ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2009-08-31
送り言葉
どうもこのところ、ブログの順番がまわってくるのが著名人が他界したという出来事が記憶に新しい時期に重なり、そんなことばかり書いているように思うのですが、今回もやっぱりそんなことを書くことになりました。

先週、テッド・ケネディー氏が他界してしまいました。15ヶ月前に手術が不可能な脳腫瘍と診断され、数週間の命かもしれないし、数ヶ月間の命かもしれないとの宣告を受けた後も、毎日が贈り物だと、経験なカトリック教徒だったケネディー氏は他界直前まで精力的に生きたそうです。JFKとRFKという偉大な存在を兄に持ち、ケネディーという家名を背負っただけではなく、ケネディー家の支柱となって兄弟の子供を自分の子供と分け隔てなく愛し、そして、常に貧困層、移民、労働者といった弱者の味方であり続け、300以上の法律を立案し法律化し、そして、黒人大統領の誕生に大きく貢献し、最後まで国民皆無保険制度に心血を注ぎ、人生の終結とともに46年間に渡る上院議員歴にも幕を下ろした人であることは誰もが知っていることですよね。知らなかった人でも、この数日の報道で、随分、ケネディー家とテッド・ケネディー氏について詳しくなったのではないでしょうか。

兄3名が若くして、しかも悲劇的な最後を遂げたケネディー兄弟の最後のテッド氏がこの世を去ったことで、ひとつの時代が終わったと感じているアメリカ人は多いようです。アメリカ人でなくても、アメリカで暮らしてくればケネディー家の存在と存在感は感じられずにいられないものですし、このお金持ちのお坊ちゃんたちが、どうしてここまで心血を注いで弱者のために闘おうと思うのか、私はなんとなくいつもそこに不思議な感じとそこがケネディー兄弟の魅力なのだろうと思ってきました。なので、時代の終焉をきちんと見届けるつもりで、私もテレビ中継のテッド・ケネディー氏のお葬式に参加。

オバマ大統領がきっとユーロジーをする一人だろうと期待をしていましたし、期待どおり、ユーロジーの〆はオバマ大統領。いつもの通り、冷静にかつ人の心を打つスピーチでサスガ!でしたが、私にはユーロジーの順番が一番最初だった、テッド・ケネディー氏の長男のテッド・ケネディーJr氏のユーロージーが一番心に響きました。テッド・ケネディー氏のRFKの国葬でのユーロジーの一ラインがとても有名ですが、Jr氏は父親のようなスマートでかつ情熱的なスピーチではなかったものの、聞く人の心にじーんとしみる素敵なスピーチで、アカノタニンの私までかなり泣いてしまいました。ここで内容を語ると長くなるので、ご興味のある方はこちらのウェブサイトでお読みください。全文が載っています。 http://www.boston.com/news/local/breaking_news/2009/08/ted_kennedy_jrs.html

で、私の今日のテーマは実はテッド・ケネディー氏の他界ではなく、ユーロジーなのでした。

別れは悲しいものですし、永遠の別れは本当に悲しいものですよね。だから、きっと日本人だって、たくさん、声に出して、さよなら、あなたは素敵な人でした。ありがとう、って、言いたい気持でいるお葬式の参列者がいるんじゃないでしょうか。このユーロジーがあることで、お葬式は死者を送り出すセレモニーではなく、その人の人生のあり方を祝賀するセレモニーになるような気がします。私も、もう20年も前にとても大好きだった叔父を亡くしました。思うに、人生で一番悲しいことのチャンピオンです。いまだに完全にその悲しみから卒業できていない気がしています。まだ40歳だった叔父ですが、叔父の人柄と生き方で彼を慕う人がたくさんで、お通夜から告別式まで何百人という人に参列してもらい、とてもたくさんの人たちが泣いていました。日本のお葬式ではお焼香、というセレモニーがあるので、お焼香をしている時にきっとそれぞれが心の中でお別れの言葉を言っているのでしょう。でもあまりにも短い時間なので、私の心の中にはなんの言葉も浮かんできませんでした。あまりにも悲しかったせいもあるとは思いますが。お通夜のお坊さんのお説教が、お説教が上手なお坊さんによっては、ほぉ~、なるほどね、と心にしみることがありますが、お釈迦様のお話ですし、やっぱりユーロジーじゃないですから、どうもしっくりこない。やっぱり、ユーロジーで誰かが泣かせてくれたり笑わせてくれたり、ありがとう、って思わせてくれたり、そうしてその人の人生をそこでシェアーするって素敵だと思います。

日本人も有名人のお葬式だと、ユーロジーっぽいものありますね、そう言えば。

お葬式は悲しいものですけれど、主役は語ることができないのですから、主役のために参列者が語ってあげることで、悲しみも昇華することもあるのではないかと思います。ユーロジーって日本語でなんと訳すのがよいのでしょう。送り言葉、でしょうか。

お葬式、と言えば、モッ君主演の「送り人」、いい映画でした。

((大矢))