ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2008-10-27
褒めること
ある病院の待合室でのできごと。
クレヨンで絵を描いていた子供の母親に、
隣に座っているおばあさんが話しかけました。
「この子はとっても絵が上手ね。将来が楽しみだわ」
母親がにっこりと笑って、嬉しそうに答えました。
「ありがとうございます。この子、この前も学校で賞を取ったんですよ!
本当に絵を描くのが好きでね。将来は画家になるのかもしれないわね~」

もう4年も前の話ですが、いつまで経ってもはっきりと
その光景を覚えています。
アメリカでは、多くの人が褒め上手・そして褒められ上手です。

短大時代に、ピアノのレッスンを受けていたことがありました。
基本的にこつこつと練習するのが苦手な私は、
ほぼ練習ゼロの状態で、レッスンに臨んでいたわけですが・・。
それでも、先生はなぜか妙に褒めてくれます。
少しでもいいコードを弾いた時、よいリズムで弾けた時、
「Good Job!」「You’ve been doing good!」
と褒め続けてくれるのです。

水球のチームに入っていた時も同じでした。
ほぼ全くの初心者の状態で入れてもらったチーム。
誰がどう見ても100%足手まといの私でしたが、練習中や試合中、
少しでも何か出来たら、コーチもチームメートも、褒める、褒める!
そして、渇を入れながらも、励まし続ける!

「いや・・全然大したことしていないんだけどな・・」
と正直気が引けることも多々あったのを覚えていますが、
コーチやチームメートに褒められたり、励まされて、
嬉しくないはずはありません。
次第に、褒められることにも慣れ、正直に喜べるようになってからは、
掛けてもらう一言一言が、辛い練習や苦しい試合を乗り越える
力になっていったのを覚えています。

このような話を、ある本で読んだことがあります。
イソップ童話の「狼少年」を子供に聞かせると、
結果はどうなるかという調査が行われたそうです。
事前に行われた大人向けの調査では、「子供は『狼少年』の話から
教訓を学び、嘘をつく回数が減ってより正直になるはずだ」と
答える人達が大半を占めていたそうです。
しかし、結果はそうではありませんでした。
子供達が嘘をつく割合は、それ以降も変わらなかったのです。
そこで次に「ジョージワシントンと木」の話を子供に聞かせました。
少年ジョージが自分の桜の木を切ったことを父親に告白する話。
父親は、「君が正直に言ってくれたことは、
千本の桜の木を持つことよりも素晴らしい」と少年に言います。
この話は子供達が嘘をつく割合を43%も下げたそうです。

もちろん、ある文化を一概に、いい、悪いと区別することはできません。
それでも、私はアメリカに来てからの自分の経験から、
褒め上手・褒められ上手の文化を見習いたいと思っています。
病院の待合室で、知らないおばあさんから褒められ、
また、嬉しそうに子供のことを話していた母親。
その2人の会話は、そこで絵を描いていた子供の耳にも
そして、心にもきっと届いていたはずです。

「褒める」「褒められる」の効果は覿面です!
なんせ、褒められた人がHAPPYになるのを見て、
褒めた本人も実はHAPPYなれるという相乗効果があるんですから!
今週もたくさん褒めて、褒められる一週間になりますように。

(武井)