ブログ

2010-07-26
我が家のソファー
「このソファー何かくさ~い。」
すべては、子供のこの一言から始まった.....。


結婚15年。普通なら、新婚生活スタートとともに家具を購入するものだが、我が家の場合、ほとんどお互いが独身時代に使っていたものを持参した。
ソファーは、家内が使っていたものをそのまま使い、何と15年も使用しているのである。

過去に何度も買い替えを検討したのだが、やんちゃな猫2匹がいるため、彼らにガリガリされたり、“そそう”をされるので結局見送ってきた。

しかし、今回子供のこの一言で思い腰をあげたのである。
長時間にわたる家族会議の結果、やんちゃな子供+猫がいるという理由により、高価でオシャレなレザーソファーなんていうものはXになり、優先事項は、

1、子供がこぼしたり、猫が“そそう”したりしても目立たない色で。
2、猫がガリガリしても目立たない素材で。
3、身体の大きいお父さんが横になっても、他のメンバーが座れるようなL字型で。

という事で、ほどなくIK○Aの安い家具で、という方向性で収まり、先日IK○Aが狙っている、絵に描いたような週末家族3人連れでショールームに行ってきたのである。


半日かけて店員とやり取りし、ついに決断。(といっても、私はほとんど見ていただけだが。)
翌週土曜日にデリバリーという手配も完了。
ついに我が家も人並みなソファーが入ることになり、家内も私も少々興奮気味....。


そして、デリバリー当日。何と到着予定時間の5分前に来るという離れ業に、家族一同歓喜の声。

しかし、喜びはここまでであった......。




購入したソファーカバーの色が、違う..のである。
要するに、L字型ソファーのIの部分はあっているのだが、―の部分が違う色なのである。

さらに、ソファーを組み立てていくと、なんとナットとボルトが一対足りないではないか.......。

まあーそこは、ベテラン組立工が機転を利かせて、あまり負荷のかからないと思われる部分のものを代用した。


さて、ソファーは何とか完成したものの、見た目は、白い裏地と購入色のツートンカラーのままである。

ここで、家内がIK○Aのウエブサイトで調査したところ、購入したNJ店では、この色はOUT OF STOCKであるが、Brooklyn店では、在庫があるとの事実を発見。


早速翌日、ExchangeするためにBrooklyn店に足を運んだ。
すると..........




大きな赤い字で、OUT OF STOCK。

しょうがないので、間違った色のカバーだけをreturnし、家族全員落ち込みながら帰宅。



そして帰宅後さらに調べたところ、この色は現在IK○A全店でOUT OF STOCKが判明した....。

結局、15年ぶりの我が家のニュー・ソファーは購入から2週間たったいまも裏地とグレーのツートンカラーのままである。



鈴木
2010-07-19
7/19 野外で音楽!
みなさん、はじめまして。
新入社員の武田です。
皆様のお役に立てますよう精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

2週間前に東京からNYに帰ってきて、すっかりこの暑さにやられてバテ気味でしたが、この週末は前々から楽しみにしていた、Central ParkでのSummerStageという野外音楽イベントへ行ってきました。

余談ですが、この日、ショーの前に近くでお昼ごはんを、と思って飛び込みで入ったレストランで、ふと隣を見ると、なんかよくTVで見る顔。誰だっけな?と思っていたら、Al Sharptonという政治家でした。彼はCNNやFoxNewsといったニュース番組では常連ですが、最近ではマイケルジャクソンの葬儀でスピーチをしていたので、私もこんなに顔を覚えていたみたいです。NYならではですね。

さて、この日のショーは、メインがRaphael SaadiqというR&Bミュージシャン。彼は若いころプリンスと一緒にツアーを回っていたり、TLC、D’Angelo、John Legend, Mary J Bligeと言ったアーティストのプロデューサーをしたりと、R&B界では大きな成功を収めている人です。

彼のショーを見るのは初めてでしたが、声の美しさ、歌の上手さはもちろんのこと、魅せ方を知り尽くしている彼のパフォーマンスは圧巻でした。
暑い中1時間を超えるショーでしたが、最初から最後までエネルギッシュで、とても良い刺激をもらえました。
お客さんも、暑い中ショーの始まる何時間前からも場所取りをしていて、ショーが始まると、老若男女、汗だくになりながら踊って音楽を楽しんでいました。

夏の野外の音楽ライブはやっぱり特別なエネルギーがあります!外で緑に囲まれているという解放感と、太陽の陽射しと暑さが、聴覚だけでなく、五感を刺激するのかもしれませんね。

武田
2010-07-14
皆さん、こんにちは。
アクタスの奥村です。

7月初旬の独立記念日のロングウィークエンドを利用して、ジョージ湖(Lake George)に行ってきました。ニューヨークシティーから北に車で4~5時間のところにあり、NY州内ですし、プチ逃避をするならお勧めの避暑地です。

初めて行ったのですが、とにかく大きいの一言。バーモント州とニューヨーク州を隔てるアディロンダック山脈の南東部にあり、前兆は約54kmあるそうです。湖だけで無く、山や滝もあったりと自然がいっぱいで、日々のニューヨークシティーでの生活に疲れ、自然に飢えていた私にとっては最高の場所でした。エネルギーを沢山貰った気がします。

ジョージ湖の水は飲用水としても使用されるほど透明度が高いそうで、泳ぐ事もできれば、釣りも盛んだそうです。その他にもパラセーリング、カヌー、ウォーターラフティングなどなど、アクティビティーが盛りだくさん。

私はと言いますと、得に計画を立ててなかったので、3日間ほとんど湖で泳ぐか、砂浜で昼寝をするかで終わってしまいましたが(笑)。それでも十分!最近水泳を始めて泳げるようになって嬉しい私は、ゴーグルまで持参し、湖でひたすら泳いでました。周りから見たら変な人だと思われたかもしれません。。。湖の水温が低く冷たかったからかもしれませんが、ほとんどの人が砂浜に座って日光浴をしているか、湖の中に立っておしゃべりをしているかでしたし。決してお洒落にバカンスをしているという雰囲気では無かったのは確かです。日焼けでゴーグルの跡ができなくて本当に良かった。。

来年はもっと違うことに挑戦してみようっと。
という訳で、ジョージ湖は毎年夏の定番になりそうです。

アクタス
奥村真知子
2010-07-07
7/7/10 Addicted to Love
♪♪♪Might as well face it, you're addicted to love...♪♪
頭の中に渋いブリティッシュイングリッシュの男性の歌声が流れてこられた方、またはジャケットなしのビジネススーツ姿の渋めの男性が、背の高いスタイルの超素晴らしい同じ黒のミニドレスを身にまとってギターを抱えた同じ髪型に同じメークのシックに踊る数名のモデルをバックにスタンドマイクの前で渋く歌う姿を思い浮かべた方々。そんな皆さんは私と同年代にロックがイキイキと生きていた素晴らしい時代を堪能した世代の方々なはず!

へ?誰の歌?とおっしゃっておられる方々のために、解説を。これは1986年にロバート・パーマーというロック界きってのシブシブアーティストが大ヒットさせた曲でAddicted to Loveといいいます。

なんと、ウィキペディアにこの曲の解説ページがありました。すごい。
それだけフェノメノンだったわけですね、この曲は。歌が、というよりもビデオのイメージかもしれませんけれど。YouTubeでご覧になることもできますので、ご興味があれば、ご覧ください。

ウィッキーによりますと、私も初めて知りましたが、この曲は最初はチャカ・カーンとのデュエット曲になるはずだったそうなのですが、当時のチャカ・カーンの所属するレコードレーベルがロバート・パーマーの所属するレコードレーベルでのアーティスト活動を許可しなかったため、ロバート・パーマーのソロソングとしてレコーディングされることになり、大ヒットをした、というわけです。そういう事情ではあるものの、この曲が収められているアルバムのレコードノートにはチャカ・カーンの名前がボーカルアレンジとして載っているのだそうです。へぇ~え~。。。チャカ・カーンって誰?とかおっしゃっておられる皆様も数多くいらっしゃると思いますが、音楽が素敵でイキイキとしていた時代もあったのです。

ロバート・パーマーは2003年にハートアタックで54歳の若さで亡くなりました。彼がAddicted to Loveな人生を過ごした結果、ハートが持ちこたえられなくなってブロークンになったのかどうかはわかりませんが、54歳でハートアタックで旅立つのは、60歳を超えたミック・ジャガーがいまだにロックの王様として君臨していることを考えるとあまりにも早すぎる旅立ちでした。いつもシックなイデタチでロック界のベストドレッサーと言われたロバート・パーマーでしたから、当然Addicted to Loveな人生だったのではないかと思いますが。

ロバート・パーマーがそのことを知っていたかどうかは別として、実際に人はAddicted to Loveになるのだそうです。恋愛依存症、といった病気のことではありません。それは心の病気。これは脳の反応のお話しです。最近の実験で、別れた恋人の写真を見せられた被試験者の脳は麻薬中毒者と同じ症状を起こすのだそうです。そんなことが今朝のニュースでちらっと話題になっていました。この実験が正しいのか信憑性があるのかはわかりませんが。

麻薬中毒の気分はわかりませんが、昔大好きだった人の写真を今見せられたらどんな気分になるかは想像がつくものです。写真を見なくても、こんなことを書いているだけでその人の顔が頭に浮かんで、とても幸せなようなでも切ないような気持ちがします。(今、誰の顔が頭に浮かびましたか?)しませんか?もし、こんなわけのわからない幸せな気分が麻薬が脳にもたらす症状なら、やめられなくなる気持ちがわからないでもないかなぁ。。。

結局、脳は、前回のチョコレートの効能のお話ではないですが、超高性能のコンピューターとは言え、だまされやすく脆いモノなのでしょうか。

同じ症状でも、Addicted to Loveの症状なら脳を破壊することもないので、幸せ~な気持ちだけが産物ならそれもいいのかも。昔大好きだった人に中毒でいられるのもいいことなのかも。辛いことから逃避したい時の薬なのかもしれません。

だから脳は甘いチョコレートや甘い思い出に選択してだまされるのかもしれませんね。やっぱり脳は超高性能のコンピューターです。

願わくば皆さんが今のパートナーに中毒でありますように!

((大矢))