ブログ

2010-11-30
老舗
先日水泳仲間と一緒にご飯を食べていた時の事。
その中の一人の就職成功談の話に。

彼はテキスタイル業界でずっと仕事をしてきている人物で、半年前に不景気の影響を受けてレイオフに。最近になってやっと就職先が決まり、しかも、自分の第一希望であったテキスタイルのプロダクションの仕事だという、Good News! とても嬉しそうに話をする彼に、おめでとう!と皆で祝福しました。

そんな彼がぽろっと口にした言葉。「まさか自分が中国系の会社に就職するとは思っていなかった。」今回就職が決まった会社はといいますと、勢いのある新しい中国系企業。最近買収した米系企業と中国本社とのパイプ役に彼が抜擢されたとの事でした。新しいオフィス、企業の買収、新部署設立、出張はビジネスクラス、やりがいのある挑戦できる仕事内容、などなど、条件面も良く、彼にとってもキャリアップへと繋がる良い話です。中国に出張した際、アウディーの新車を買っているミッドレベルの会社員が沢山いたそうで、予約待ちは1年なんていう話で、彼も冗談交じりで自分もアウディーを買わなきゃと話していました。

只、嬉しい反面、彼の胸中は複雑。彼はイタリアで育ったというバックグラウンドを持ったベトナム人で、これまでに勤めてきた会社はイタリアの老舗と言われるような会社だったそうです。レイオフになった会社は、とても質の良いイタリアの生地を扱っていて、営業マンの彼は自信を持って販売していました。ところがこの不景気で、いくら質が良くても値段の高い商品から顧客は遠ざかり、最終的に会社は倒産。ファミリービジネスで長年やってきた社長は昔ながらの経営方針を変えず、今の市場に合ったやり方に変える事を拒み続けたそうです。その場に一緒にいたアーティストは、良いものを作り続けるには「Stubborn・頑固」でいる事が大切だと言いました。Stubbornでいながら、ビジネスを続けていくって難しいですね。

きっと日系企業の中にも同じような苦労をしている会社があると思います。技術や質だけでは通用しません。少し前の日経新聞にこんな一文がありました。「日本の誇る先進技術が世界市場を急拡大させているのに、産業力に十分に生かせていない現実。技術でも市場でも勝つ為の標準戦略とは。目の前の技術を磨くだけでは足りない。その技術で世界市場を動かす大きな絵を描く必要がある。」

奥村真知子
2010-11-23
ニューヨーク流"Hornor System"
私はマンハッタンに住むようになってからバスを愛用するようになりました。流石に通勤にはバスを使うことはできませんが、週末にうろうろする時は時間に余裕があれば迷うことなくバスを利用します。

先日、西海岸から遊びに来た友人とUpper East Side(=UES)にある我が家からPenn Stationまでの移動をどうするか、という相談事になった時(マンハッタンの地理関係及び交通事情にお詳しくない方のために。。。UESとは文字通りマンハッタン島の北東部のエリアのことで、セントラルパークをはさんで反対側はUpper West Sideと呼ばれているエリアです。マンハッタンには地下鉄もバスもたくさん24/7で走っており、非常に便利ですが、以外に不便なのが、東西を横切らなければならない場合。クロスタウン、と呼ばれるルートになりますが、地下鉄はクロスタウンのサービスがないので、直線で東西を横切りたい場合は徒歩ないしはタクシーないしはバスしか手段がありません。上述のペンステーションというのは、西側にあり、さらにアップタウンからはかなり南下しなければいけない場所にあるため、UESからの公共の交通機関を使ってのアクセスはちょっと面倒、というわけです。)、私は迷わず、クロスタウンのバスに乗ってUWSに移動し地下鉄に乗る、と提案をしたところ、車社会から遊びに来ている友人には、バス、という移動に難色を示し、結局、難色を示した友人が払ってくれる、というので、リッチにタクシーで移動をすることになりました。

友人がバスに難色を示したのは以下の理由。
*バスは乗り降りに時間がかかりすぎる。
*たった一人が乗車したい、たった一人が下車したい、という状況でもバスに乗っている全員がその行為にかかる時間を我慢しなければならず、その一人の乗車、または下車があったがために、せっかくの青信号を逃すことにもなりかねず、どうも我慢がならない。

マンハッタンでは裕福な人も裕福ではない人達もバスはよく使います。
よく映画やテレビでご覧になる、マンハッタンの車渋滞のシーンは作り物ではないので、バスにのって、スタックすることは当然よくあること。しかも、2ブロックごとくらいにバス停があり、そのたびに乗り降りをする人もいることも事実。そして、体の動きが敏捷ではない人がバスを利用している確立も高い。といった事実もあり、ショートフューズなニューヨーカーがよくのろのろなバスを我慢するものだ、と上述の友人の語りを笑いながら聞きつつ改めて感心した次第。

さて、標題のHonor Systemってご存知ですか。

マンハッタンの交通事情も手伝って、私の行動範囲はなんとなく東側で南北移動をすることが多いのですが、私の住んでいるファーストアベニューとセカンドアベニューは、こののろのろバスオペレーションを解消する初の試みとして2つのことが行われています。ひとつはバス専用レーンの導入。タクシーが乗客を乗せたり降ろしたりする際や一般車が右折する場合などの特別に許可されているケースを除いてはバスしか走ってはいけないはずのレーン。このマンハッタンでこのルールが守られていると思いますか???ご想像にお任せします。

そしてもうひとつは標題のHonor System。バスの運賃の支払いは通常乗車時に運転手の横にある機械にコイン又はクレジットカードやメトロカードを使って支払うことになっていますが、このファーストとセカンドアベニューを走るセレクトM15バスは、乗る前にバス停に設置されている機械で先に支払いを済ませ、そのレシートを持って乗車をするシステムが導入されており、乗車時に手間がかかることもないはずですし、どのバスのドアからでも乗車が可能、というもの。Honor System,つまりは皆さんの誠実さを信用しますよ、ちゃんと支払ってからバスに乗ってくださいね。というものです。

何年も前ですが、ウィーンに旅行をした時のこと。ウィーンは小さな街で、路面電車が縦横に走っており、これが非常に便利。チケットは確か使用する期間などによって色々と種類があって、駅の自動販売機やタバコ屋さんで買えることになっているのですが、チケットをチェックされることがまったくないのです。チケットを見せろと言われることもなく、自動改札機があった記憶もありません。これはただ乗りをしても誰もわからないよね、と一緒に旅行をしていた母に言ったところ、そういう恥ずかしいことを考えるのはやめなさい、と叱られてしまいました。あはは。ニューヨークに戻ってきて、ヨーロッパに住んだこともあってヨーロッパの事情に詳しいこの友人にその話をしたところ、ヨーロッパはそういう街が多いとのこと。そして、ただ乗りをしようなんて住民は考えないものだよ、と言っておりました。

話が横にそれましたが、つまりセレクトM15バスが目指しているのはこのHonor Systemです。ところが、ところが、です。流石にニューヨーク。新しいシステムが導入されてもう2ヶ月以上になると思いますが、まだこのシステムに慣れていない人がいるから、ということでしょうか。あなたを信用しますよ、というシステムにもかかわらず、外の清算機で運賃を支払いをした証拠のレシートを手にしていない人は乗車を拒否されていますし(ただし、後ろのドアから乗れば乗車時にただ乗りは発覚しない。)、時々MTAの職員が乗り込んで来て、レシートのチェックをすることもあり、ただ乗りをしているとタイミングが悪ければつかまってしまうわけです。メトロカードを握って乗り込んでくる乗客にそんな説明をしたり、その説明を聞いて外の清算機で支払いを済ませる乗客を待ったり、今のところ、そんなにスムーズなオペレーションとは言えず、またメトロカードを握って乗車してきて乗車を拒否された乗客がドライバーにくってかかったり、途中で乗り込んできてレシートをチェックするMTAの職員にどんなわけでか喧嘩を売ったりする乗客もおり、お互いにHonorも何もあったものではないなぁ、とニューヨーク流のHonor Systemの行方を私は楽しんで観察しているところです。

ところで、バス専用レーンですが、ファーストとセカンドアベニューのバス専用レーン沿いには専用カメラが設置され、違反車はばっちりとわかるようになっており、罰金が155ドルだったでしょうか、そのくらいなんだそうです。これもニューヨーク流のHonor Systemです。

なんでも新しいことを導入するのは大変なこと。それまでのやり方に満足をしているわけではない大衆も新しいやり方に拒否反応を示すものだと思います。ですが、本当に必要な改革はその拒否反応に負けてはいけないものだと思います。

ニューヨークは古い街です。古い街に新しい風が吹く街です。きっと、いつか、本当のHonor Systemが広がって根付いていくに違いないと私は信じています。頑張るBloomberg市長のポジティブエネルギーはすごい。

I "heart" NY!

((大矢))
2010-11-15
何を食べればいいのやら。
オーガニック、有機野菜。

これらの言葉は、現代社会では黄門さまの印籠のような威力を持っています。

ORGANICと言われた瞬間に、問答無用、無条件に「身体によい」「安全」というように脳に刷り込まれています。

もちろん、私もスーパーへ行けば、ORGANIC と書いてある食材に自然と手が伸びます。

しかし最近、オーガニック野菜にも発ガン性物質やサルモネラ菌、O157のような食中毒菌を発生させる可能性があると言われだしました。
いやいや、ほんまかいな?と思うのは私だけではないかと思います。

ご存知の通り、有機栽培(オーガニック)とは化学肥料を一切使わないという意味です。
要するに化学肥料は使わないが、有機肥料は使っているという事です。
この有機肥料には、家畜の糞尿を発酵させて作る「動物性肥料」と、草花を発酵させて作る「植物性肥料」があり、そのどちらを、どれだけ使ってもオーガニックと謳えるわけです。

で、ここから先はある文献の抜粋です。

**********************
野菜に含まれる「硝酸性窒素」が、がんと関係しているのではないかと指摘され始めたのは、最近のこと。元々人間の体内に存在している硝酸性窒素だ が、食物を通じて摂取しすぎると、体内で肉や魚のたんぱく質と結合し、「ニトロソアミン」という発がん性物質を発生させる可能性が指摘されているのだ。そ してこの硝酸性窒素は野菜にも大量に含まれているという。
「農作物の生長を促進させるためには窒素が必要で、ほとんどの肥料には窒素が含まれていますが、農作物は肥料から窒素を取り込むと、これを硝酸性窒素に変えてしまうのです。そして野菜を食べることで人体にも硝酸性窒素が蓄積するのです」
**********************

という事だそうです。こうなると無農薬、無肥料野菜しか食べられなくなるわけです。
家庭菜園をするしかないという事になってしまいます。

数年前には、マグロに含まれる水銀が問題になったりで、もう一体何を食べたらよいのかわからなくなってしまいますね。


「過ぎたるは及ばざるが如し。」

何事も“過ぎる事”はよくないという事ですかね。
オーガニック野菜ばかりじゃなく、バランスよく色々な食材を食べていく事が大切なのかもしれません。

私の場合、それ以前に「食べ過ぎ、飲み過ぎ」の方に注意しなければいけませんが。


鈴木
2010-11-08
ソーシャル・ネットワーク
毎年の事ながらニューヨークの秋は短く、
セントラルパークの紅葉はピークが過ぎで、落ち葉の時期。
先週末にはサマー・タイム、そしてニューヨーク・マラソンも終わり、
いよいよ冬の到来が間近と実感せざるを得ないのでした。

さて、そんな中、たまたま読んでいた11月号のFortune Magazineに
記載されていた記事が、
”Industry giants, beware!
These smaller rivals are on the rise”というもの。

Small rivalsの一つとして取り上げられていたのが、
ひそかなブームを起こしている
オンライン・リテーラーの“Bonobos”でした。
http://www.bonobos.com

この記事ではJ Crewと比較をされていましたが、
当時スタンフォード大学のMBAの学生だった2人が2007年に始めた、
メンズ・ウェアーを販売しているオンラインの小売店。
もともとは男性用パンツ(履き心地が売り)の
販売から始まった会社です。

今さらオンラインでアパレル?と思うかもしれませんが、
値段もお手ごろ感が有り、パンツのサイズ、スタイル、
色、柄を上手く取り揃えて有り、ちょっとしたびおしゃれ遊び着から
ビジネスシーンのスーツまでカバー。
そして抜群にセンスが良いのです。何事も、やり方次第ですね。
私も彼へのクリスマスプレゼントに何かをなんて、
真剣に見てしまいました。笑

宣伝ツールはFacebookとTwitterのみ。
新しいラインのテスティングや顧客サイズの管理の他、
購入した顧客が実際に試着している写真の掲載や、
要望を受け付けるファンサイトの場として、うまく使っているのでした。

ソーシャルネットワークが、すっかりメインストリームの
マーケティングツールとして定着している、今日この頃。
どんな小さなビジネスでも、やり方次第では、
一躍有名になり得る、ある意味魔法のツールのようでもあります。

ということで、弊社でもちょっと前にFacebook Deskが誕生し、
毎日更新をして、皆さまに見ていただけるよう、
日々努力をしている今日この頃です。

コンサルタントは日替わりで登場していますし、
ぜひぜひ覗いてみて下さい!!
http://www.facebook.com/pages/New-York-NY/Actus-Consulting-Group-Inc/152974694725902

松浦
2010-11-02
グーグルマップストリートビュー
みなさん、グーグルマップのストリートビュー機能というのはご存知ですか?

これはグーグルが世界中の都市をカメラ付きの車で走りながら、風景を撮影し、それを地図と融合させたもので、グーグルマップ上で360度のパノラマ写真を見れる、というものです。この機能を使って自分の家や友達の家などを見てみるのも面白いかもしれません。


なぜなら・・・・

あなたが、もしくは知り合いが写真に写っているかもしれないからです!!!


実は私、グーグルマップのストリートビューに写っているのです。

しかも全身しっかりくっきり・・・。


去年のある日、同じ建物に住む人にばったり会った時、
「ねぇねぇ、うちをストリートビューで見たことある?」と聞かれました。
「?」と思った私は家に帰るなり早速自宅の住所をグーグルマップに入れ、
ストリートビューにしてみました。

すると・・・

いた!家の前でタバコを吸うパジャマ姿の自分が・・・・。

よりによって丁度グーグルの車が撮影で通りかかったときに私は、そんなお嫁に行けないような姿で写真を取られてしまっていたのでした。

早速教えてくれた近所の子に「見たー!」と連絡すると「I always wanted to be on street view. You made my dream come true」と言われました。

確率的に言ってすごいことだとは思うのですが、複雑なのはそこに写る自分の姿。

人に自慢したくても、こんなヒドイ姿だとちょっと気がひけるんですよね・・・。

この他にも、男の子が自転車でずっこけている瞬間をとらえたものや、家が家事で燃えているもの、おじさんがアダルトショップに入る瞬間や、終いには泥棒が家に塀をよじのぼって家に侵入する瞬間を捉えたものなど、決定的瞬間を捉えた写真が結構あるようです。

もちろんプライバシーの侵害ということで問題になることも多く、至近距離の顔写真にはボカシが入っています。

世界は狭く、どこで誰が見てるか分からないとはよく言いますが、みなさんグーグルの車にも要注意です!

(武田)