ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2009-12-28
ティファニーブルーのお約束
さて、今年もあと僅か。なんとなく今年あったことを思い返してみたりする頃じゃありませんか?

私の中で今年のショックな出来事と言えばダイヤモンドのイヤリングを失くしてしまったことです。

前にも書いたことがあるかもしれませんが、私は、ずいぶん前から毎年自分の誕生日にティファニーで自分へのバースデープレゼントを買うことにしています。札幌という日本の地方都市からのこのことやってきた私がこのニューヨークという街で1年1年生き残っていくことには、自分で言うのもナンデスガ、“少し”以上の頑張りがあってのことであり(最近、トシのせいか、少し疲れ気味ですが。。。)、今年も1年間ニューヨークの生活をやってこられた自分をほめてあげようと思って「レントを払ってご飯を食べる」以上に何かができる余裕ができた年に始めたことです。最初の何年かはそれがやっとの生活でしたから。何故、ティファニーなのか?私はニューヨークに引越しをしてくるまではニューヨークに来たこともなければニューヨークにちっとも興味も持っていなかったので、ニューヨークのことは観光客程度も知識がなく、その頃の私のニューヨークのシンボルと言えば自由の女神か、ティファニーで朝食を、の映画で有名になった5番街にあるティファニーの本店、くらいなものでした。毎年誕生日に記念になるように、というのであれば、やっぱり自由の女神グッズより、ティファニーでしょう。違います?ティファニーの方が断然頑張る度は必要ですし。

非常に自己完結型、自己満足型な行為ではあるものの、結構、毎年楽しみな行事となっています。自分で自分にプレゼントするので、お財布事情も一番よくわかっており、見栄を張る必要もなければ、自分の趣味にあわないものをもらうわけでもない。パーフェクトです。というわけで、いつもはシルバーのイヤリングだったりリングだったり、なのですが、数年前の自分の中で人生においてのある区切りの年だけは、絶対にダイヤモンドとずっと前から決めていました。私が買えるくらいのダイヤモンドなので、肉眼じゃ見えないくらいちっちゃなダイヤモンドですが、ちっちゃくったってなんだってティファニーのダイヤモンドです。キラキラ度合いが違うのはもちろんのこと、身に着けた時の自分の心の中のキラキラ度合いが違うものです。悩みに悩んだすえ、塵より少し大きなサイズのスタッドのイヤリングを選びました。

さて、このイヤリング。ピアスですが、後ろの留め金がスクリューになっていて、そう簡単に落ちないようになっているのです。それでも最初は落とすのではないかとドキドキし、つけている時は時々耳たぶを触ってそこにあることを確かめてみたり。それが!です。ある晩、家に帰っていつものように髪をポニーテールにまとめながら鏡を見た時、私の左側の耳たぶにはキラキラがありませんでした。確かにお昼、オフィスのバスルームの鏡で見た時はそこにあった、はず。。。必死にバスルームやアパート中を探し、ベッドのマットレスまでひっくり返してみましたが、どこにもありません。私が失意のどん底にオチイッタのは言うまでもありません。。。

でも、ティファニーのすごいのはお客様をとことん大切にしてくれるところです。ティファニーブルーはディスカウントはしないけれど品質とお客様の満足度は保証する色なのです。なので、半分のイヤリングだってきっと売ってくれるに違いない!と自分に言い聞かせ、ティファニー本店の6階へ、先日漸く重い腰をあげて出かけたのですが、いつものとおり、カスタマーサービスの人はとても親切かつフレンドリーな対応で、私の話を親身になって聞いてくれ、まぁ、それは悲しかったでしょう、と一緒に悲しんでくれ、そして、私の持参した片方のイヤリングを預かり、2週間以内に見積もりがEメールで送られてくるとのこと。

その見積もりがもう届きました。所要時間1週間弱。そして、金額も、新品のイヤリングの半額とちょっと、というお値段。そういうものですか?イヤリングを片方なくしたら半分の値段でもう片方を売ってくれるものですか?どんなものなのでしょう。巷のことはわかりませんが、失くした当方としては、なんとも妥当なお値段で対応してくれる、しかももともと購入したのは数年前のことです。これは決してダイヤモンドのイヤリングだったからではありません。実は、やはりティファニーで一昨年購入したイヤリングの一部を、購入して数ヶ月でなくしてしまい、仕方ないとあきらめて部品なしで着けていたのですが、今回のこの大御所イヤリングと一緒に持っていって相談をしてみたところ、なんと、やはりまったく同じサービスでした。こちらの見積もりもきちんと届き、なんとこちらはもともとのお値段の4分の1ちょっと、というところ。ティファニーのロゴが入っており、私の購入の記録もコンピューターに残ってはいるものの、レシートを見せろなんて全く言われません。

これが、一流である、ということなのかもしれません。ティファニーである、という誇りなのかもしれません。そんな一流な姿勢の生き方をしたいと思うものです。ディスカウントで勝負するのではなく私という人間の質と誠心誠意で勝負する、という姿勢で。というわけで、私の年に1度のティファニーショッピングはこれからもニューヨークに住んでいる限りは続く、というわけです。

でも、今年はごはんが食べられるくらいしかお財布の中身がない時にいくら半額でもかなり痛かったです。どうして、イヤリングって片方だけなくなっちゃうのでしょ。片方だけのイヤリングを売買できるeBayみたいなウェブサイトがあるといいかもしれない。。。

*****

1906年にはニューヨークサン紙にこう書かれている。
「ティファニーには、どんなにお金を出されても決して売らないものが1つある。…ただし顧客が商品を買うと無償で提供される。それは、ティファニーの名が冠された箱である。責任を持って製造された製品が中に納められていない限り、その箱をお店から持ち出してはならないという創設以来の厳しいルールが、貫かれているからなのだ。」 (ウィキペディアより抜粋)

((大矢))