ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2008-03-26
お財布落としちゃった事件
弊社の社長がヤフー上でブログを書いていますがお読みくださっていらっしゃる方ですと、何度か私が話しの種に登場していることにお気づきかと。。。(http://blogs.yahoo.co.jp/takeosuzuki0725)いつも書くネタを探している様子で、ちょっと日常のルーティーンから外れたことをしてしまうと、すぐにブログに登場することになるので、最近は気をつけるようにしています。数回前のお財布落としちゃった事件。はい。私です。「だいじょうぶだったのぉ?」なんて聞かれたので心配してくれたのだと思ったら、実は事実関係の裏づけを取っていただけだった、という具合です。やられました。

ということで、今回はその財布落としちゃった事件についてお話をしようと思います。

その日はいろいろ事情があって仕事のあとに友人をひきずりだして遅い時間まである催し物につき合わせ、コリアンタウンで何皿が美味しいものを食べて外に出ると、外はものすごい寒さ。かなり疲れていたこともあり、タクシーで帰ることに。貧乏生活を長く続けてきている私はどうもタクシーに乗るっていうことに罪悪感を感じ(靴を買うことには問題なしなんですが)あまりタクシーには乗らないのですが、あの寒さにはさすがの私も負け、友人と2人でタクシーに乗り込みました。

最近のNYのタクシーはハイテク装置がつきまして、クレジットカードが使えます。これは面白いと思って(とキャッシュを全く持ち合わせていなかったため)、クレジットカードを使ってタクシー代を払ったのが運のつき。キャッシュなら私は家に着く数ブロック前にキャッシュを手ににぎり、お財布はしまっちゃうのですが、この日は最後までお財布を手に握っていたのです。ほほほぉ~。こんな風に使うのね。便利じゃない、なんて思ってお金を払い(ちなみにチップはどうやって払うんだろうと思っていましたところ、自動計算でいくつかチョイスが出てくるんです。$0はなかったのでチップを払わない、というわけにはいきませんね。また、チップをけちることもできません。)さんきゅー!と運転手さんに声をかけてドアをしめた瞬間、なんだかいやぁな気がしたのです。お財布が手の中にない!無意識にバックの中に入れたかなぁ、とバックの中を探ってみましたがありません!!!あせりにあせって、かなり遠くに見えるタクシーを走って追いかけましたが、タクシーは冷たく私の視界から消えてゆきました。。。

私のお財布にはクレジットカードはもちろん、持って歩くな、と再三ブログ社長に言われてきても、大丈夫ですよ、と持って歩いていたグリーンカード(ちなみにまだ持って歩いています。ははは。)、健康保険のカード、色々なメモ書き、大切に持って歩いていたある紙切れ、なぁーんでも入っていたのです(キャッシュ以外)!まずはタクシーのレシートに何かがあったら311に電話を、と書いてあるので、311に電話をし、市役所の夜中の苦情係のオジサンに事情を説明して困ってることを強調。とっても親切なオジサンでしたが、結局タクシー協会にインターネットから届出をするしかない、とのこと。その場でそのオジサンが届け出をしてくれましたが、タクシーと連絡を取ることはできない、ということ。仕方がなく電話を切った後に先ほどまで一緒にタクシーに乗っていた友人に電話。この友人、私と違って行動力のかたまり嬢。911に電話をしてみたら、というのですが、私には警察がこんなことに協力してくれるとも思えず、う~~~んと煮え切らない回答をしていたところ、私がしてあげる、との天使の一声。お願いしますぅ。。。と情けない声でお願いをし、私はクレジットカードやバンキングカードをストップ。電話の向こうの係りのお兄さんたちから同情を買うたびに気持ちは落ち込む一方。クレジットカードやバンキングカードはすぐ止めたので被害はないものの、私の心配はグリーンカード。移民局のサイトで調べてみると再発行はできる様子。かなりお金はかかるらしいですが、ま、それもどうにかなるか、とあきらめても気持ちはどんどん落ち込み、どうにもじっとしていられず他の友人に電話をかけて愚痴をこぼし、どうにかなるのでもう寝なさいと諭されましたが、やはり一睡もできず。しかもバンキングカードを止めたのでキャッシュを卸すこともできなければ、お得意のオンラインバンキングもできないので、これがまた心配!げっそりして朝を迎え、だめもとで911に電話をして事情を説明してみたところ、ものすごい感じの悪い声で警察に何をしろって言うんだ、って相手にもされず、さらに落ち込むことに。グリーンカードの再発行もかなり時間がかかるらしいことを知りさらにさらに落ち込む私。ところが!人生捨てたものではありません。なんと、会社のボイスメールに私のお財布を拾ったからこの電話番号に連絡を、というメッセージが入っていたのです。私は自分の名刺を1枚いれていたのですね。私の人生がここからこの日はばら色に変わったことは言うまでもありません。

拾い主に電話をし、午後早速、吉兆庵のお菓子を手に受け取りに出かけ(メリルリンチで働いている方でした。お金をふんだんに持っている人に拾われた貧乏な私の幸運。。。)、なんだかわかりませんが、感動してお礼を言ったのがよかったのか(?)ほっぺにチュッとキスまでされて、本当にふわふわした気持ちでお財布を受取って一件落着。

あーよかった。というお話しでした。ほんと、こんな殺伐とした世の中ですけれど、いい人もたくさんいるものです。感謝、感謝。

((大矢))