ!!!
小さな町の小さな駅にペンパルはお父さんと迎えに来てくれていました。
やっとペンパルに会えた感想は? ・・なんとも不思議な気分でした。
「はじめまして」だけど「はじめまして」ではない。
今まで写真でしか見たことのないペンパルが目の前にいるわけです。
この7年間、いつも文章でしか会話をしたことがなかったのに、
口を使って言葉にして、耳で声を聞いて、
それが時差もなく相手に伝わるんです。
それまで、ペンパルがイギリスアクセントの英語を話すなんて
全く知りませんでした。

初めて訪れたフィンランドは、予想以上に素敵な国でした。
自然があまるくらいあって、どの町にも必ず1つはあるという湖は
その深い緑を鏡のように映し出していました。
そんな景色を見ながら、ペンパルの家族とBBQをしたり、
サウナに入ったり、湖で泳いだり・・
いつもペンパルが手紙に書いて教えてくれることを
実際に一緒にできるというのはなんとも嬉しいものでした。

さらに、ペンパルは真面目な顔してこんなことを言ってくれました。
「私達、同じ国にいたら、絶対ベストフレンドになっていたと思う。
文通をしていた時から思っていたことだけれど、
今回こうやって一緒に過ごしてみて、やっぱりそう思ったの。」

手書きの手紙って不思議なもので、書かれたメッセージだけではなく、
その人がどんな人か、どんな気持ちなのか、
というのがなんとなく伝わるんです。
文字はもちろん、使う便箋や切手の種類一つで
相手が受ける印象は変わってきます。
ペンパルに会いに行きたいと両親に話した時には、
「一度も会ったことない人なんでしょ?本当に大丈夫なの?」
なんて心配されましたが、ペンパルが信頼できる人かどうかなんて
7年も文通していれば分かることです。
実際に、私たちも会ってみて、思い描いていたお互いの像に、
ほぼピッタリとはまったわけです。
それをお互い確認できたことで、さらに私達の距離は縮まりました。

次の年の冬休みに、私が訪ねたフィンランドのペンパルが、
今度は私を訪ねて日本を訪れました。
私の日本での生活を見て、彼女が感動して帰っていったのは
言うまでもありません。

私と彼女の次の夢はお互いの家族を会わせること。
いつになるか、どこになるか、今は全く想像がつきません。
でも、いつかどこかでその夢も現実になるんじゃないかと
思っているのは私だけでしょうか?
それまでは、またこつこつと手紙を書いて、
切手を貼って、ポストに入れて・・
その繰り返しを楽しみたいと思っています。

(武井)