ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2009-12-09
Alice in Vanderland
映画『不思議の国のアリス』(“Alice in Wonderland”)が2010年3月に公開予定だそうです。製作総指揮はティム・バートン、キャストにはジョニー・デップ、音楽にダニー・エルフマンが(当然のように)名を連ねています。
配給元はディズニーですが、『アリス』にこのようなスタッフを配置するとは、いやはやなんとも直球ど真ん中勝負なキャスティングというのが第一印象です。

皆さんご存知のとおり、『不思議の国のアリス』は元々小説として世の中に発表されました。時は19世紀半ば、ルイス・キャロルというイギリス人が作者です。
19世紀のイギリスはヴィクトリア女王統治下の元、産業革命が成熟した結果、政治、経済、文化というあらゆる側面でイギリスという国が歴史上で最も円熟した時期と言われています。

と同時に、ヴィクトリア朝は決して昔ながらのロマン溢れる古臭い時代では決して無く、むしろ20世紀や現代の私達の生活に繋がるような部分の礎が産み出された時代でもあるのが大変興味深いところです。
植民地経営を軸とする帝国主義という概念はこの頃により具体的に発達し、20世紀の世界大戦時代に繋がっていきますし、この流れに付随するように「オリエンタリズム」という視点が誕生。20世紀(或いは現在でも)に至るまで、欧米におけるアジア地域のイメージを良くも悪くも確立するに事となります。又、チャールズ・ダーウィンの『種の起源』は後の優生学に発展し、帝国主義のみならずナチズムにも繋がっていきました。
その他にも、第一回万国博覧会が行われ、大きな建物に多数の品物を陳列する「百貨店」が発明され、一般市民が自身の健康に関心を持ち、体操や海水浴が奨励され、フェミニズム運動が組織的且つ体系的に確立されるのももこの時代です。例を挙げればキリがありません。

そのような時代の中で生まれた『不思議の国のアリス』もまた、出版から現在までの140年の間に多くの人に愛され続け、そして多くの作品に大きな影響を及ぼしています。
ちょっと今思いついただけでも、影響を受けているものとしてはジェイムズ・ジョイスの作品から『となりのトトロ』、『MATRIX』が浮かび上がります。きちんと調べたらより沢山の作品名が出てくる事でしょう。

そういえば19世紀に発達した文化の一つとして忘れてはいけないものがあります。それは「カメラ」。
カメラ自体の発明は19世紀よりも前ですが、現代的な手法を用い一般庶民までカメラで写真を撮る事が普及したのはこの時代になってからでした。
そしてルイス・キャロルもこの新しい表現方法に没頭した1人です。(蛇足ですが、彼の撮影した写真の半分以上が少女の裸体写真であるのは有名です。彼は小児性愛者だったという説もあります。)

映像の表現は『アリス』から現在の140年の間に写真(Pictures)から映画(Motion Pictures)に移行し、そして又最新技術が用いられた映像として蘇る事になります。鑑賞後も私達は原作に戻る事により時空を超えて何度も行き来する事が出来るのですね。
現代人の数少ない利点だと思うのは私だけでしょうか。

尤も、製作者はティム・バートン。甘美なだけの子供向け作品となる事はおそらくないでしょう。なにしろみんなのヒーロー・バットマンの映画化作品を、皆の期待を完全に裏切るようなノワールでダークな形で発表した、恐るべき勇気を持った人物です。美しい映像の中に猛毒が盛られている、そんな作品を期待しています。そして『不思議の国のアリス』という風変わりな物語は、そのような解釈を受け入れるだけの度量を持っているはずです。

雨と雪にまみれたボストンから 今週担当の木村でした。