ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2010-08-03
8/3/10 Yesterday
私は夢はよく見るほうで-という表現は間違っていますね。誰でも眠れば夢を見るはずなのですから。見た夢を覚えているか、どうか、で夢をよく見るとか見ないとか、ということになるのでしょう、きっと。ねずみだって夢を見るらしいです。迷路の実験をした後に眠ったねずみの脳の活動を観察してみると、迷路で体験したことをおさらいしていることがわかるのだそうです。人間でもねずみでも脳内活動は電気(?電磁?電波?)ですから、電気の活動を測定することによってどんな夢を見ているかがわかるということらしいです。う~ん。私の壊れ始めた脳ではよく理解はできないものの、そういうことだったら、映画「マイノリティー・レポート」の世界もまんざらSFの世界のお話ではないのかもしれません。

毎度のごとくウィキペディアによると、

夢とは睡眠中に起こる、知覚現象を通して現実ではない仮想的な体験を体感する現象をさす。
睡眠時は本来ならば何も感じていないと考えられる大脳が覚醒時と同様な活動状態を示す脳波になる。時にはその活動に刺激されて反射運動がみられる場合がある。この反射運動には、寝ている状態で手足を動かす、声を発する(つまりは寝言)などある。寝言の中には歌を歌いだすという報告もある。
反射行動の中には日常生活では見られない行動、奇異であり不思議な行動が見受けられる。フロイトの報告によれば、普段聞きなれているのだが、発音できなかった(もしくは上手でない)外国語を突然、流暢に喋りだすという事例がある。また、睡眠中に突然起き上がり歩き回るが覚醒時にはその記憶が残っていないなど、その行動が顕著な場合に夢遊病と呼ぶことがある
   ((中略))
夢を見る理由については現在のところ不明である。 夢の存在意義を定めようとする説はさまざまあるが主に
*無意味な情報を捨て去る際に知覚される現象
*必要な情報を忘れないようにする活動の際に知覚される現象
の二つが有力である。。。。。

というわけで、私はよく夢を見るほうだと思います。かなり現実的な状況なこともあって、この間もオフィスで電話である人に無理難題を押し付けられて困りきっている夢を見ました。あはは。ネットフリックスみたいに見たい夢を選ぶことができたら楽しそうですよね。見たいと思っている夢ってなかなか見られないものではないでしょうか。私はそうです。私には昭おじちゃんという伯父がおりました。母の一番下の弟で、母とも8歳も年齢が違い、私とは16歳しか年齢が違わなかったので、小さな頃から私にとっては憧れの先輩のような存在で、大好きで大好きで仕方ありませんでした。その伯父は20年も前に39歳の若さで他界し、私の前からいなくなってしまいました。野球とお酒をこよなく愛し、ビートルズが大好きで、素敵な絵を描く人でした。私にとって、この伯父をなくしたことが、これまでの人生で一番悲しかったことのように思います。いまでも伯父の元気な声が耳に聞こえてくるように思いますし、顔もしぐさもあせることなく鮮明に覚えています。お葬式のことも忘れることができません。その伯父の夢を私はこの20年で1度しか見たことがありません。あんなに仲良しだったのに、死んじゃったら冷たいものです。夢にくらい出てきてくれてもいいのに、と思うものなのですが。

この週末、ぼぉーっとテレビを見ながらチャンネルホッピングをしていたら、PBSでPaul McCartneyがLibrary of Congress Gershwin Prize for Popular Songsを受賞した際のホワイトハウスでのトリビュートコンサートに遭遇。色々な人たちが呼ばれてポールの歌を披露(個人的にはエルビス・コステロが一番良かったように思います)。最後にポール自身も数曲歌い、コンサートの〆はHey Judeでした。Na~~~na~na~ nananana~~~ Nanana~na~ Hey Jude~~~ という有名なサビの部分はポールが観客全員を巻き込んでの合唱となりみんなが笑顔でコンサートが終了。私はこの歌を聴きながら上述の昭おじちゃんを思い出し、久しぶりに泣けてしまいました。昭おじちゃん夫婦に最初の赤ちゃんが生まれ、7月に生まれたのでジュライという名前をつけ、生まれてからもジュライ君を溺愛した伯父でした。Hey Judeという曲は、あまりにも有名なので私が解説をする必要もありませんが、ポールがジョン・レノンの息子ジュリアン君のために作った曲です。がんばれ!っていうメッセージが山盛りの歌ですね。ある日、伯父一家が家に遊びに来た日曜の午後、私が持っていたビートルズのアルバムを伯父が見つけ、テープに録って欲しいと言うので(レコード、テープレコーダー、そんな時代でした。)、レコードをかけることになり、Hey Judeのこのサビの部分では我が家の居間も大盛り上がり。伯父は当然Judeの部分をジュライ~~~と叫んでいました。もう何十年も前のことなのですが、夢にも出てきてくれない伯父のことをあまりにも鮮明に思い出してしまい、泣けてしまったのでした。

夢、と言えば、Yesterdayという曲はポール・マッカートニーが夢の中で耳にしたTuneなのだそうです。目が覚めた時にこのTuneがずっと頭に残っていて、どこかで聴いたことがある曲なのではないかとまわりに聞いて回ったそうなのですが、誰も聞いたことがない、というので、僕の作曲としちゃうことにしたんだ、とおちゃめに語っていました。これは本当の話のようです。天才は寝ていても天才の能力を発揮するものなのでしょう。Yesterday… All my troubles seems so far away…… Now it looks as though they’re here to stay… Oh, I believe in yesterday…

((大矢))