ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2015-07-22
7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性
国の代表チームというと、すぐ思いつくのはやはり、サッカーでしょうか。
男子の代表チームがW杯の常連になり、女子の代表チームはW杯で前回大会を制し、
今夏は準優勝と輝かしい成績を収めていますね。

そんなサッカーの影に隠れがちな、野球の日本代表、侍ジャパン、しかもU-12に今回はフォーカスを当ててみたいと思います。と言うのも、私自身、小学校3年生から、中学3年生まで野球をやっており、(高校は特待生が多いチームだったので入団辞退)また、今回、侍ジャパンのU-12代表チームの監督を元ジャイアンツの仁志敏久氏が務められていること、などなどで興味が湧いたからです。因みに仁志氏は私の地元、茨城の常総学院出身でもあり、当時の茨城の野球少年の憧れ?であったと遠い記憶が。。。。w

まず、侍ジャパンについて簡単に。さまざまなステークホルダーが存在する日本の野球界において、単なる代表チームとしてではなく、野球人気の低下、競技人口の減少という深刻な問題に対処すべく、球界の英知を集結させた一つのプロジェクトだそうです。

さて、その侍ジャパンの中で一番若い世代のU-12ですが、仁志監督の方針が非常に素晴らしいのです。選手としても一流で頂点を極めた監督は、選手の将来を見据えた指導に徹しています。監督曰く、「野球の子は野球しかやらない。一方、サッカーの子はサッカーをやるためのフィジカルトレーニングを凄くやる。これくらいの年代の子には技術よりも運動動作を高めてあげることのほうが実は重要です」そんな監督を支えるのはトレーナーの川島浩史氏。仁志監督がどういった意識でグローブを動かし、ボールを投げていたかを野球選手の感性と運動動作のプロ=トレーナーの理論で分析して、他の者でも実践できるような指導を確立していくそうです。

U-12の真骨頂はアジリティトレーニング。野球選手にとって、俊敏性は極めて重要になります。しかし、現状では小中学生年代で重点的にこの要素を伸ばすような練習が行われているチームは決して多くないそうです。アジリティトレーニングと野球の動きをいかに結びつけて教えるか。「こうとまると、体の軸がブレないんだな」などと考えながらやることで、クセとなって身に付くそうです。また、野球に多い、「これをやれ、あれをやれ」、「はい、わかりました」。自分で何も判断せず言われたことをやっていく。そうではなく、自分で「こうやると、うまくいくんだ」と考えさせるような指導をしているそうです。

選手の体にあったトレーニングをプロのトレーナーがメニューを作成し指導、考える力を育てるなど、自発的に練習に取り組ませる姿勢など、今まで球界ではあまり見られなかった指導法で日本の若きサムライ達を指導しているU-12侍ジャパン。プロで頂点を極めた監督を理論的にサポートするプロのトレーナー。まだまだ日本の野球はこれからですね!感情論、精神論も多少は必要なのかもしれませんが、目先の大会の優勝よりも、まずは選手の将来を考えた育成、的確なトレーニングで有望な選手達を大きく成長させる事が、一番大切だと、中学時代に精神論のみの練習を課せられた身としては強く思いますね。(笑)

Let's Go U-12 Samurai Japan!!