ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2014-02-07
閉じたら開く
ヘレン・ケラーの言葉
「ひとつの幸せのドアが閉じるとき、もうひとつのドアが開く。しかし、わたしたちは閉じたドアばかりに目を奪われ、 開いたドアに気づかない。」

そうなんです、閉じたら開くんです。絶対に!これは私の自身の経験から保障します。

せっかく新しいドアが開きかけているのに、目の前にあることに妙にこだわり、閉じそうなドアを無理矢理止めようとしたら、新しいドアさんはきっと、「あ、必要ないんですね。じゃまた。」と言ってパタンとしまってしまうでしょう。(この、「じゃまた」、がポイントなんですけど。)

これは就職活動にも通ずるものがあるなぁ、とひしひし思います。私達リクルーターのお仕事は、あくまでも候補者側と企業側の「ご縁つなぎ」であって、最終的にそのご縁を選択するかしないかは、ご本人次第です。

例えば、企業様からオファーを頂いているのに、現時点では目に見えない未来の保障にこだわったり、ビザ問題等で不確実要素が多いために、一歩飛び込む勇気がなかったり。

そもそも開きかけたドアに一歩足を踏み込んでみなければ、新しい世界もありません。そのリスクを承知で新しい世界に飛び込むかどうかは自分次第なのです。

もちろん、もっと他に自分に合った条件でのオファーが出ていたり、自分の内的感覚に従ってよく考え直し、「やっぱり違うな」と思ったら、その時は「違う」のです。

その時は、これまでのご縁に感謝をし、堂々と辞退して頂くことに何ら問題はありません。面接が進むうちに「思っていたものと違った」ということはよくある話なのです。私達や企業に申し訳ない、という気持ちもあまり持つ必要はないと思います。

そしてこれは密かに恋愛にも通じるかと思います。(笑)

閉じかけたドアにしがみつく、何とか関係を修正しようとする。壊れたボートを修正するより、新しいボートを作った方がまし、なんて言葉もありますけど、そもそも自分の人生に必要なモノは自然と向こうからやってきます。そして生涯孤独になることは絶対にないと信じます。

だから、1度選択を間違えて開きかけた新しいドアの存在にに気づくことができなくても、形を変え、声を変え、自身の成長に必要な出会いや状況は次から次へとやってくるのです。

なので、焦らなくてもいいんでしょうけど、その開きかけた新しいドアの存在に「気づくかどうか」がとっても大切なことなんじゃないかと思います。

閉じかけたドアにさよならする勇気はあなたの中にしかありません。他人が外部からなんやかんや言っても結局は自分の手でないと次のドアは開けることができないようになっている気がします。

ということで、就職活動に話は戻しますが、あくまで私達ができるのは、その新しいドアを、今まで見えていなかった場所から、皆さんの視界の中に持ってくる作業に近いかと。そのドアを開くかどうかは本人次第ですので、少しでも皆さんの人生におけるチャレンジの選択肢を増やすお手伝いができたらなぁと思っています。逆に言うと、閉じかけたドアにしがみついている人のお役には立てません。

必要な時にはいつでもお力添えいたしますので、いつでもご連絡お待ちしております~!

黒川