ブログ

2016-08-31
ボクササイズ\(^o^)/
こんにちは!最近夏休みを頂き、久しぶりの日本の夏を満喫してきました、ニューヨーク支店の八巻です。毎度冬に日本に帰省すると、ついもう当分食べられないからと食べ過ぎてしまうのですが、今回は日本の夏!ということで、久々の蒸しむしの夏にさすがに夏バテしてそんな食べれないかなぁ〜と思いきや、関係なく暴食!ふっくら夏太りして戻ってまいりました´д` ;

日本に帰国してる間は暴飲暴食の他に、友人が最近はまっているという格闘系フィットネス、ボクシングエクササイズに初挑戦しました!暗闇の中、音楽に合わせてサンドバッグ打ちを中心に行うエクササイズです。45分のクラスだったのですが、気持ち良くどっぷり汗をかき終わった後は気分爽快!こんな楽しくエクササイズができるなんてと感動!!連れて行ってくれた友人に興奮しながら話していたら、なんとニューヨーク発とのこと!

場所を教えてもらい、ぷくぷくして帰ってきたこともあり、ニューヨーク戻ってきて早速トライしてきました〜ニューヨークではShadow Boxという名前のジムだそうです。日本同様、サンドバッグを打ちまくり、汗をたっぷりかいてフレッシュ爽快でした!!

皆さんも機会があったら是非トライしてみてください~!(^^)!

八巻
2016-08-24
2016年夏の自由研究
こんにちは、
今年の夏はシソの栽培に挑戦している、シカゴ支店の鎌田です。

実は去年も種からシソを育てようと土やプランターを準備して育てていたのですが、水のやりすぎで収穫前に全滅させてしまいました。

ちっちゃな葉っぱが可愛かったシソちゃん。。。
おそうめんの薬味にしようと楽しみにしていたシソちゃん。。。
スーパーで大葉を見つけるたび、「ああ、あの子たちも育っていれば今頃はこんな風になっていたはずだったのに。。。」と切ない夏を過ごしました。


今年こそはリベンジをとシソの栽培方法を読み漁り、万を期して栽培をスタートしました。

~6月初旬~ 
種を植える前に一晩水に漬けて水を吸わせます。種は去年のものを使ったので、発芽率が悪いかもと思い、多めに撒きました。

~6月中旬~
映画「トトロ」でどんぐりがパチパチパチっと芽を出すシーンがありましたが、まさにあんな感じで大量のシソちゃんが顔をだしました。可愛いです。

~7月中旬~
毎朝起きたらまずシソの観察。水は様子を見ながら週に1度のペースで与えました。カイワレ大根のように育っています。しかし、プランターの大きさでは全員を育て続けることはできません。
心を鬼にして間引き。がっつり間引き。禿山のようになりました。(ちなみに間引いた芽も薬味として食べられます)

~8月中旬~
引き続き、毎朝の観察と水やりを継続。間引きもして最終的にはプランター1つにつき2株にしました。


そしてついに先日、収穫を迎えたのです!!!
見てください、この大葉!!! 大きな葉と書いて大葉!!!
ちょっと育ちすぎたような気もしますが、立派なシソに成長しました!!
これからはエブリデイ・シソ・パーリ―です!!


以上、2016年夏の自由研究の発表でした。

鎌田

2016-08-24
2016年夏の自由研究
こんにちは、
今年の夏はシソの栽培に挑戦している、シカゴ支店の鎌田です。

実は去年も種からシソを育てようと土やプランターを準備して育てていたのですが、水のやりすぎで収穫前に全滅させてしまいました。

ちっちゃな葉っぱが可愛かったシソちゃん。。。
おそうめんの薬味にしようと楽しみにしていたシソちゃん。。。
スーパーで大葉を見つけるたび、「ああ、あの子たちも育っていれば今頃はこんな風になっていたはずだったのに。。。」と切ない夏を過ごしました。


今年こそはリベンジをとシソの栽培方法を読み漁り、万を期して栽培をスタートしました。

~6月初旬~ 
種を植える前に一晩水に漬けて水を吸わせます。種は去年のものを使ったので、発芽率が悪いかもと思い、多めに撒きました。

~6月中旬~
映画「トトロ」でどんぐりがパチパチパチっと芽を出すシーンがありましたが、まさにあんな感じで大量のシソちゃんが顔をだしました。可愛いです。

~7月中旬~
毎朝起きたらまずシソの観察。水は様子を見ながら週に1度のペースで与えました。カイワレ大根のように育っています。しかし、プランターの大きさでは全員を育て続けることはできません。
心を鬼にして間引き。がっつり間引き。禿山のようになりました。(ちなみに間引いた芽も薬味として食べられます)

~8月中旬~
引き続き、毎朝の観察と水やりを継続。間引きもして最終的にはプランター1つにつき2株にしました。


そしてついに先日、収穫を迎えたのです!!!
見てください、この大葉!!! 大きな葉と書いて大葉!!!
ちょっと育ちすぎたような気もしますが、立派なシソに成長しました!!
これからはエブリデイ・シソ・パーリ―です!!


以上、2016年夏の自由研究の発表でした。

鎌田

2016-08-17
5K Walk に初挑戦
夏も残り少なくなってきました。シカゴは今週より気温もおちついており、朝晩が丁度良くなってきています。そんなことを言っていると、すぐに寒い冬が来てしまいそうですね。

今年は、春先よりジムだけなく、アウトドアのスポーツを頑張ると心に決めていたので、ゴルフに再度挑戦+5月に5KのBeer Run, 6月にJCCCの5K Walkに参加しました。
因みに、私はマラソンや走ることが大嫌いですが、5Kぐらいならという軽い気持ちで始めてました。
Beer Runは、Goose Island が主催しておりこちら(シカゴ)の本社からスタートで雨のなか、アマゾンで見つけたビール瓶のような大きな帽子を友人2人とかぶって走る?歩きながらシカゴの町を満喫し、スタート早々に友人達はスタバでコーヒーを買って飲みながら歩くというアクシデントもありながら、最後まで無事にゴールしました。ゴールした後は、Goose Islandのビールを飲みながら約30名ぐらいの方達と表彰式。勿論、私たちが一番最後です。雨でも非常に楽しい1日でした。

この後は、9月にはまたBeer Run5Kとオヘア空港の5Kに参加予定です。雪が降り外に出れなくなるまでは外でのスポーツを楽しみたいと思います。

稲葉
2016-08-09
短い夏の過ごし方
皆さまこんにちは。

NYの竹田です。

最近友人から自転車を譲ってもらうことになり、せっかくなので乗ってみました。

最近めっきり行っていなかった近所の海沿いのランニングコース・バイクコースをちょっと走ってみたら最高に気持ちよく、早くも軽くはまってしまいました。

歩くより早いので(当然)短時間で結構遠くまで行け、軽くアドベンチャー気分でした。それに暑い中でも風を受けるので汗もあまりかかず快適です。

ちなみにシカゴのリクルーター鎌田さんは馬に乗っています。

私もMy Bikeに既に愛着を持っておりますので自転車に乗って残り少ない夏を満喫したいと思います。ダイエットも兼ねて。

ブルックリンもしくはマンハッタンのダウンタウンで良いBikingスポットご存知の方、情報お待ちしております。

2016-08-02
姫路城 
先日、休暇をもらい日本に一時帰国をしました。
その際に、念願だった姫路城を見に出かけました。
JR姫路駅から正面に見える姫路城は、2009年から始まった平成の
修理が昨年終わり、別名の白鷺城と呼ばれる所以のその白さをさらに増して、とても美しい城でした。

JR姫路駅は駅ビルでたくさんの
店舗が入っており、姫路城までの道も近代的なビルが立ち並び、姫路城の姿が見えなければ、東京周辺の町と少しも変わりがなく、どこに居るのか分からなくなりそうです。

入場の際にもらった資料によると、1333年に赤松則村が姫山に
砦を築いたことが姫路城の始まりとなっています。歴史の詳細は、ご興味のある方にお任せしますが、歴史の書物で必ず目にするような名前が、姫路城の歴史にも多々登場します。
黒田考高(官兵衛)が、御着城主小寺家家老で姫路城主、黒田職隆の嫡男として、姫路城で誕生しており、羽柴(豊臣)秀吉は大阪城築城前の3年間、姫路城主でした。
池田輝政も関が原の戦いの後、武功を認められ、播磨52万石で姫路城主となっています。
そのほかにも、徳川四天王のひとり本多忠勝の孫である本多忠刻と、忠刻と再婚した千姫(2台将軍徳川秀忠の長女、7歳で豊臣秀頼と結婚するが、大阪夏の陣で大阪城が落城の際に脱出)が、姫路城で10年過ごしたと記されています。

姫路城は地上6階、地下1階となっており、6階まで上がることができます。
最上階の6階からの眺めは最高でしたが、その階段の急なこと。どの階段も45度以上の傾斜があり、ただ一度上り下りしただけですっかりくたびれてしまいました。昔の人は鎧に身を固めてこの階段を上り下りすることもあったのだと思うと、足腰の強さに驚嘆します。
途中内室と呼ばれる全く窓のない部屋がありました。昼間でも中に入るのが怖いような部屋でしたが、蝋燭の薄明かりでここも行き来したのだなと想像すると、とても興味深くなります。

姫路城は1945年の姫路空襲でも奇跡的に生き残り、1950年の昭和の大修理を経て、1951年に天守など8棟が国宝指定。1993年に日本初の世界文化遺産に登録されました。
平成の修理を終えた姫路城は遠くから見ても、近くから見てもとても美しいものでしたが、その細部にわたる昔からの知恵と、技術は一見に値します。

姫路城のすぐ隣にある、姫路市制百周年の記念として平成4年に開園した池泉回遊式の日本庭園の好古園も、ぜひお勧めです。四季折々楽しめる、こちらも美しい庭園です。

ところで城内にお菊井戸といわれる場所がありました。そうです有名な怪談話の播州皿屋敷(番町皿屋敷)、夜な夜ないちま~い、にま~いとお皿を数える幽霊の出る話です。お菊さんが今でもお皿を数えているかは不明ですが。。。合掌。