ブログ

2007-06-25
ハケンの品格
ハケンの品格

久しぶりに見ました。日本のドラマ。もしかしたら白い巨塔以来かもしれません。(注:田宮二郎版ではなく唐沢版です。)
日本では大ヒットしたという事と、やはり同じ業界なので、見とかなきゃいけないのかな?という強迫観念から、仕事帰りに日本のレンタルビデオ屋さんに足を運びました。まー、とりあえず第一話を見て、面白ければ次を借りようというプランだったのですが、全10話お買い上げで$20 on Sales !なんていうお店のうたい文句にまんまと騙され、その場で購入してしまいました。ちなみに私はレンタルビデオの遅延常習犯です。いつも「すみませ~ん。」と言って高い遅延料を払う良いお客様?なのです。そういう意味では、今回は正しい自己分析の上、良い判断だったかもしれません。

早速、家族で日本のドラマタイム!うーん何とも珍しい時間。とは言っても子供は2歳なのでこのドラマは少し早すぎる。おまけに英語のテレビ番組(主にディズニーチャンネル)に夢中なので、おそらく邪魔されて終わるのが関の山。という事で子供が寝てから見る事になりました。

内容は、大前春子というスーパー派遣社員が次から次へと起こる難題を解決し、プライドの高い正社員達を次から次へとなぎ倒していくという痛快ラブコメディー。

軽快なタッチで今の日本の会社そして社会が描かれていて、確かに面白かったです。私が日本にいるころは“派遣”という言葉が未だ一般化していなかった頃なので、色々と参考になりました。(もちろんドラマなので5割引ぐらいで見ていますが。)

そして、最終回間際で大前春子が後輩派遣社員に言った言葉、「働く事は生きる事」。職業柄いつも頭の中にある言葉は、仕事、転職、人生、転機、といったことばかりの中で、この言葉はシンプルかつストレートだったので、とっても感じるものがありました。

という事で皆様もお時間があれば是非。そして弊社派遣社員の皆様へ。「日々お仕事、本当にご苦労様です。心から感謝しております。」

鈴木剛央
2007-06-18
Lunch report from NY!
皆様、はじめまして!
今年の5月からNY支店で働いています、新入社員の奥村真知子です。

初のJobログなので、何を書こうかな~とお昼にランチを食べながらずっと考えていました。そして考えて考えた末、私のその日のランチタイムについてお話をさせて頂くことにしました。(単純ですいません 笑)

時計の針がちょうど1時を指し、今日も楽しみに待ったランチタイムがやってきました。何を食べるか迷いながら財布を片手にいざ出陣!
この季節のNYは天気もよく涼しくて外の公園でランチを食べるのに最適です。まず私が向かった先は、オフィスを出てすぐ目に入ってくるストリートベンダー(屋台)。私が見える範囲で三軒もの屋台が!人種の坩堝と呼ばれるNYには様々な国々のおいし~い食べ物がたくさんあります。NYのいたるところにあるので、気軽にそしてお手ごろな値段で買えるのが特徴です。
観光客はもちろん、NYのオフィスで働く人達もランチの時間になると屋台の前に列を作ります。

私もそんな屋台が好きで、よくお昼になると珍しい異国の食べ物を探し歩いています。やっぱり屋台に惹かれるのは、福岡出身だからかしら。。。いえいえ、きっと単純に珍しい物やおいしい物を食べるのが好きだからですね。

さて、そんな今日の私のランチはFalafel(ファラフェル)。
NYに来て初めて食べたこのFalafelという食べ物。さて、いったいどこの国の食べ物かというと、正解は中東です。イスラエル、エジプト、アラビア半島、イランまで広い地域で食べられているそうです。
Falafelとはヒヨコマメ又は、ソラマメから作った日本のコロッケのようもので、そのFalafelをピタパンというパンに色々な具財と一緒にはさんで食べます。私が注文したのはVegetable Falafel。たくさんの野菜、コロッケ、そして特性ソース。これを一緒に食べるとおいしい!
このFalafelですが、屋台によって味も違うし、パンの種類や具財も違ってきます。
もしNYに来られる予定がある方は、是非このFalafelにトライして下さい。ベンダーの食べ物にも人それぞれ好みがあると思いますので、自分がこれだ!と思う屋台を探し出すのも一つのNYの楽しみ方だと思います。

それでは、また何かおいし~い物、珍しい物を発見したら是非皆様にお知らせしたいと思います。これからも宜しくお願いします。

奥村
2007-06-05
お祭りシーズン
皆さん東京から掛巣です。
すでに6月に入り日本は沖縄から徐々に梅雨入りしている今日この頃・・・
いかがお過ごしですか。

本日は“お祭り”について書きたいと思います。
私は東京の下町・荒川区/町屋の生まれで、周囲も台東区浅草や千代田区神田など“お祭りのメッカ”がひしめき合ってます。個人的にはこの5月上旬の神田明神の神田祭から始まって、浅草の三社祭で盛り上がります。締めは地元でもある荒川区の“素盞雄神社(すさのおじんじゃ)”の天王祭です。「天王祭」は荒川区南千住にある「素盞雄神社(すさのおじんじゃ)」の御祭で、京都の祇園祭と同様、夏に流行する疫病を振り祓う都市型の祭禮だそうです。子供の頃からたり前のようにこの時期に山車を引っ張り、神輿を担ぎと騒ぎまくってました(笑)。

今年は三年に一度の本祭り!!毎年行われているお祭りではありますが、この時ばかりはさらに白熱します。下町のおじさん、おばちゃん、おにいちゃん、おねえちゃん、ちびっこ達、ついでに犬猫も熱気に満ちた街を神輿を肩に威風堂々と練り歩きます。メイン通りに出てくる時は担ぎ手のボルテージは最高潮、他の神輿とすれ違おうものならお互いのメンツをかけて神輿をあおりまくります(笑)。

丸一日かけて神輿を担いだその後は、友人達と銭湯へまっしぐら~!
最近は銭湯も“自宅にお風呂”の時代ですのでなかなか生き残れず、閉める所も増えています。そんな中で街中でまだ営業している銭湯を見ると『下町のみんなの為にも頑張れぇ~』なんて勝手な事を思ってしまいます。昔ながらの駄菓子屋や銭湯を見ると
やっぱり下町は風情がありいい所だなぁ~と思います。

アメリカから帰国して早2年半、全くタイミングが合わず参加できなかったり、半被が足りず担げなかったり(因みに神輿を担ぐときは半被を必ず着ないといけないんです・・・涙)。次回は必ずやるぞと“ガキの頃”からの友人と誓った週末でした。
皆さんの地元にもそれぞれ“お祭り”あると思いますが、これから夏本番!!めいっぱい
楽しんで下さいねぇ!!