ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2012-09-26
Zumba Zumba!
このところよく、「細い」とか、「Toned」、つまり引き締まっている、というところでしょうか、そんな嬉しいコメントをいただくようになりました。私は10代の半ばから20代前半までかなりぽっちゃりタイプだったので、いつも自分の中での自己認識はオデブ。多感な時期に太っていたので、やはりこの時期の自分の認識がどうしても心の中からぬぐえないのだと思います。細い、引き締まっている、と言われるととても嬉しいとは思うのですが、自分の中の認識はやはりオデブ感をぬぐえません。ぽっちゃりオデブ時代は、あれこれと流行るダイエットに挑戦し、少し痩せたり元に戻ったりを繰り返した青春で、細い細い日本人の女の子たちの中にいて、正直なところやはりコンプレックスだったことに間違いはありません。新しいジーンズや服を購入するのもいつも一抹の恥ずかしさが伴ったものですし、いつもゆったりめの服装でビキニなんて一生私には無理だと信じていました。それがこのトシになって、まわりから細い、引き締まっている、更には少数派のご意見ですが、スタイルが良い、とまでおっしゃってくださる方々もおられ、あらあら、どうしたのかしら、とドギマギしつつ、長生きをするのも悪くないなぁ、なんて悦に入っている昨今の私です。

何故急にそんな風に見えるようになったのかしら、と考えてみました。特にダイエットなんて何年もしていません。お恥ずかしいお話しですが、私は食べ物の好みが偏っており、それに加えてお菓子好き。子供のような食の嗜好でして、朝起きていきなりアイスクリームを食べることだって、チョコレートを食べることだって、ポテトチップスを食べることだって全然OKです。朝起きて、夜中過ぎにベッドに入る直前まで、ず~~~~~っと何かを口にしており、仕事中も、口にクッキーなんかを加えてコンピューターに向かっている姿は、私のまわりの皆さんにはもう自然の光景になっているかと思われます。バターが大好き、チーズも大好き、脂肪分たっぷりの食べ物には目がなく、主食はチョコレート、と言っても嘘ではないくらいチョコレート好き。フルーツも大好き。お料理はあまり好きではないらしく、飼い猫の食事の支度のほうが自分の食事の用意より手がかかるくらい。栄養のバランスなど考えたこともなく、食べたいと思ったものを口にしているだけです。

にもかかわらず、スタイルがよい、なんて嬉しいことを言ってもらえるようになった原因をよくよく考えてみると、ズンバ、この一言につきます。以前にもズンバにはまっていることについて書いたことがあると思うので、リバイバルですが、痩せたいと思っておられる方、何か運動はしたいんだけれどジムの機械運動はどうも気が進まない、という方、皆様に私のズンバ熱をおすそ分けしたいと思い、またまたズンバについて語ります。

私はNYSCのメンバーなので、ここのズンバクラスを受けています。週に3回、4レッスンが目標。よほど重要な用事や体調の不備がない限り、私の1週間はズンバを中心に過ぎてゆきます。NYSCのズンバクラスは最後のストレッチも含めて55分。(スケジュールによっては45分という短いものもあります。)インストラクターによってかなりコリオ(振り付けのことをインストラクターの人たちはコリオって言ってるみたいです。)も違いそれぞれに特徴があって、その気にさせてくれるインストラクターに出会うことが一番大切です。”その気”にさせてくれるインストラクターはやはり人気が高く、インストラクターのまわりを囲んで場所取りが大変。ちょっとした喧嘩になるくらいです。私は2列目で斜め横からインストラクターの全身が肉眼で見える場所がお好みです。ちょっとスタジオに入る出足が遅れてしまってお気に入りの場所を確保できないと、なんだかいつもと同じ運動ができた気にならないのが不思議。特に1~2列目に背の高い大柄な人たちが陣取っていて、しかもしっかりコリオをマスターしていなく音楽と体の動きがマッチしていない人を見ながらは自分のリズムも狂ってしまうのでちょっと不満です。長く同じインストラクターのクラスを取っている受講者はそれぞれが自分の立ち居地を持っていて、みんな一過言ある人たちなので、初心者のうちは3列目のあまり端ではなく、真ん中から少し斜め横のあたりの位置に陣取るのがよいでしょう。インストラクターの姿も垣間見れますし、1~2列目で踊っている上手なベテランさんたちをお手本にすることもできます。

さて、ズンバフィットネスとは何か。コロンビア人のエアロビクスのインストラクターをしていたBeto Perezさんが、ある日、エアロの音楽を家に忘れてレッスンに来てしまい、仕方なく、その時にたまたまバックパックの中に入っていたサルサとメレンゲのミックステープを使ってレッスンをしたところこれが大好評。そこからズンバが始まったそうです。ズンバはラテンの各種ダンスやヒップホップ、Bollywoodダンスなどをベースにしたローインパクトのエクササイズで、本当に嘘じゃなく全身の筋肉を使わされます。テンポの速い音楽、スローな音楽を色々と取り混ぜながら心拍数をコントロールしつつの運動で、ローインパクトですから汗もたっぷりかきますし、筋肉もどこかだけに集中した運動ではないので、脚だけ太くなる、なんてこともありません。1日コンピューターの前に腰をかけて仕事をした後のむくんだ足もズンバの後はすっきりほっそりしているくらいです。ダンスのステップをベースにしていますが、ダンスではないので、ステップはそう難しいことはありません。いくつかのパターンがあって、音楽によって大体パターンがつかめるようになるので、音楽と体の動きがシンクロし始めれば、後はそう難しいものでもないですし、何よりも、音楽が耳に入ってきた瞬間に体が嬉しくてニコニコし始めるのが自分でもよくわかります。とにかく、下手だろうと上手だろうと、楽しければいい、ステップがわからなくてただ飛び跳ねているだけだってカロリーは消費されるでしょ!というのが私の大好きなインストラクターの口癖。とにかく楽しいのが、ズンバがこれだけたくさんの人たちに愛されている理由でしょう。一説によるとズンバを踊っているとエンドルフィンが脳内にたくさん出るそうな。私なんて快感値がふれきっちゃってるかもしれません。

リズム感なんかないし、人前で踊るなんて恥ずかしい、なんて思ってしり込みしないでください。私もリズム感なんてこれっぽちも持ち合わせてませんし、どちらかというとヨガ系のノ~ッタリしたテンポの私で、ラテンの血なんて一滴も持ち合わせていませんが、3年続けると軽い気分で踊れるようになりました。しかも40歳をすぎてからですよ。ちょっとじゃなくたくさん過ぎてます。。。最近はどういうわけか、同じレッスンを受けている人たちから声をかけられるようになってズンバのときだけ仲良しの人たちもでき、それもまた楽しいものです。そして気がつかないうちに体がひきしまり、人からお褒めの言葉をいただけるまでになった私です。このトシでここまで体が動けば上等、上等、とこのところ気持ちもよろしく、おばあちゃんになってもズンバを踊っていたいと心から願っている私です。

私のとっているレッスンのひとつはハセガワマミさんという日本人の方が教えておられるレッスンです。全く体に脂肪がついていなく、それこそ引き締まったかっこよいスタイルのインストラクターで、ヒップホップなダンス系のコリオが中心で、心臓にそう大変じゃないのに、たっぷり楽しく汗をかかせてくれる素敵なインストラクターです。是非マミさんのレッスンを受けてみてください。マミさんから聞いたのですが、彼女もズンバを始めて3年くらい。すぐにはまって、1日に2レッスンを毎日繰り返したら、1年で知らないうちに20ポンド(40ポンドだったかも)も痩せていたそうです。

これから寒い冬がやって来て、家の中にこもりがちになる季節ですが、こういう季節にズンバを始めておけば、来年の夏はビキニでビーチバケーションをしてますよ、きっと!私はビーチにも行かないのにビキニショッピングが大好きです。

I love Zumba!

((大矢))