ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2014-07-21
Subtlety by Kara Walker
ニューヨークでは、常に何らかのアート・プロジェクトや
エキジビジョンが行われいてますが、
この夏のアート・エキシビジョンの目玉の1つとして
5月からスタートしたのが コンテンポラリー・アーティスト、
カラ・ウォーカーが クリエイトしたスカルプチャー「Subtlety」。

そんな訳で、7月の上旬に、この展示を見に行ってきました。
場所はウィリアムズバーグにある、イースト・リバーに面した
閉鎖されて久しいドミノ・シュガーの工場です。

さすが知名度が高いエキシビジョンとあって長い列が出来ており、
入場者全員に義務付けられている閲覧に際しての許諾書へのサインして、
待つこと30分。

待ちに待ってファクトリーの中に足を踏み入れたて
まず圧倒されたのが、古い工場の匂いと、
ムッとする砂糖独特の甘い香りでした。
視覚だけでなく、嗅覚まで刺激されます。

天井が高くがらんと広い空間で、遠くにメインの巨大な彫刻が
白く輝いて展示されいるのが見えます。

入り口からそのメインの彫刻にたどり着くまでには、
随所に設置されているのが、血にまみれたような子供の奴隷の彫刻でした。

メインの彫刻は、約11メートル、
長さ23メートルという巨大サイズで、
内側はポリスチレンで出来ているものの、
その外側を覆っているのは真っ白な砂糖。
製作に使われた砂糖の量は、約80トンと言われています。

そもそも、これらの作品自体は、
真っ白な砂糖を 白人層の食卓にもたらすために、
サトウキビ畑で 奴隷として重労働を強いられていた黒人層に
ささげられたものと言われています。

クリエーターであるカラ・ウォーカーは、
「アフリカの強制労働によるダイヤモンド・ビジネスを
”ブラッド・ダイヤモン)” というならば、
この時代の製糖ビジネスは”ブラッド・シュガー”と
呼ばれるべき」として、 あえて子供達の彫刻は、
赤黒く仕上ているそうです。

そのカラ・ウォーカーというアーティストは、
黒人女性初のサクセスフルなビジュアル・アーティストで、
メッセージ性の強い作品で知られています。

奴隷制が過去のものと思いきや、
現代はヒューマン・トラフィッキング、すなわち人身売買の数が
史上最多と言われる状態です。

その一方で、かつては奴隷制と強制労働によって
生み出されていた砂糖は、肥満、糖尿病という形で、
現代の大きな健康問題、社会問題を生み出されています。

そんな社会背景や歴史等の 様々な要素が絡んで、
観る人によって大きく解釈が異なるのがこのスカルプチャー。
インターネット上でも、かなりの論争を巻き起こしているようでした。

ぜひ見に行ってください、と言いたい所ですが、
残念ながらこの展示会は7月中旬を持って終わってしまったのでした。。。
また、次の機会に!

松浦