ブログ

2009-04-27
え?今度は豚??
え?今度は豚?

鳥インフルエンザが取りざたされて、いまだ絶対的効果のある治療法もワクチンも開発されていないうちに、今度は、豚インフルエンザが流行の兆し。
しかもなんと、今回は遠いアジアの国ではなくて、お隣、メキシコが発信源。
アメリカに住む私たちにとって、看過できない状況が、毎日ニュースで報道されています。アメリカ、カナダ、南米コロンビアやベネズエラ、さらにはヨーロッパのスペイン、果ては南半球のニュージーランドまで、すでに旅行でメキシコから帰国した人たちがウイルスを持って帰り、今後感染が広がる可能性はまだまだ高いとされています。

しかも、まだ、この豚インフルエンザ、どうやって発生したのか、解明されていません。WHOの研究機関は当然ながら その特性や毒性、感染経路とその強さなどを特定すべく 必死で臨床検査などしているのだとは思うのですが、まさにOut of Blueで出現した、この豚インフルエンザ。人間の対応は後手ごてに回っているのが現状です。

そもそも、インフルエンザって、風邪とどう違うわけ?と、思われている方々、多いんではないでしょうか?私も実はそうで、、、ウイルスによるものなので、抗生物質では効果がない、ため、タミフルのようなワクチンが必要なわけ、だそうですが、中東諸国をはじめとして、鳥インフルエンザで作られたタミフルを備蓄して対抗処置を講じるとしていると報じられています。でも、果たして効果があるのかどうかも、まだ定かではないんですよね。

動物生態学の研究によると、生物の体重や食性で、1キロメートル四方に生息できるキャパシティは、小さめの草食動物でおよそ7頭、体重100キロを超えるものは2頭、それを捕食する肉食動物だと、1頭、これらのデータを人間に照らし合わせて体重60キロとして換算すると、1キロ平方あたり、なんとたったの1.5人前後が妥当な数字だというのです。そして、現在、南極や北極など実際には人が生息できないような土地も含めた地球全体の地表面積で計算してみると、現実には人間は、1キロ平方あたり45人もが生息している計算になるんだそうで、これはもうキャパシティオーバーもいいとこですね。さて、ご自宅周辺、1キロ平方あたり、いったい何人がそこに住んでいるでしょうか??

つまり、地球全体規模で考えた時、人間という種族は、劇的な進化をとげ、劇的に増殖し、今やこの星の上に生息する生物としては増え過ぎで、自然界のバランスを崩している、という見方があるのです。だからこそ、ウイルスは突然のように発生して大量殺戮をする。考え方と見方を変えれば、地球という星の自助作用として、淘汰が行われている、という解釈もできる、という訳ですね。

でも、自分が淘汰される側だとは考えたくないし、そもそも人間がここまで増殖できたのは、知恵と理性を持った動物として進化してきたから、なのですから、ここは一つ、その知性と理性をフル活用して、私たちが生きるこの星の健康を、まずは第一に考えて、そのために人間として何ができるかを、前向きに考えなくてはいけないんではないでしょうか?自分たちだけが生き残ればいい、という考え方では、共存とは言えず、そうなると、これまでやってきた自然破壊のような生態系自体に影響を与えてしまう、その結果が今の温暖化などに繋がっているわけですよね。結果的にはそれが自分たちの首もしめている、その事実に、そろそろ、知性と理性のある「人間」たちは、本気で気づく時なのではないでしょうか。
そして、 知性と理性をもった種として、この星を守るための行動を起こす時が来ているのではないでしょうか。

とは言え、まずは皆さん、うがいと手洗いでご自身の健康を確保してくださいませ。自分が元気でないと、何も出来ないですものね。てなことで、L.A.OfficeのNaomiでございました。次回は松浦支店長です!お楽しみに。
2009-04-22
Seven Steps to Heaven
皆様こんにちは。NYオフィスの木村です。
当社スタッフからはあまりスポーツの話が出てこないようなので、今回はバスケットボールの話題をお伝えします。

バスケシーズンは毎年11月~7月くらいまでですが、特に盛り上がるのは3月以降。まず3月に大学バスケが盛り上がります。通称"March Madness"と呼ばれ、地域によってはNBA(プロ)を凌駕するほどの熱狂ぶりとなります。大学バスケが終わると次はNBAのプレイオフシーズンに。
東西のそれぞれ勝率上位8チームがプレイオフに進出し、1位 vs 8位、2位 vs 7位…といったトーナメント方式で対戦していき、最終的に勝ち残った東と西のチームが「決勝戦(プレイオフ・ファイナル)」で優勝を争うわけです。全7戦のうち先に4勝したチームがチャンピオンとなるのです。

現在はまさに1回戦が行われている真っ最中。今の所大きな波乱は起きていない模様です。
…と、ここまで読んできてバスケネタもう少し聞いてやってもいいかと思っている方、バスケに興味あるんだけど見方が判らないと感じている方、お節介な木村が今年のプレイオフのポイントを勝手に予想してお知らせします。(注:カッコ内の数字は背番号です。)
東地区
本命: クリーブランド・キャバリアーズ
注目選手 ジェームス(23)、イルゴウスカス(11)
ボストン・セルテイックス
注目選手 ピアース(34)、ガーネット(5)、ロンド(9)
大穴: オーランド・マジック
注目選手 ハワード(12)、ターコルー(15)
西地区
本命: ロサンジェルス・レイカーズ
注目選手 ブライアント(24)、オドム(7)、ガソル(16)、バイナム(17)
サンアントニオ・スパーズ
注目選手 ダンカン(21)、パーカー(9)、ジノビリ(20)
大穴: デンバー・ナゲッツ
注目選手 アンソニー(15)、ビラップス(7)

東地区は勝率1位2位チームが順当に進むのではないかと思います。別の表現をすれば、ドンデン返しが出来そうな底力のあるチームが見当たりません。一方で西地区は例年同様激戦区でプレイオフに出るだけでも大変です。総合力ではレイカーズが圧倒的ですが、ビラップス加入により安定度が劇的に増したナゲッツが勝ち残れば、少し面白いプレイオフになりそうです。ずばり私のファイナル予想はレイカーズ対キャバリアーズ。4勝1敗でレイカーズが王者に。

あまり需要の無さそうなネタを書ききって満足です。(実はまだちょっと足りないかも。)
個人的には、応援していたフェニックス・サンズがプレイオフ出場さえ叶わなかったので結構落胆してます。今年はボストンでもを応援してみるか。
2009-04-16
「言葉」の大切さ。
皆様、こんにちは。アクタスの奥村です。
先日お客様のところでこのジョブログの宣伝をしてきました。
そして早速見て下さったとの嬉しい連絡が!文章を書く事が苦手でいつも当番が回ってくると頭を抱えている私ではありますが、そうやって見て下さっている方がいるっていう事は本当に嬉しい事です。

最近よく感じる事があります。

アメリカ学生生活、そしてこの仕事をするようになってますます感じる事、それは「言葉」の大切さです。

大学時代の先生がこんな事を話していたのを最近よく思い出します。

「言語はただのツールにすぎない。日本語、英語、スペイン語、発音が奇麗で色んな言語が流暢に話せるとクールに聞こえるが、果たして皆きちんと使えているのだろうか。大切なのは、一語一語の意味、その重さ、そして使い方だ。」

本当にその通りだと思います。

毎日色々な人との出会いがあります。これまでは家族だったり、自分と似たタイプの仲の良い友達だったりと、そこまで言わなくても伝わる人たちの中にずっといました。自分が安心する環境の中であれば、本音を言える、という環境。弟には何でも強く言える私。

あまり自分の感情をあからさまに表現せず、奥ゆかしいところが美徳とされてきた昔の日本とは違い、表現の自由がある現代。多様な人種が集まるアメリカであればなおさら、当たり前の事が当たり前ではなく、自分の言いたい事は言わないと伝わらないはずです。

そんな事を日々感じながら、色々な人との出会いがあるこの場所で、貴重な体験をしているなぁ、と思っています。

あ、今の表現素敵だなと思ったり、自分が言われて嬉しい言葉に気づいた時。自分もそんなふうに言えるようになりたいと思います。自分と出会った人がハッピーになれるように。もちろん、言葉遣いだけではなく、感情表現も大切なはず。まずは笑顔から。

アクタス
奥村真知子
2009-04-06
What I Am Thankful for
先週末は、友人の誕生日でした。
他の友人とサプライズでケーキやお花を用意し、
クラッカーでお出迎え。
楽しい時間を過ごしました。

その時に撮った写真を、集まった友人達に送ろうと
Eメールを書いていた時に、ふと思ったことがありました。
それは、その友人の誕生日を一緒に祝えたことは
決して「当たり前」ではないんだな、ということです。

彼は、誕生日の数日前まで出張でNYに行っていて
帰ってきたばかりでした。NYへの出張が1週間ずれていたら
一緒に祝うことが出来なかったわけです。

そこに集まった友人にしても、本当はそのサプライズパーティーに
参加する予定だった2人が、急な仕事などで参加することが
出来ませんでした。誕生日の彼にも、もしくは私自身にも
同じことが起きていた可能性があります。

営業という仕事をしていて日々思うことは、
全ての出逢いや、起こる一つ一つの出来事が奇跡的だということです。
こんな風に書くと、なんとも大げさなように聞こえるかもしれないですが、
毎日当たり前だと思っていること、偶然だと思っていることを
ふと改めて考えてみると、決して「奇跡」という
言葉を使うことは、大げさではないことが分かります。

何度、どんな方法でコンタクトをしても、うまくアポイントが取れずに
結局会えずじまいだった人事担当の方もいました。
たまたまコンタクトをした日にOpening Positionが
出てくることもあれば、逆にちょうど「本日採用が決まりました」
と言われることもあります。

訪ねた建物に入っている、他の企業の担当の方をふと思い出して、
○○さんどうしているかな?なんて考えていると、
その方がいきなりビルから出てくる、なんてこともありました。

特にアメリカにいると引越しも多く、また日本人の友人に関しては、
ご存知のとおり、帰国することも非常に多いわけで。
その中での出逢い、そしてその内に起こる出来事というのは
さらに奇跡的だと感じることが多々あります。
それを「当たり前」「偶然」という言葉で
終わらせてしまってはもったいないなあと
この仕事を通して何度も考えることがありました。

今日勤務中に掛かってきた電話に出たことは、偶然ですか?
今日会う予定の友達に会えることは、当たり前のことですか?
今日ふと頭に浮かんだ人、その人のことを考えたのは偶然ですか?

このJoblogを、今、このタイミングでこうして書いていられることは
決して「当たり前」でも「偶然」でもなく、一つの小さな奇跡
なのかもしれないなあ・・と私も今思いながら書いています。

(武井)