ブログ

2014-06-18
キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました
こんにちは。武田です。
先週土曜日はNYでキャリアフォーラムがありました。

今年は初めて弊社も参加させていただき、たくさんの就職・転職活動中の方と直接お話しできる機会となりました。一日中途切れることもほとんどなく、40-50名の方には来ていただいたでしょうか。
中には、遠方はるばるカリフォリニアからいらした方、生憎の前日の嵐の影響で飛行機が遅れてしまい、超強行スケジュールでいらした方など、皆様の熱意に仕事探しのお手伝いをする私も身が引き締まる思いでした。


思えば、私も何年も前に大学を卒業したあとボストンキャリアフォーラムに参加しました。

当時アメリカにはスーツを持ってきておらず、私がその時に住んでいた田舎では気に入るスーツも見つかりそうになかったので、わざわざ実家からスーツを送ってもらったこと、緊張して、でもちょっとわくわくしながらボストンに向かったこと、久しぶりに見る日本人学生の数の多さにびっくりしたこと、など色々思い出しました。

あれから何年も経ち、今度はブースの反対側に、仕事の紹介をする人として立っているのがは不思議な気持ちです。

アメリカで働く機会をもらえた日本人として、同じようにこちらで働きたいと思っている方のお手伝いを少しでもして、お返しができたらいいと思っています。

ブースにお寄り頂いた皆様、ありがとうございました。

では今週は色々サッカーを見ないといけませんので、手抜きの記事で早々失礼します。


2014-06-18
戦略と戦術?
「戦略と戦術はどう違うか?」と、よく聞かれますし、自身の整理目的ということもあり、これらの違いについて私なりに理解したことを今回、書かせていただきます。

「経営戦略」っていう言葉、 皆様もよく使ったり、耳にしますよね。 戦略も戦術もどちらにも「戦」の字が入っていることからも明らかなように、 戦っている人のための用語であり、 戦いに勝つためのものです。

戦略(strategy)とは、 戦場に行かずに練るもの、 将軍が全体のことを考えて長期的な視野で組み立てるもので、一言で言えば戦争に勝つための計略です。その 一方で、 戦術(tactics)は戦地での行動様式であり、現場で戦っている兵士の動かし方を規定する短期的な個別の作戦といわれており、戦闘に勝つための計略です。

社長が考えるのが戦略で、 工場長が考えるのが戦術だ、と話している方もいらっしゃいましたが、確かに端的でわかりやすい例えですよね。

また戦略は、大局的見地から、達成したいものをどのような道筋で達成するのかを考えるのに対して、戦術は、個々の局面における具体的な方法や手法とも言えますので、簡単に言えば、戦略と戦術の視点がマクロかミクロかってことなのでしょうね。

ちなみに、IBM・シティバンク・マイクロソフトなど全米400社以上の有力企業のマーケティング・コンサルタントを務めたJay Abraham氏の話題の本、「High Power Marketing」の中でこう言っています。「戦術の間違いは、戦略でカバーできるが、戦略の間違いは、戦術ではカバーできない」

つまり戦術とは戦略の中に存在するものですから、戦術でどれほど優れていようとも、戦略に劣っていれば戦争には勝てないということでしょうね。

以上です。

有保
2014-06-11
ティファニーブルーにがっかり
こんにちは。ニューヨークの大矢です。

何年か前のブログにティファニーブルーのお約束、というタイトルでブログを書いたことがあります。イヤリングの片方を失くしてしまったけれど、カスタマーサービスに相談をしたら片方だけ半額より少し高い値段だけで用意してくれた、と感動をして書いた内容でした。買った証拠のレシートを要求されることもなくて、これが一流、ということなんだなぁ、と感動したお話しでした。

そして数年経った今回は、ティファニーのカスタマーサービスにひどく落胆したお話しです。

私はもう10年以上もティファニーのキーリングを使っています(写真)。
スターリングシルバーでできた結構重量感のあるどっしりしたハートのオブジェに固いゴムのループがついています。このループはシルバーのハートの中にねじとめる仕組みになっています。
大親友にねだってバースデープレゼントに買ってもらったものですし、もう10年以上も使ってきているので、ハートについている傷が自分の心の傷をそのまま映し出しているようで(?)大いなる愛着もあります。少し重たいハートの重量が手の中で存在感もあるんです。

このキーリング、ひとつだけ難点があるんです。この赤いループの部分。固いゴムの芯は細いコイルになっていてそれなりに強度を考えて作られてはいるものの、所詮ゴムです。鍵を鍵穴に入れてくるっとまわすとどうしても、ハート近くの裾の部分がよじれてしまい、そこに負荷がかかるので、その負荷にゴムが負け時間が経つと裂けてしまうんです。どのくらいの耐久期間かというと、天候やそのループ次第で、1年もしないうちに裂けてしまったこともあれば、数年持ったこともあり、なんとも言えないのですが、永遠のものではないのは確かです。

これまで何度、5番街のティファニーの6階のカスタマーサービスに、このループを取り替えるために出かけたかなぁ~。あまり覚えていませんが、5回は行ったことがあると思います。最後に行ったのは1ヶ月ほど前のこと。そしてティファニーに初めて落胆を覚えたのもこの時のことです。

これまで、何度もループを取り替えてもらったことはありましたが、いつも気持ちよく無料で、どうぞ!と取り替えてくれてきており、こんなゴムの部品くらい安いものですけれど、10ドルくらいチャージしてもよさそうなものなにティファニーは流石だなぁ~、とその都度感激していました。ところがです!今回は、ループを取り替えてくれた後に、カスタマーサービスの女性が、カタカタとキーボードを叩きながら、「値段が見つからないわぁ~」なんてつぶやいて私を帰してくれません。「え~、お金かかっちゃうのぉ~」と心情穏やかじゃない私。一応、「今までお金を請求されたことはないのですが。」と言ってみたところ、このカスタマーサービスの方、「もちろんお金はかかりますよ。無料なことなんてありません。今まではたまたまいつもコンプを受けてきただけだと思いますよ。」なんて、とぉっても感じ悪し。その上、コンピューターの画面に出てきているらしい値段表にこのループの値段が見つからないらしく、暫くカタカタとキーボードを叩いた後、奥に消えて行きスーパーバイザーに聞いているのかなかなか戻ってきません。コンピューターで調べて見つからないんだったら、実はやっぱり無料なんじゃないの?と、私の中ではフツフツと疑惑と不満が湧き上がってきます。やっとブースに戻ってきた彼女の口からは、涼しげに「50ドル+タックスです。お支払いの方法は?」の台詞が。50ドル~~~?!?!?ただのゴムの紐みたいなものですよ。さきっちょにねじがついてますが、どう見積もったって原価は1ドル(根拠はありません。ただのフィーリングです)。ティファニーだから10ドルって言われても仕方ない。20ドルまでだって仕方ないと思う。でも、50ドルはないでしょ~。そう思いませんか?でも、このループ、代替品を他で購入できるわけではなく、無しでは使えず、ユーザーとしては購入するしかないんです。そこに付込んだひどい商法だと思いませんか?50ドルですよ、50ドル。そこで喧嘩をしたところではじまりません。渋々クレジットカードをお財布から出して支払い、とんでもなくいやぁ~な気持ちでブースを去った私でした。そうそう、しかも、要りませんけど、いつもお断りしてますが、、このカスタマーサービスの方、例のティファニーブルーの皮の袋もバックもくれませんでした。

待たされている間に、テーブルの上においてある各種サービスフィーのリストを眺めていましたが、ジュエリーのスチームクリーニングポリッシングの料金が知らない間に大変な高額に。その昔はシルバー製品は指輪のような小さくて取り扱いが簡単なものは5ドル、ブレスレットやネックレスなど少し取り扱いに気をつけるものは15ドルとかでした。なので、気軽に1年に1度はポリッシングをしてもらっていました。ティファニーのカスタマーケアーは素晴らしいなぁ、とやっぱり感動したものでした。その後確かに1ピース20ドルくらいまで値上がりした記憶もありますが、もう今なんて、はっきり覚えてませんが50ドルくらいするみたいです。

いつの間にか、ティファニーもどうしてしまったのでしょう。リーマンショックの余波なんでしょうか。経営方針が変わった?こうやってひとつひとつ一流なサービスが消えていくのでしょうか。。。私の中でティファニーへの気持ちが本当にブルーになった、寂しい出来事でした。たまたま心無いカスタマーサービスにあたったのかもしれません。彼女は、私を見て、この人はビンボーそうだから、ティファニーにとっては上顧客じゃないんだから、サービスをする必要なんてない、と思ったのでしょうか、それともティファニーのサービスのクォリティーが変わったのでしょうか。

本当に一流なものは永遠に同じ輝きを見せて欲しいものです。

ティファニーブルーがくすんで見える今日この頃です。

((大矢))
2014-06-02
ジャパンフェスティバル2014 シカゴ
シカゴのお知らせ情報で-す。
掲題のジャパンフェスティバル2014ですが、いよいよ今週土日(6/7.8)にミツワマーケットで開催されます。
皆さんも色々な所でフライヤー等見かけていらっしゃるかと察します。
これまでシカゴの様々な場所で様々な団体が日系イベントを行ってきましたが、今年は複数の団体が「シカゴもNYに負けないような日本祭りを開催できるようになろう」という目的の元、共同で開催する運びとなりました。
今年の成果が今後の成り行きを左右するという事で、ボランティアスタッフも方々も、祭の成功を収めるべく出来る限り尽力しようと気合が入っているようです。

ですので、ブログを読んでいただいている皆様に広く興味を持って頂ければなーと考えています。
ウェブサイトはこちらになります。
http://japanfest-chicago.org/

また目玉の「シカゴラーメン横丁」は、数多の日本料理の中からラーメンに的を絞り、複数のラーメンをお手頃な値段で一度に楽しんでもらおうと企画しており、味噌屋さんと、著名なフレンチシェフ・TAKASHIさんが展開するラーメン店であるSLURPING TURTLEに出店してもらえるとの事です。わざわざダウンタウンに出かけなくともカリスマラーメンを味わう事ができます。(当日お出しするのは冷やし中華ですが。)
勿論ラーメン以外にも、祭には欠かせない焼きそばや焼飯を、BENIHANAさんがご提供下さいます。

フード以外の目玉としまして、"J-Concert"と称しまして、二人の日本人アーティストを日本からお招きしてます。"HUMAN BEATBOXER"と呼ばれるDAICHIさんです。
いかなる音を自らの口・鼻・喉のみを駆使して、しかも同時に、奏でる彼はNYのアポロシアター・アマチュアナイトで年間ランキング3位という偉業を達成し、現在テレビやラジオで引っ張りだこです。
http://www.youtube.com/user/daichibeatboxer
そんな彼がなんと$10で観れます!14歳以下は無料です!
まだチケットに余裕があるらしいので、もしもお時間に余裕があったら是非!!

以上、長々とお伝えしてきましたが、興味があれば是非この週末にミツワに足を運んでみては如何でしょうか??
皆様に、シカゴや中西部の日系文化の盛り上げに、お力添え頂けましたら幸いです。
稲葉