ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2014-08-05
シェアハウス
最近気になる話題があります。それは、“シェアハウス”。
Wikipediaによると、“ひとつの住居を複数人で共有すること。”
定義を求めるまでもないですが。

シェアハウスはルームシェアと同じく経済的な負担を軽くするため、というのが主な目的だと思っていましたが、日本でのシェアハウスはそれだけではないようです。
日本にはどんなシェアハウスがあるのか調べてみましたが、なんともおしゃれな家ばかり。共有部分の庭やリビングが広く、とてもきれいな家や立地がよいところも多く、そのほとんどは、業者がシェアハウス用に建設したり、リノベーションをしたもので、女性専用のシェアハウスもあり、経済的負担の軽減のみならず、安全面やこんなおしゃれで便利な場所に住めるという立地に考慮した目的にもなっています。住居人同士の問題があっても、業者が間に入って解決してくれる場合もあるということなので、面倒からも開放されます。

さらに進み、個人でもある目的を持って同居人を集うというシェアハウスもあるそうです。最近の日経新聞の記事ですが、複数人で住むシェアハウスの一角を外国人に無料で提供をし、家での公用語は英語にして語学を学ぶ目的ではじめた人もいます。この方は、外資系企業に転職をしたといいますから、十分に効果があったということになります。
語学だけでなく、今は様々な目的でシェアハウスの住人を集っているそうです。
シングルマザー同士、コンピューター関連の人たち同士、様々なフリーランスの人がシェアハウスをしてクリエイティブな仕事を創造する目的で集まる場合もあるそうです。また、通常の賃貸アパートなどに共有部分をプラスしたソーシャルアパートメントと呼ばれる、個人の生活を確保しながら、他者とのコミュニティーも確保するという住居形態で、出会いや助け合い、または新しい仕事のチャンスを提供するシェアの方法も登場しています。
シェアハウスはもう単なる空間のシェアだけではないのです。

アメリカのシェアハウスというと、少し前で言えばMTVのTHE REAL WORLDや、JERSEY SHOREが思い浮かびます。最近で言えば、BIG BROTHERでしょうか。まだ観たことはありませんが、日本でも”テラスハウス“というTV番組が話題になっているとか。
TVということもありますが、どれも同居人同士のドラマが目的で、そしてしばしば激しいやり取りや行動が話題となるものばかり。

現実のアメリカでのルームシェアやシェアハウスはあくまでも経済的理由によるものが多いように思います。できれば一人暮らしをしたいけれど、ニューヨークの高い家賃は払えないから仕方なく、という場合が多いのではないでしょうか。 シェアハウス自体に多様性は求めていないように思います。

一方シェアハウスに多様性を求め、“経済”や”共有“以外の目的を付加する日本。おひとり様、そして高齢者がますます多くなっていく将来、昔のような隣近所の付き合いが望めない希薄は関係を考えると、確かにシェアハウスは様々な問題を解決するひとつの要素かもしれません。

シェアにまつわり、上記の日経新聞にはお墓のシェアに関しても触れていました。少子化や、未婚の人が増える中で、家族のお墓の面倒をみることも難しくなっており、共同墓地に入ることを決めている人も多いといいます。墓友を募る方もいらっしゃるとか。

“Sharing is caring”と言う言葉はありますが、アメリカでのシェアは両立した個人同士の間のことで、もっとドライでビジネスライクな感じがします。かたや日本の場合のシェアは漢字の“人”のようにお互いに支えあうために存在するような感じです。長屋も、隣近所の助け合いもなくなったといいながら、日本人には形は変えても他人とのかかわりを求めるDNAが存在するのでしょうか。

神長